2017年08月23日

McCartyのトラスロッドカバーを交換してみた。



どうも。


08年製、15年製とトラスロッドカバーを交換してきましたが。



マッカーティも交換してみました。




前回、前々回とメルカリでお取引をさせてもらった方に、他の材質で製作出来ないでしょうか?と問い合わせましたら、エボニー材ならありますよ。とのことだったので、エボニーで製作して頂きました。




IMG_0203.JPG
装着。







IMG_0202.JPG
いや〜、見事な『真黒』ですね。






ちなみに、純正はこれです。
IMG_0205.JPG
結構、凝った作りですよ。




まぁ、これが勿体なかったので交換したかったんですが。
割れたりしたら悲しいですからね。。。
ということで、これはハードケースに保管です。


カバーを交換するついでに、ネックの反りも確認したところ、
ほんの少しだけ順反りしていたので調整しました。
お陰で弦高が下がって弾きやすくなりました。





IMG_0201.JPG
遠くから見ると、木製ってのは分からないんですが。
自己満です、はい。




ペグもですね、純正を使うのが勿体ないので。
ゴトーのマグナムロックに交換しようかな?と考え中です。
まぁ、ちょっとチューニングが合いにくくなってきてる、というのもありますが。
恐らく、この純正のペグもゴトー製だと思うので、クルーソン・タイプだと無加工で取付け出来るかと。


寸法測ってみて、合いそうだったら交換してみます。




ちなみに、トラスロッドカバーを製作されている方は、『S.A』さんと言う方です。
メルカリで、『PRS ギター』で検索かけると出てきますよ^^




それでは、また〜。








ぽちっとしていただけると、更新の励みになります。よろしくお願いします^^



にほんブログ村


にほんブログ村
posted by う〜さん at 20:48| Comment(0) | PRS (Paul Reed Smith) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

PRS McCartyのコントロールノブを交換してみた。



どうも。



以前注文した『GPファクトリー』さんのコントローノブが2個余ってたので、McCartyにも付けてみました。






IMG_0069.JPG
ノーマル状態だと、ゴールドパーツですね。
PRSの特徴でもある、ランプシェードタイプでもないですね。




で、これを透明な物に交換。





で、やっぱり奥まで入れてもかなり浮き上がった状態に。
08年製のものと同じようになりました。そりゃ同じブランドのギターですからね。

そのままだと非常にかっこ悪いので、ノブの裏にナットを入れます。



トーンの方は、ナットが入ってたので、それを回して調整。
ボリュームの方は何も無かったので、08年製の取り外したコントロール部品からナットを取り、ボリュームノブを一旦取り出してからナットを入れました。


いっぱいまでナットを入れたら、丁度いい高さになりましたね^^




で、完成。




IMG_0198.JPG
まぁ、完全に自己満ですな。





IMG_0200.JPG
トーンのノブが若干浮いているんですが、引っ張り上げるときに指が掛かりやすいので、もうそのままにしてます。
何もせずに入れるよりかはマシです。



IMG_0199.JPG
言われないと、気づかない部分ですが。。。




インチで買ったんですけどね。多分、これミリサイズですね。。。
以前取り付けてもらった松田楽器店さんに言われました。

ミリサイズにピッタリハマりましたからw


まぁ、インチでも付けれるのは付けれますが。
次回、取り外すときに大変なので、556を拭いてから取り付けました。



『GPファクトリー』さんの物をPRSに取り付けるときは、高さを調整してから取り付けましょう^^







それでは、また〜。








ぽちっとしていただけると、更新の励みになります。よろしくお願いします^^



にほんブログ村


にほんブログ村
posted by う〜さん at 11:50| Comment(0) | PRS (Paul Reed Smith) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

ギターを始めたい人が用意するもの。




どうも。


たまには、趣向の違う記事でも。







これからギターを始めたい、という人が何を用意すればいいのか?



まぁ、今のご時世、ネットとやらのお陰で調べればいっぱい情報は出てきますが。



個人的な見解でもと思いまして。




用意するものとして、まずは『お金』ですよね。




あ、そういうところじゃない?




そうですな〜。正直、個人だけでギターを楽しみたいのか、友達とかとバンドを組んでギターをするのかで用意するものって違うと思うんですね。




じゃ、まずは1人でギターを始めたいって人向けに。




・ギター本体

好きなバンド、もしくはギタリストがいるなら、なるべくその人が使っている物に近いのを使いましょう。
これは音だけでなく、見た目もあります。

私はB'zが好きでしたので、当時松本さんが使っていた『レスポール』のコピーモデルを買いました。
初心者セット用のね。
まぁ、これが失敗だったんですが。

ある程度弾けてくると、どうしても本物が欲しくなるんですよね。
レスポールの本物と言えば、『Gibson』ですよね。まぁでも学生の身分だとお金がね。
なので、今で言えば、『Epiphone』とかが近いですよね。

結局、ギターを買い換えましたからね。。。


ですので、好きなギタリストと同じものを用意しましょう。
特にそういうのが無い、という人は、黙って『PRS SE』シリーズにしておきなさい。
このギターは値段以上の物があるので、末永く使えます。見た目も綺麗だしね。





・アンプを用意しよう。

はい。ギターが決まったら、今度は音を出すための『アンプ』を買いましょう。
デジマートのレビューを見ていると、なんかFenderからモデリング・アンプが出てましたけど。
あれ、結構良いと思います。値段もそんな高くないですし。
エフェクターとかも入ってるので、他にわざわざ買う必要もないですからね。

真空管アンプがいい!とかいう初心者さんは、Peaveyの6505MHをおススメします。
ヘッドだけですけど、何より安い。別でスピーカーキャビが必要なので、出費はかさみますけどね。

近年のモデリング・アンプはかなり良い音が出ますし。個人的にはモデリング・アンプをオススメします。



・シールドを用意しよう。


ギターとアンプを繋ぐものですね。
迷わずカスタム・オーディオ・ジャパンのにしなさい。
以上!


・チューナーを用意しよう。


これが無いとギターのチューニングが出来ませんよね。
ペダルタイプでもいいですし、ヘッドに付けるタイプでもいいです。

家で弾くだけならば、ヘッドに付けるタイプの方が便利かと思います。
生音で寝ながら弾くときとか、いちいち繋ぐのめんどくさいですからね。




・小物を用意しよう。


まぁ、あれですね。ピックとか、ストラップとか。
替えの弦も買っておきましょう。それと弦の錆を遅らせる『フィンガー・イーズ』とかも必要ですね。
ギター本体を拭いたりするために、クリーニング・クロスも何枚か買っておくといいですよ。

あぁ、ギターを立てかけておくための『スタンド』も必要でしたね。


他は・・・まぁ店員さんに聞けば教えてくれますw




では、次にバンドを組むと決まっているギタリスト君へ。



アンプ以外は一緒ですw


アンプはですね、適当なのでいいです、はい。

その代わり、『マルチエフェクター』を買いましょう。


スタジオに行くと思うんですが、そんな時に自分の音が出せないと嫌ですよね?
高価なアンプを買って自分の音を作っても、毎回スタジオにアンプを持っていくとか死にます、ほんと。


スタジオに置いてるアンプが、いいやつとも限りませんしね。


そこで、『マルチエフェクター』があれば、あら不思議。
家で作った音が簡単に出るじゃないですか。

持ち運びも便利ですしね。

てことで、バンド君はマルチエフェクター必須です。




さぁ、ここまでになると、結構なお値段になってると思います。
10万とか、軽く超えてますね、多分。

初心者セットのものと比べると、非常に割高感があるとおもいます。が。



何故にギターになると、みなさんお金を出すのに躊躇するのでしょう?


ピアノを習いたい、習わせたい。って人は、辞めるかも分からないのに、あんなに高価なピアノを買いますよね?


うちの姉なんか、本物のピアノで練習した方がいい。と先生に言われて、アップライトのピアノ買いましたけどね。
60万位しましたけど!


どうしてギターにそれくらいのお金を出せないのでしょうか?

本当は、始めたての人にも、PRSのCustom24を使って欲しいくらいです。
PRSじゃなくてもいいです。30万クラスのギターを最初から持って欲しいと思うのです。
そうすれば、長く使えるギターですし、楽器としての機能も十二分に果たしてくれます。


『初心者のくせに』とか、『上手くないのに高価なものを買っても』なんて関係ないです。


初心者だからこそ、良い物を使うべきです。


安ギターを弾ける人は、ある程度以上のギターの知識があって、調整まで出来る人だからこそ使えるのです。





以上、超個人的な初心者の為のギター購入アドバイスでした。
良きギターライフを^^






それでは、また〜。








ぽちっとしていただけると、更新の励みになります。よろしくお願いします^^



にほんブログ村


にほんブログ村
posted by う〜さん at 11:01| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする