2019年11月18日

ジャパンのレスポール。




どうも。



弦の旅は継続中です。
そんな中、ケンスミスは張り替えて2週間くらいですかね。バリバリの新品弦の音がしています。
まあ、ほとんど弾いていないですけどね。それでも特に目立った劣化も無いので、エリクサーじゃなくても長持ちするんだなぁと。
サブギターの扱いのカスタム24ですが、エリクサー卒業な予感です。錆びない弦として有名過ぎるエリクサーですが、劣化自体は普通の弦と変わらない感じです。たまに弾くギターとかには良いんですけれど、それでも1ヶ月くらい放置していたギターを弾いたりすると弦が切れます。錆びてないだけで、内部では劣化してしているのでしょう。ケンスミスは普通の弦なので価格も安いです。それなら高いエリクサーじゃなくてもいいですよね。

メインギターでガッツリ使う弦としては錆びないのはかなりのアドバンテージです。ただ、何度も言いますがテンションがキツいんです。
ライブ中とかチョーキングが上手くいかない事があったりします。これは練習不足と言われればそれまでですが。

とは言え、ライブ中は余計なことを考えずに弾きたいものです。



反対にガッツリ使っているロトサウンドですが、フィンガーイーズをしないと指が引っ掛かり気味になってきました。
でもこちらも音の方はまだ元気です。錆びは見られませんね。何とか弾ける、と言うわけではなく、普通に弾ける状態です。音の好みは完全にロトサウンドの弦ですね。
プライベートストックの方のR COCCOも元気です。ただ音はやはり大人しめでしょうか。正直、弾いていてあまり楽しくないですね。悪い弦と言うわけではなく、ロックギター特有の感じがないと言うか。波風立たない音です。クセがないので扱いやすいとも言います。
弾いていて弦が劣化していく感覚は薄いですね。ただまぁ、あの価格なら別の弦でいいかな?という感じです。



はい、そんなお気に入りになったレスポール。最初に買ったギターもレスポール、次に買ったギターもレスポール。そのまた次に買ったのもレスポールと非常に付き合いの長いギターです。

初めはよく分からない廉価なレスポールで、物凄くハイパワーなPUでしたね。
しばらくはそれで練習していましたが、色々と知識がついてくるとやっぱりギブソンが欲しくなる。
でも高校生のわたしにはとてもじゃないけど買える価格ではありませんでした。20年前当時でいくらだったかな?20万くらいでしたかね?
今ではそれこそ10万円切るようなモデルまで出ていますが。。

そんな中で出会ったのが日本製のレスポール。



0C49CAC1-7241-426B-B722-87063669A18A.jpeg

オービルです。

当時からエピフォンもありましたが、あのヘッドの形がどうもにも。。
やっぱりギブソンヘッドがいいですからね。そこいくとこのオービルはギブソンヘッドです。
ライセンスを持っていて製造されていたギターなので、レスポールを名乗れます。
これが7万か8万円くらいでしたね。そして人生で一番弾いたギターでもあります。

フレット擦り合わせは2回くらい、PU交換は覚えていませんね。何回したかな?


人に貸したりしていたので、手元に戻ってきたときにはそれはそれは酷い状態でした。それから私は人にギターを貸すことを余程じゃないと貸さないようになりました。


少し前に完全リペアをしてもらい、きれいな状態になりました。
PUは前後ともセイモアダンカン製です。リアは14でフロントは2だったかな?


ふとギブソンレスポールばかり弾いていたので、久しぶりに音を出してみようと。
アンプをケンパーに替えてから音を出したことが無かったですしね。


いつものディストーションで。。。









あぁ、うん、こんなもんか。
いろんなリグを試してみましたが、パッとしなかったです。
PUはセイモアダンカンですし、カスタム24に付けていた時は良い音だったので原因はやはりボディですかね。


ジャパンビンテージとかで少し賑わっているエレキギター界隈ですが、どうにも信用出来ません。
私のオービルが良くないからではなく、てか全然ビンテージでは無いですからね。

実際に試していないので批評するのはなんですが、そんな言うほどのものかな?という疑問がずっとあります。
日本製のギターが出てきた頃は本家の質が下がっていたとかいうのも聞きます。でも音に関しては日本製のギターが本家に勝るとは思えません。ギター作りは昔からアメリカがやっていたことで、ギター用の木材もかなり良質な材を確保していたと思われます。日本にも木材はあったと思いますが、そんなに大量には仕入れたり出来なかったのでは?

古くから付き合いがある方に優先的に物が動くのは世の常ですが、やっぱりギターの本家はアメリカだと思うのでそっちに良質な材が動くと思うんですよ。


組み込み精度などは日本製の方が遥かに上です。でもそれだけが良いギターになるわけではないです。全然音が響かない材を使って精度良く作っても良い音は出ません。
とまぁ完全に憶測で語っていますが、ジャパンビンテージと言う言葉がイマイチな私です。

まぁ全部のギターが高値ではないですけれどね。骨董的な価値が付いているのだと思いますが、そんな価値なんてあるんかなぁと思っています。だって世界的に有名な曲とか録音されてないでしょ?
ギブソンやフェンダーが凄いのはそういうところもあるんです。あの曲はギブソンだった。この曲はフェンダーだった。そういう歴史を築いてきたから未だにそこそこの価値があるギターなんだと思います。
値段の半分はブランド代とよく言われますが、それだけの事を成し遂げてきたからあの価格が付いているんです。

オービルからギブソンに持ち替えた時はそりゃ音は良かったですよ。値段の差ももちろんあるのですが、そこはやっぱりギブソンですからね。ちゃんとレスポールの音を出してくれます。
同じ時期くらいに友人が2人レスポールスタンダードを買ったので弾かせてもらいましたが、片方は凄く音が良くて、もう片方はハズレなギターでした。でもオービルより音は良かったです。そこはギブソンですから、最低限のラインはあると思っています。そういえばカスタムを買う時スタンダードを色々と試しましたが、どれも良い音が出ていました。TAKモデルに至ってはパワーコード一発で「あの音」が出ましたからね。


現行の日本製レスポールはどれくらいの価格なんだろう?と調べましたが、ほぼ本家より安くて設定されていますね。
トーカイのレスポールはとんでもない値段でしたが。限定品でしたけどね。


この辺は個人で考え方が違うのでなんとも言えないのですが、トーカイのレスポールに50万円も出します?
私は見栄っ張りなのでギブソンにしますけどね。。
日本製ギターの良いところって、価格もあったと思うんです。約半額くらいで本家とそこそこ変わらない音が出る。じゃ本家と同じくらいの価格のレスポールだったら本家より良いのか?というと難しいですよね。。
単純に音は良いのかもしれません。どこに拘るかですよね。レスポールと名乗れるのはエピフォンと本家のギブソンだけです。他のレスポールタイプのギターでレスポールと書いてはいけないことになっています。
そういう、人によっては単なる文字だけの部分に拘るのかどうなのか。こういうところがギターを選ぶのを難しくてしているなぁと。

レスポールの形をしていて音が良かったらブランドなんてなんでも良い。という人が一番得をしているんでしょう。私もそうありたいものです。



ギターを弾いている人が見ているならば、是非とも本物を一度は触って欲しいですね。試奏はタダですから。いろんなお店のいろんなギターを触ってください。出来れば所有してもらいたいですけどね。ストラト、テレキャス、レスポールが長年どうしてスタンダードと呼ばれてきたのか、分かるかと思います。


もちろん、新気鋭のギターもあります。これからスタンダードと呼ばれるものは変わっていくのでしょうね。。



ただ、レスポールはあまりお勧めしません笑
やっぱり弾きにくいですからね。どうしてもあのスタイルが好きだ!という人にはギブソンレスポールをお勧めします。
で、せっかくなのでカスタマショップ製を買いましょう。所有欲が凄いです。メタルくらいだったら余裕で出来ますし。というか良いギターはジャンルなんか関係なしに出来ますよ。ヒスコレはビンテージだから古くさい音がするなんて事はないです。使うアンプ次第です。
レギュラーも所有していましたが、やっぱりカスタムショップ製の方が音は良いです。組み込みもギブソンにしてはきっちりしていると思います。私のは弦高がとんでもなく低くて弾きやすいです。ちなみに届いたセッティングそのままです。個体差はありますが、音も弾きやすさもカスタムショップ製の方が遥かに上でした。
2014年以降のモデルは音が良いように感じます。細かい仕様が変わった年だったような。


見た目のオーラから違いますからね。これは実際に所有すると分かります。


レスポール人口が密かに増えて欲しい私です。



FFB3897F-C734-4EB5-A9BC-EA417FE1F5D3.jpeg









それでは、また〜。



ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)


にほんブログ村


posted by う〜さん at 01:35| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

「R COCCO」 アコギ弦のその後。




どうも。




火曜日にいつものギタークラブに行ってきました。
今回はアコギで、おじさまとDEPAPEPEの曲を練習しようと。

弦は前日に張り替えたR COCCOです。
家で弾いた時はポロポロと鳴らす程度でしたので、クラブで大きな音を出してどんな感じの弦なのか試せます。


チューニングしてガツンとストローク。




おぉ、エリクサーの時より音量が大きい。
バランスもいい感じです。音を聞いていたおばさまも「良い音だね」と仰ってました。

ゲージは11〜50が一番細いですね。手首の負担を考えると10〜がいいのですが、まぁ物は試しで。
しかしこれがまた程よいテンション感でして。1弦とか10を張ってるんじゃないのか?ってくらいです。
全体的に弦の張りは弱めです。エレキギター弦と似たような感じですね。


音質は粘りのある音。フォスファーではないのですが、充分キラキラした音が出ます。
弾き方を変えるとその通りに音が出る感覚ですね。



むむ、アコギ弦はR COCCOかなぁ?エレキはロトサウンドが一番好みの音なので、もう少し他のと比べてからですけれど。
エレキは他にもピラミッドストリングスと、アーニーボールも使ってみようと思い購入しました。
しかしまぁどの弦をどのギターに張るかで変わるんですよねぇ。ちなみに最初に替えたケンスミスは未だにピカピカしております。指もスムーズに動きます。あんまり弾いていないっていうのもあるのですけど。
レスポールに張ったロトサウンドが今のところ劣化が始まってきた感じです。演奏後は錆止めを弦に塗ってはいました。
しかしプレーン弦がだんだんとツヤがなくなってきましたね。指の滑りも良くないです。
音的にはまだ問題ありません。チューニングも合うし。もう少し使えそうです。ロトサウンドの劣化が早いのではなく、単純にめちゃくちゃ良い音がするから1日に5時間とか弾いてました。そりゃ劣化しますよね。
我が家のレスポールとロトサウンド弦は素晴らしいマッチングを見せてくれました。他の弦もどうなるのか楽しみですね。



おじさまとギターの練習を。

今回はギブソンのJ45カスタムで。
事前に楽器店に行って、そこでダダリオの新しいコーティング弦を購入したそうで、ギブソンに張っているとのこと。
おじさまも私と同じでダダリオはあまり好きではないメーカーです。音がどうもね、しっくりこない。

まぁ話だけなのもなんだから、弦を買ったってところですね。
私と同じで前日に張り替えたもの。








うーん、何この死んだ弦の様な音は。。
なんか、音に艶がない。使い古した弦の様な感覚。
あ〜、ダダリオってこんな音だったわ。。

いまいち抜けが悪い音でしたね。コーティング弦ですが、手触りは自然な弦だなと思いました。
プレーン弦は艶がなくなってました。まだ1日しか経っていないのに。。
弦の持ちは人それぞれなので一概には言えませんが、これなら普通の弦で充分かなと。

ギターとの相性もあるんでしょうね。エリクサーの時の方が音は良いなと思いました。
私の影響で弦を改めて探しているとのことですが、おじさまは健康体ですからね。テンション感が特に気にならないとの事なのでエリクサーでいいと思いますとアドバイスしました。まぁ弦の旅に出るのはたまにした方がいいと思いますけどね。


私のギターを弾いてもらいましたが、COCCOの弦いいなぁと言ってました。
価格もそんなに高いものでもないので、一応お勧めしておきました。



個人的にもCOCCOは良いなと思って、アコギ はこの弦かなぁと。



そう思ったんですよ、その時は。




クラブから帰ってギターをハードケースに入れたまま1日放置してまして。
翌日アコギを弾こうと思ってケースから出したら、プレーン弦が若干変色していました。
弾いた後は弦をクロスで拭かないとダメですね。しかしたった1日でこんなになるのかぁ。。

んー、これはコスパが悪いですね。音質も気に入ってはいますが、もうちょっと合う弦がありそうな感じでしたので他のメーカーを試してみます。
演奏後、きちんと手入れをすれば弦の劣化を遅らせることは出来るかもしれませんが、COCCOは劣化が早いのかもしれません。
ただこうやって弦を試していると、エリクサーは耐久性が段違いですね。もう少しテンションが弱かったらいいのですが。。

しかしエリクサーもギターとの相性がありますから、難しいです。
レスポールには今のところロトサウンド弦がかなり相性がいいように感じます。エリクサーの時は大して良い音がするギターとは思っていなかったのですが、ロトサウンドに替えてから別物のギターになったかの様に鳴るように。
元がビンテージの再現ギターだから、弦もその当時から製造されている弦と相性がいいのかもです。ロトサウンドがいつから弦を作っていたのか知りませんが笑
そうなるとアーニーボールだとどうなるか楽しみですね。ギラギラした音が特徴ではありますが、最近の私はあまりそういう音が好みでは無くなってきているので。でもエリクサー使う前はアーニーボールでしたので、久しぶりに使うとどうなのかが気になります。
その前にレスポールにもCOCCOを張ってみたいんですよね。大人しくなり過ぎるかもしれませんが。


ちなみに、ケンスミスの方はピンピンしてます。ほとんど弾いていないですが笑
たまにね、何曲か弾いてますけど。それでも張ったばかりの頃と変わりありません。地味に凄いケンスミス。


アコギの方はもう少し探さないといけません。COCCOは残念ながら採用はしないですね。いや、全然良い弦ですけどね。他のが微妙だったらCOCCOに戻ります。

またいくつか弦を仕入れたので、試してみたいと思います。








それでは、また〜。



ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)


にほんブログ村


posted by う〜さん at 13:01| Comment(0) | ギター小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月13日

弦を試してみるC おまけ




どうも。



エレキギターには好印象だったR COCCO。
アコギにもいいんじゃなかろうか?ということで張り替えてみました。




FDFEF862-76B1-4C36-9FCD-F3983937B0A9.jpeg


パッケージはエレキ用と変わりありませんね。ゲージの横にAと書かれていますが、アコースティックを意味するものでしょう。



B6900435-3211-4BD5-A894-EEE6CF918E5A.jpeg


中身も同じですね。ジップ付きの袋に個包装で入ってます。
特に説明が無いので不明なのがブロンズ弦なのかフォスファーブロンズなのか。
色的には普通のアコギ弦っぽいですね。フォスファーではなさそう。


ブロンズ弦として考えると、少し価格は割高に感じますね。税込880円です。
ゲージの方は10が無く、11からのゲージしかありませんでした。ただ、エレキ弦はかなりテンションが柔らかいのでアコギもそうなのかなぁと思って11からのゲージにしました。
巻き弦のゲージが他のメーカーとは違ってますね。6弦は50です。11からだと大体は52とかなんですけどね。
バランス的には50の方がいいのかもしれません。てか12のゲージだと6弦は54なんですよね。大差があまり無い。


全ての弦を張り替えてチューニングをして。。


ひとまずコードを鳴らしてみます。









うん、なんか、普通。


いや、音質は良いですよ。もうちょっと個性があるというか、そういう音を予想していたので拍子抜けした感じですね。
普通だなぁと思いながらひたすらコード弾きをして。




いや、この弦めっちゃいいんじゃない?


音はエレキと同じ感じで、ミッドがよく出ますね。低音もしっかりと出ていますしかと言ってこもっているわけでもなく。
ハイはキンとする感じはないです。でも全ての弦に常にキラキラした音が纏わりついている感じ。
バーン!と音が出るというよりも、少し溜めて音が出るような。音に奥行きが出ますね。

フォスファー弦じゃないのにこの音の出方は凄いなと。
非常に粘りのある音です。もう少し煌びやかさが出てもいいかなぁとは思いますが、許容範囲です。


手触りはこれもエレキ弦同様、ツルツルしてます。
そしてテンションが弱い。1弦は11ゲージなのですが、10と間違うほど。弦が細いのかもしれません。
もうビブラートが楽に掛けられます。巻き弦からプレーン弦まで弱いテンションですね。
普段と同じゲージを張ると細いという印象を持つかと思います。とは言え音の方は全然細くないです。

ただ、弱めのテンション故に押弦をしたときの感触が苦手に感じる人もいるかもしれません。クラシックギターの巻き弦を押さえているような感じ。指とフレットとの間の弦が「あ〜、しなってるな」って感じると思います。
ピッキングは弦の揺れ幅があるのでミスピックをする可能性が高そうです。
ピックが弦から離れる時間が長いですね。弦が柔らかくてしなるからピックについて来ちゃうんです。
コードストロークを激しくする人には相性は良くないかもしれません。逆に撫でるようなピッキングやフィンガースタイルの人には合うんじゃないでしょうか。
ジャカジャカやりたかったらテンション感の強い弦の方が良いですからね。そういう意味ではエリクサーは最高の弦かと思います。



個人的にですが、アコギの弦はもうこれでいいかなぁと思いました。
まずテンションが弱い弦が少ない。ゲージを細くしても痛いもんは痛い。チョーキングしんどい。
ゲージを細くすることでこれまた音も変わってしまう。やっぱり細いと軽くなっていきますね、音が。

ロトサウンドの弦も試してみようかなぁと思ったりしたんですけど、アコギ弦は思っていたよりも価格が高いんですよね。
まぁでもいずれ試してみたいとは思っています。テンション弱くて音は少しキラっとする感じでしょうかね。レスポールに張ってるロトサウンドはそんな音なので。いやもぅ、あれはベストマッチですよ。音を出した瞬間に「あ、これこれ!」って言いましたから。
一応他の弦もレスポールで試してみますけれどね。


アコギ弦、「R COCCO」とにかく左手の負担を減らしたい方には一度使って欲しいと思います。
優しく弾くアルペジオとか指弾きなんかはバッチリだと思います。ストロークをする人はピッキングの癖を理解すればコントロール出来る弦ですので。慣れの問題ですね。

ちなみにストロークでの音量ですが、手持ちのハスダルで試したところ、一番音が大きい弦でした。
11ゲージでテンション弱めだからどうかなぁと思ったのですが、エリクサーよりも音がでかくなりました。


ベタ褒めですけど、ほんとに良い弦だなと思います。
ただ、こういうのってハマる人とハマらない人とキッチリ別れますからね。そこが面白いんですけど。
私はダダリオの音はハマらない人間です。



レビューを見るのも大事ですが、ご自分の楽器に実際に張って試さないことには真実は見えてきません。
少しずつでもいいので、旅に出てみませんか?









それでは、また〜。



ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)


にほんブログ村
posted by う〜さん at 01:43| Comment(0) | ギター小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

「エレキギター 」 弦を試してみるC




どうも。



トマスティックでしばらく我慢しようと思っていましたが、プレーン弦が全てのポジションでメッキが剥がれたようになったので弦を変えました。
ん〜、いくらなんでも耐久性が無さ過ぎです。



てことで、今回はこちら。



E711FEF2-4991-4015-A5D4-5B3F495ED353.jpeg

リチャード・コッコです。ん?ココなのかな?
赤いギターに赤いパッケージとどこぞの3倍の速度の人みたいですね。


パッケージは紙製です。なんと中まで赤い。情熱の国、イタリア製だからでしょうか。
ちなみに、今回の弦を探す旅で初めて知ったメーカーです。
ハンドメイドで作られている弦だそうです。


弦を取り出して見て驚いたのが、全ての弦が個包装で、チャック付きの袋に入っていました。


CDF61978-4842-47E3-BE54-D0900C949951.jpeg

なんか、めちゃくちゃコスト掛かってそうです。。
ハンドメイドでこの梱包。弦本体にお金を掛けた方がいいんじゃないのかなぁと余計な心配をしてしまいます。
サウンドハウスさんで税込748円。なんとも微妙な価格ですね。
しかしながら製造法、梱包の仕方を考えると案外安いのかもしれません。



では、張り替えていきましょう。
丸まっている弦をほどいて、、、

ふむ、少し巻き癖が付いていますね。トマスティックと似た感じでしょうか。
巻き弦の先端は…最後まできっちり巻かれてますね。


あれ?なんかこれ、似たような弦を使った気がするんですけど、、
巻き癖、先端まで巻き弦。…トマスティッry


いやいや、忘れましょう。
まずは6弦を張って。

ふむ?巻いている時に思ったのですが、弦がかなり柔らかく感じますね。
なんというか、しなやかというか。
全ての巻き弦にそんな印象を持ちました。


プレーン弦も柔らかいですね。エリクサーのような針金感は無いです。
ロトサウンドの弦より柔らかいんじゃないでしょうか。



チューニングをして生音をじゃら〜んと鳴らしてみます。










プライベートストックの音が戻ってきた



いやぁ、これは良い音ですね。上から下までよく出ます。
早速クリーンセッティングのアンプから音出し。


お〜、普通笑
クリーンサウンドはトマスティックの方が色気がありましたね。とは言え劣っているとかそういう感じではないですね。
クランチも良いです。キチンと歪みが乗ってます。音もゲージの割には太い音ですね。


最後はディストーション。





あ、この音ですやん


なぜか関西弁になってますが。
この音は今までの弦で一番好みの音ですね。ミッドの出方が素晴らしい。とてもジューシーです。
反面、ハイは抑えめですね。アーニーボールが好きな人には物足りないかと思われます。ロトサウンドよりも大人しいですね。
個人的にはケンパーの嫌なハイが出ないので非常に良いと思いました。いくつかデジタルモデリングというのを使ってきましたが、なんかハイが特徴的な音なんですよね、全部。それがデジタル臭というものか分かりませんが、真空管アンプの時には感じなかったハイが少しキンとくる感じがあります。
この弦だと耳に痛い部分が抑えられている感じです。

うーむ、ロトサウンドと迷うなぁ。あっちは元気な音で、ハードロック!って感じの音で好きなんですよね。
ココは少し大人しめですね。張っている時に感じたしなやかさが音にも出ている印象です。


手触りはツルツルしてますね。それとテンション感も緩いです。ロトサウンドといい勝負かなぁ。ケンスミスよりは少しだけ緩いです。



後はどれくらい弦が保つかですね。
2時間ほど弾きまくってましたが特に見た目は変わりありません。

チューニングの安定は少し時間が掛かるかなぁと言ったところ。まぁ、張りたてはどのメーカーでもすぐに安定はしませんからね。
これで2週間くらい保ったら合格ですね。今のところケンスミスもロトサウンドも致命的な劣化はありませんので、それらと同じくらい保ってくれればいいかなと。
しかし音は今のところNo.1ですね。とても音に表情を付けやすい弦だと思います。
ミドルの弾けっぷりがいいです。


これはメイン弦になりそうですね。
しかし、最後にもう一つ残っていますので、それを試してから決めたいと思います。
レスポールにココを張ってどうなるか聞いてみたいですね。今のところロトサウンドの弦が合ってると思います。ケンスミスは悪くないのですがロトサウンドより良くはならないだろうなぁと思ってます。価格を考えるとケンスミス一択ですけどね。値段以上の弦だとは思っています。
普段使いはケンスミスでライブとかはココとかにすると1番安上がりになりそうです。



最後の弦はどのギターに張るか悩みます。。








それでは、また〜。



ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)


にほんブログ村
posted by う〜さん at 00:53| Comment(0) | ギター小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

弦を試してみる3.5 高けりゃ良いってものでもないらしい。




どうも。



35953771-6DBE-49CF-BEFC-B7A976A52C6C.jpeg

トマスティック弦の続きでも。

まぁ結論から言うと、






間違いなく2度と買わない弦


ですね。
価格もノンコーティングですが税込913円。
高い。アーニーボールとか2セットいけますよ。


音質に関してはトップクラスです。ただ、個性があると言うか。
レビューには普通の弦という意見もありますが、個人的には扱いにくい弦でした。
クリーンはすごく良い音なんですよ。太めの音になりますし。
ただ、歪みがどうも相性がよろしくない感じ。クランチの時点で途端に抜けが悪い音になります。
プライベートストックなのに、弾いててすぐに飽きてしまうほど。

テンション感も弱めとありましたが、弱くないですね。普通ぐらいはあるかと。
ケンスミスとかロトサウンドは弦を押さえると明らかにテンションが弱いなと感じますが。
巻き弦とかパワーコードを押さえると弦がたわんでいるのが分かります。
ピッキングタッチも弦が少し離れるのが遅いなと体感出来るほど。
ですがトマスティックの方はどちらもその様な感触は感じられませんでした。

やはりジャズ系の音に合いそうです。クリーンは良い音なだけに勿体ないです。


後、致命的と思ったのが、





1日でプレーン弦が黒ずんできたよ



いやぁ、早い。劣化が恐ろしく早い。
数時間しか弾いていないんですけどね。曲をコピーしている最中に明らかに手触りが悪くなってくるのがわかりました。
スライドしても引っかかりますから。
私は手汗が結構出るので弦の劣化が平均的な時間より短い傾向にあるのですが、こんな短期間で表面が黒ずんで来たのは初めてです。



88E4AA1D-904B-4A9F-8575-75753DF23B94.jpeg

影じゃなくて表面が剥がれている。



錆びてはいませんけども、プレイにかなり支障が出ました。
音質自体に変化は感じませんでした。チューニングも狂いなし。
でもこの状態だと弾くのがストレスです。おまけに好みの音じゃないというのもあるし。


はい、もう交換します。
これじゃ使い物にならない。
録音とかライブだとか、一発にかける感じでしょうか?普段使いにはあまりにもコスパが悪いです。
ギターを弾く前は手を洗っていたのですが。。

フィンガーイーズでも塗布すればいいかもですが、それすら勿体ない。
ん〜、ここまで合わない弦は初めてです。


正直、期待しすぎていたところもあるかと思います。
音楽の国、オーストリア製ですよ。
音の好みは仕方ないとしても、さすがに耐久性なさ過ぎです。
自分のこのブログも含めてですが、レビューは半分くらい参考にするのが良いですね。
実際、他の弦でも柔らかいって人もいれば普通って人もありましたし。何を基準に言っているのか見極めなければいけないですね。
私の基準はエリクサー、ダダリオ、アーニーボールです。まぁダダリオとアーニーボールは15年以上も前の記憶なので曖昧ですけど。
ただ、ダダリオに関しては割と最近のを知っているかと思います。新しくギターを買った時に「なんか弦が気に食わないなぁ」と思って張り替えると、色付きのボールエンド、ダダリオだった事が多かったです。というかすぐに弦を変えたギターに張られていたのはダダリオでした。

そんな訳でダダリオの音は好みでは無いです。これは高校生の時から変わらずですね。
テンション感はどうだったかなぁ。エリクサーほど硬くもなく、アーニーボールより柔らかくもなく。恐らくダダリオの弦がみんなが言う「普通」ではないかと思ってます。

それならアーニーボール買えばいいじゃん、となるんですが。あの弦も劣化が早いんですよ。。
張りたての音も少し煩く感じるんですよね。
でも、これは思い込みかもしれない。そう思ったのでサウンドハウスさんで久しぶりにアーニーボールを頼みました。
日曜日はお休みなので、届くまで数日は掛かりますかね。


そういうわけで、その間までに違う弦を試してみます。
どっちから試そうかなぁ、リチャード・コッコかピラミッドストリングスか。。
今回は期待せずに交換しましょう笑

気に入らなくても大丈夫。アーニーボールがあるし、新しく知ったロトサウンドがあります。
ケンスミスだってあるもの。

てか普段使いはケンスミスが1番コスパがいいんじゃなかろうか。少し音に元気は無いけれど、テンション緩いし手触りはツルツルだし、なんなら未だにプレーン弦は艶々してます。
ギターとの相性もありますからね、なんとも難しいところですが。レスポールはロトサウンドで決まりかなとは思ってます。あんなに弾きにくいって言ってたレスポールをめっちゃ弾いていますからね、ロトサウンドに張り替えて。
09〜だと人によってはテンションが緩すぎると感じるかもしれません。自分はこの少しダルんとした感触が好きですけど。



どこかに柔らかくてエリクサーみたいに長持ちする弦、ないかなぁ。







それでは、また〜。



ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)


にほんブログ村
posted by う〜さん at 22:59| Comment(0) | ギター小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする