2021年04月10日

FatBack24のPUを交換してみた。




どうも。



ヒストリーLPCに取り付けたSuhrのThornbuckerが気に入りまして。
もうちょいどうにかならないかな、と思っていたPRS FatBack24。
これのPUも替えようと。

以前にコメントで頂いたLungrenのPUもサンプルを聴いたりしましたが、良さげな感じでした。
が、お値段がですね…。公式HPで購入する場合、日本円でおよそ2万円。
ベアナックルの前例があるので、ちょっと冒険出来ませんでした。
でも、いつか試してみたいですね。

そのサンプル動画で意外にも良いなと思ったのがシングルコイル。
これぞストラト!という音でした。






フロイドローズ搭載とは思えない音です。
Fgnのストラトは今のところ何も不満がありませんが、これも交換してみたいですね。


で、FatBack24に載っているPUですが、PRSの「1985」という物が載ってます。
なにやら貴重なPUらしいのですが、わたしが思うに特に音が良いとかはないです。


9250081B-AD33-425D-8EEF-47D909DF9731.jpeg


502A8251-05CA-427C-9D6F-1E96F846CD52.jpeg


初期のPRSに搭載されていたようですが、何かの限定品で復刻されたPUのようです。
リアはアルニコX、11kΩ、フロントはアルニコU、8.5kΩがカタログ値のようです。
ここからHFSやらに変わっていきました。

音は特徴が無い感じです。ピッキングに対しての追従性は高くないですね。
コンプ感とかはありませんが、どんな弾き方しても常に一定の音が出せる感じです。
パワーは数値程では無いです。


まぁ、面白みの無いPUです笑
PRSのPUは、割と個性があって個人的には使いにくいです。
ディマジオみたいな感じかなぁ。スーパーディストーションしか使ったことないですけど。
ダンカンに比べてディマジオはクセが強いイメージです。中域に特徴があるような。


そんな訳でSuhrがかなり良かったので今回もSuhrに。
折角なので違う種類の物にしました。


328E7386-E2A4-413E-81B0-66EB41DE3711.jpeg


C3F7D56F-AF53-4A07-A28B-923052F471A6.jpeg


PAF系のSSVです。
リアは+では無く普通のタイプに。今回はカバードにしました。


画像は取り外した1985ですが笑


5423CEB7-3344-40BB-BE9B-346881D9068B.jpeg


相変わらず配線がぎゅうぎゅうに押し込まれてます。
これもあらかじめ結線する同士がねじねじされてます。

今回取り付けていて思いましたが、ハウリング防止のロウが配線の中までされてます。
それが原因なのかハンダが弾かれていました。


8BB6CE94-363C-42F4-AB18-92D266EB36B2.jpeg


エスカッションから取り外したところ、バネがこんな物が付いていました。
PU替えたオーナー、適当過ぎんでしょ。。
それとボリュームポットが交換されていました。PRS純正はヘソがあるタイプのようで、トルクも少し重ためです。
ちなみにどこのメーカーかはっきり分かりませんでした。どうせなので純正に替えようと思いましたがめちゃくちゃ高いんですよね。。
4千円くらいするんですよ。数百円でCTS製が買えるのにいくら特注でもねぇ。。



CE2F64AC-D050-4230-BDB9-5DB2F2631D4E.jpeg


やっぱりカバードが良いですね。


取り付けは無事に出来ましたが、なんとトーンが効かない。
裏蓋閉める前に確認したんですけどね。。

どこか間違えたかなぁと思いつつ見ましたが、そんな事もなく。
もう一度音を出すと治ってました。ん〜、これはちょっと注意しておきましょう。


308E414F-5B8E-4E8C-82BD-66B22DA70157.jpeg


F40118D7-1FA6-4381-BDFB-272526B0A6A0.jpeg


カバーは至って普通ですかね。
今のところベアナックルが一番カッコいいかなと思います。


SSVはアルニコXですね。リアは+もラインナップされています。
Thornbuckerもハイパワーではなく、あまり変わらないのでこれでいいかなと。

SSHはさらにパワーがあるタイプですが、今回はそこまでは要らないかなと。アルドリッジはとんでもない数値ですね笑
アルドリッジのレビューを見ると、かなり歪ませないと美味しいところが出づらいPUとのことで。
普段からハイゲインは多用しないので、PAF系でちょっとだけパワーがあるので充分です。


今回は一応動画も撮りましたが、まだアップしていないので後日載せます。
簡単にレビューすると、少し「枯れ」の様なものを感じます。
Thornbuckerの方が歪みが最後までありますが、SSVはピッキングした後に少し歪みが無くなる感じです。

Thornbuckerに比べると大人しいです。明るさも少し減ってますね。
低音は同じくタイトです。こっちの方がミドルが出ている感じがします。


同じギターでの比較ではないのでなんとも言えませんが…。
ビンテージっぽい音を求めるならSSVでしょうか。どっちが好きか?と言われるとThornbuckerですかね。
今度元気があったら載せ替えてみようかなぁと。


音と価格を考えるとSuhrのPUは良いですね。定番のメーカーじゃないのが欲しい場合はまずはSuhrにしてみるといいかもしれません。
結局は自分のギターに付けないと分からないので、参考までに。



それではまた〜。




ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)
にほんブログ村

posted by う〜さん at 02:40| Comment(8) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月07日

SCHARLLERロックピンが使いにくい。




どうも。


ロックピンに替えてから、実は一度もストラップを掛けずにギターを弾いていました。
なんも意味がねぇ笑


ガッツリ弾き込むときに掛けるので、使わなかったのですが。
ついにストラップを掛けてギターを弾くことに。

あ、わたしは左手首の関係でクラシックギターのスタイルで弾いています。
椅子に座ったり床に胡座かいて弾いたり。その時にストラップがあると安定するんですよね。
で、現行品のシャーラーストラップロック、初めて使いました。







めちゃくちゃ邪魔だなおい




え〜、ロックピンがデカくて存在感が凄いです。
ネック側の方は指板を見ながら弾く時にすんごい視界に入ってきます。

ボディエンド側は、足に当たって痛いです。
クラシックスタイルにするとちょうどピンの部分が足に当たりまして。めちゃくちゃ飛び出ているので痛いです…。



で、ここで思い出しました。なんでロックピンを付けなくなったのか。


足に当たって痛いから使うのをやめたんでした。
前々からテクニカルな事をやる時はクラシックスタイルで弾いていましたが、その時に足に当たって痛かったんです。
それで普通のピンにしていたのをすっかり忘れていました。

しかもその頃は旧型でしたが、今は新型。さらにデカくてなっています。
元々は松本さんが使っていたからという理由で選んでいましたが、もういいや笑


3つも買ったしピンだけのも買ったのですが、完全に要らない子になりました。
また純正ピンに戻そうかと思いましたが、ストラップを付けたら外したりを毎回するので穴が広がってきちゃうんですよ。
そうなるとストラップが外れてしまうので、ここはやっぱりロックピンに。


出っ張りが少ない物と言えば、もうこれしかありません。


D693DE53-3574-45CE-A688-4406CC568F74.jpeg


ジム・ダンロップのロックピン。
イングヴェイとかも使っていますね。横方向に大きいですが、その分高さは抑えられているので案外目立たないかなと。



0CA4E774-DBF6-4F54-8DBE-C022A988528A.jpeg

どうやらUSA製のようです。
早速取り付けていきましょう。



B16E368D-7438-490C-9FA4-98AD68A07DCB.jpeg


935A6C4D-EE44-450B-AAB5-8A6229EEB853.jpeg


部品点数は少ないですね。
シャーラーや他のロックピンとの違いは、ストラップ側の金具をネジで締め付けないところ。
ピンと円盤みたいなやつと、でっかいワッシャーでストラップを挟む構造です。


1ABAEFCC-6C25-4EBD-993D-69540B6A521F.jpeg


こんな感じ。この金具って名前なんでしたっけ?Cかん?これを溝に挟むだけで金具がストラップに固定されます。
ペンチを使って入れるので簡単には外れませんし、ネジの様に緩むこともありませんね。

DBB28C9E-7A68-4D21-B2F7-BFD3C3F22CA8.jpeg

まぁ、割と出っ張ります。


6869DFE1-AC2A-4AA9-A3ED-1ABE61DBBB50.jpeg


構造としては、ギター側のピンに差し込んでロックします。ストラップ側の方にボール状の部品がありまして、これがピンの中の溝に嵌ってロックする機構です。
何も考えずにピンに差し込むだけです。簡単。

取り外しは、ストラップ側の真ん中にあるポッチを押し込むとロックが解除されて取り外しが出来ます。超簡単。


48896E07-1E57-4CB2-B99C-142210997B67.jpeg


商品画像とかを見ると真ん中のポッチが結構出ていましたが、実際に取り付けるとほぼツライチになりました。
そして目論見通り、弾いていても視界の邪魔になりませんし、足に当たっても痛くありません。普通のピンに比べると違和感はありますが、出っ張りがありませんし本体も丸みを帯びた形なので大丈夫でした。

ガタ付きはとても少ないですね。音もシャーラーみたいにうるさくありません。というかほとんど音はしないかな?
シャーラータイプのって動いたりした時にカチャカチャうるさいんですよね。


それと本体が軽めです。こんな小さなパーツの重量とか気にするのか?と思われるかもしれませんが、これが気になるんですよ。
ストラップも軽いものから重たいものまでありますが、重たいストラップを掛けてギターを弾いているとすぐに肩が痛くなるんですよ。
それと持ち運びも軽いに越した事はないので。シャーラーの時はストラップだけを持っても重たいなぁと感じていましたが、ダンロップの方は全然軽いです。これはありがたいですね。

それとストラップを忘れてしまっても普通のストラップを付けることが出来ます。
シャーラーはほぼ無理ですからね。ここも何気に良いところだと思います。


1E5BF1E3-38F7-40CE-A267-BF5721065C2C.jpeg

ネジは少し太めですかね?画像のはPRSと比較しています。
長い方がPRSですね。ネジはそのまま使おうと思いましたが、頭の部分が大きくてただのストラップピンになってしまいました…。
なので、付属のネジを使う事に。
太いから穴の開け直しが必要かな?と思いつつ、ゆっくり締め込んだらきちんと取り付け出来ました。
個体差があるので、途中で「あ、これ無理だ」と感じたら素直に穴を広げましょう。


ちなみに、ロックピンは3種類あります。

まず、普通は使わないであろう埋め込み式。
ボディ側のピンをギター本体に埋め込んで取り付けするタイプですね。これはイングヴェイが使っているものです。
利点としてギターとストラップとの距離を縮められます。普通のピンにストラップを付けている感覚ですね。
ただ、ギター本体に加工が必要な上に、ギターの種類によっては取り付けが出来ないものもあります。
見た目や機能的には一番いいんですけどね。

あとは普通のロックピンです。デュアルとトラディショナルがありますが、ぶっちゃけよく分からない…。
とあるサイト様でロックピンについて詳しく書かれている物がありますので、そちらを参考にされてください。


こちらです!


デュアルだとピンの上部が膨らんでいますね。トラディショナルは平べったくて少し幅が広いようです。


67400551-01A7-4BCC-9632-BD373B74D28A.jpeg


わたしはデュアルを買いましたが、結構ピンが目立ちましたのでトラディショナルのブラックを買い増ししました。
ゴールドやクロームはストラップに付けているとかなり目立つので、ブラックにして目立たない様にしようと。


シャーラーを使っている人が多いと思いますが、個人的にはこのダンロップの方が使いやすいかなと思いました。
他のメーカーもロックする機構はダンロップ式なので、このタイプの方が良いのかもしれません。
あとは部品が出っ張りすぎです。旧型でもピョコンと飛び出ていたのに、現行品は更にデカくなりましたから。
正直なところ、シャーラーは進化していないと感じました。色々と旧型から変わりましたが、個人的にはマイナスの方が目立っている感じです。


そんな訳で、手持ちのギターに順次ダンロップを取り付けていこうと思います。
難点としてはギター側のピンが単品で無い事ですね。なのでストラップを使いまわそうとすると部品が余ってしまいます。
もしかしたら単品で販売されていたり、社外品があるかもしれませんが。ちょっと探してみます。


ロックピンを目立たせたく無い方にはオススメの商品となっています。
もっと早く使ってみれば良かったや。




それではまた〜。





ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)
にほんブログ村

posted by う〜さん at 17:25| Comment(4) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月05日

レスポールが欲しくなる動画。




どうも。



基本的にギター関連のレビューは海外の方を見るのですが。
一時期ね、SAITOのギターレビューを探しているときに見つけたのですが。







AssHさんと言う方の動画です。
詳しくは知らない方ですが、めちゃくちゃギター上手いですね。
あとね、喋り方も良きです。ギタープラネットとかも見るのですが、早口で何言ってるか分からない時があるんですよね笑



いやぁ、これぞレスポール!ってサウンドが良いですねぇ。
ギブソンの良いところは適当に弾いてもあの音が出るところです。
CS58を持っていた時は、特別な弾き方をしなくてもこの動画に近い音が出せていました。
もちろん、ネックPUのあの甘くて太い、でも抜ける音が出ます。

ネックの太さや、ちょうどその時手首を痛めていて全然弾けなかったので手放しましたが…。
3.7kgと言うレスポールとしてはとんでもなく軽いモデルでしたが、まぁ、軽すぎた印象があります。
カスタムバッカーの影響もありますが、ローがあまり出てこない個体でした。レスポールのベストウェイトは4kg前後と言われてますが、それくらいが良いと思います。軽すぎると音がペラっとなるのでしょうかね。


まぁね、次買う時もCSレスポールですね。4kgを少し切るくらいで探そうと思っています。
とは言うものの、PUを替えたヒストリーが思っていた以上にレスポールになったので、しばらくはこれで遊んでいようと思います。


ヒストリーはカスタムタイプなのでスタンダードとは微妙に違いますが、SuhrのPUのお陰でめちゃくちゃ良くなりました。
ギブソン白カスタムよりもよっぽどギブソン レスポールの音が出ます笑
B級品で12万円くらいで手に入れましたが、完全にオーバークオリティですね。いや、傷があったり色々リペア痕がありましたけどね。
これ新品店頭価格は23万円しますからね?しかも現行品はハードケースからギグバッグに成り下がってますから。
音は特別良いとかではありませんが、わたしの基準は超えているので問題無いです。
PUを替える前は使い道が無いなぁと思いつつ、これで最後!とSuhrのPUに交換しましたが、相性が良くて一安心しました。



どのギターもそうですが、やっぱり代わりになる物は無いですね。
エレキギターの雛形になっているレスポール、ストラト、テレキャスってどこか弾きにくい部分があります。
そういうところが味になっているのかなぁと。

わたしは弾きやすさを求めていくと、音が好みからどんどん遠ざかる事が分かりました笑



3046A11C-D344-45EA-8878-D4D00EE201E5.jpeg


せっかくなので全部壁掛けにしました。
そして3本とも国産ギターという。全部足してもPRSは買えないです笑


やっぱりレスポールはカッコいい!



10F16C84-EDA4-404B-96DF-AD763DFC66B2.jpeg




それではまた〜。




ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)
にほんブログ村


posted by う〜さん at 04:25| Comment(2) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする