2019年02月07日

「PRS」人柱になってみた「PhaseV tunerbuttons」




どうも。



皆さんはギターをドレスアップしていますでしょうか?


PUマウントリングを変えてみたり、ボリューム、トーンのノブを変えてみたり。。。
音に関係するところもあれば、影響のないものもあったり。


そんな中、割と博打的な部分があります。



そう、ペグのボタンです。


ゴトーに対応だとか、シャーラーに対応なんて商品に書かれていますが、適合しない事もあったり。
ネットで検索してもペグの交換ってあまり出てこないんですよね。特にPRS。

丸っと交換というのはあるのですが、ペグボタンの交換はあまりヒットしません。
実際、どこのメーカーのボタンが合うかわかりませんし。


ちなみにPRSは純正でペグボタンを出してます。


EDBBE059-9A74-4378-8151-28B3EFC9A250.png

8C4FEC68-ED96-4B79-848D-7F07CAE49CFD.png


エボニーと、フェイクボーンの2種類ですね。
この商品は現行PRSのPhaseV にしか合わないのでご注意下さい。
価格は1万ちょっとです。うん、高いよね。


PRS 《ポール・リード・スミス/Paul Reed Smith》 ACC-4363BUT-T Tuner Buttons Ebony SET for Phase III - 渋谷IKEBE楽器村
PRS 《ポール・リード・スミス/Paul Reed Smith》 ACC-4363BUT-T Tuner Buttons Ebony SET for Phase III - 渋谷IKEBE楽器村

PRS 《ポール・リード・スミス/Paul Reed Smith》 ACC-4363BUT-FB Faux-Bone Tuner Buttons SET for Phase III - 渋谷IKEBE楽器村
PRS 《ポール・リード・スミス/Paul Reed Smith》 ACC-4363BUT-FB Faux-Bone Tuner Buttons SET for Phase III - 渋谷IKEBE楽器村


でも純正品ですから。取り付けできないなんてことはありません。
確実にしっかりと取り付けしたい方は純正品をお買い求めくださいませ。


で、ブルーフェイドのカスタム24なんですが、やっぱりペグボタンを木製にしたいなぁと思いまして。
しかし純正品はエボニーしかありません。以前エボニー製の物を購入したときに取り付けしてみたのですが、全く似合いませんでした。
ボディバックがコリーナという事もあったかもしれません。

どっかのメーカーが出してないかなぁ、と探してみたのですが、、、
モントルーというメーカーから出ているという情報を見まして。早速調べてみたんですね。



廃盤になってたよ


Amazonでも取り扱いしていないということで、残念ながら購入は出来ませんでした。


それでも探していると、あるメーカーの物を見つけました。



「有限会社Birdland」


NAZCAというギターケースなどを販売しているメーカーさんです。
他にも色々と取り扱っているところです。

HPはこちら!


ここのメーカーさん、ペグボタンも販売していまして。


8FA97B59-033E-4652-8AEB-40F90AAC3ED1.png

ここまで揃えているのは流石です。
形はハーフムーンタイプと、オーバルタイプです。
素材はエボニー、ローズウッド、水牛骨(黒、白)と豊富にあります。

問題はどのメーカーのペグにマッチするのか?というところですが、こちらはゴトー製のペグに合わせて作られているそうです。

PRSのペグはPhaseV だとゴトー製になります。ということはこのペグボタンは取り付けが出来るということですね。
とは言うものの、パーツを独自開発しているPRS、そう簡単に取り付けできるものだろうか?と考えてしまいまして。
1週間ほど悩んでいましたが、取り付け出来なかったら加工すればいいや!って事で注文しました。



2145359C-69E5-4810-84E7-6E593D302D6E.jpeg

少し時間が掛かりましたが、ブツが到着しました。


8A09F86D-CB92-4D34-A933-2FEF8C7EEE5B.jpeg

いやぁ、とても綺麗に作られています。
もう少し適当なのかな?と思っていましたが、バッチリです。



さて、それでは取り付けてみましょう。


66FEA35D-CE6D-4BB3-9655-53E43ED93CC8.jpeg

純正状態です。ペグの横のマイナスネジを緩めれば取り外せます。


298D4CD8-D8D1-49E5-BFB5-AC7F62F57E71.jpeg

ここのシャフト径が各メーカーで違うので注意です。


9C41CD52-558C-4748-BB55-37D3568D7BC1.jpeg


とりあえず1つ取り付けてみることに。



いやぁ、緊張しますなぁ。





D609FD5A-B098-47E0-A8FB-334F5BAC65C5.jpeg



ふぉぉぉおお!


奥まで入れるのがほんの少しだけきつかったのですが、ピッタリとハマりました!
後はネジが締まるがどうか。。。




ネジが締まった!取り付け成功です!
あ、ネジは付属しませんので、元のペグのネジを使用してください。
割と奥までしっかりと締め込めば大丈夫です。



B06BC2F9-4C07-4DAC-8DFE-49E792F00DA8.jpeg

全て交換しました。
少し色味が違いますが、エボニーの真っ黒よりも統一感が出て良いです。

ネジの部分は少しだけ頭が出てしまいますが、全然許容範囲です。


9DED53A6-5562-4CFC-81BA-4C700330AFB1.jpeg

PSのボタンもローズウッドなのですが、確認してみたところネジの頭は少し出ていました。なので問題は無いと思います。


AF84B81A-9E4B-47A6-97AF-44AC8D918711.jpeg

59864C13-DE43-49D9-B254-CF7A0FD7AFD4.jpeg


形は迷ったのですが、大き過ぎたら嫌だなぁと思ったのでオーバルタイプにしました。
ハーフムーンでも違和感は無さそうですね。


お値段は、驚きの3千円!これはお買い得だと思います。




結果として大成功となりました。PRSのドレスアップを考えている方にはとてもオススメ出来るものです。
ただ、音の方は少なからず変化があります。私が感じたのは、音が広がるようになったかなぁと。
逆にタイトな音が欲しい人は木製ボタンはオススメしません。まぁでも、慣れたらなんとも思わないくらいの変化ではないかなと思います。
僅かですがヘッドの重量も軽くなりました。ギターを持った時も軽く感じました。本当に僅かな差ですけれどね。


という事で、超オススメのパーツです!



Birdland オーバルタイプ ローズ ペグボタン - chuya-online
Birdland オーバルタイプ ローズ ペグボタン - chuya-online

【ポイント2倍】【メール便発送・全国送料無料・代金引換不可】バードランド Birdland ペグボタン ハーフムーン ローズ GOTOH製ペグからの付け替え用【smtb-TK】 - さくら山楽器
【ポイント2倍】【メール便発送・全国送料無料・代金引換不可】バードランド Birdland ペグボタン ハーフムーン ローズ GOTOH製ペグからの付け替え用【smtb-TK】 - さくら山楽器


アコギとか似合いそうですね!






それでは、また〜。



ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)


にほんブログ村
posted by う〜さん at 00:33| Comment(2) | ギター小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

PRS カスタム24のストラップ。




どうも。



相変わらずレスポールのストラップが馴染みません。




というか、ストラップ選びって結構 大変なんですね。
意外にも種類が少ないと言いますか。



そんな中、ブルーフェイドのカスタム24に合いそうなストラップを探して、やっと見つけました。



09B2FCE7-6978-4EB7-82DC-95C69BAFD515.jpeg

やっぱりボディカラーにマッチさせると合いますね。
このストラップは私の求める条件を全て満たしています。


メーカーさんは「FIRERGLOW」です。
ちなみに、通販サイトがあります。


ここです!


2C9CC71D-3907-4B1F-A82C-A290F773A87B.jpeg

ストラップの片側先端にメーカーロゴが型押しされてます。
生産はどこかわかりませんが。作りはしっかりとしたものです。
が、所々にジャカードの糸が端から出てますが。自分的に気になりません。


FA79B350-1CE7-4301-869A-E2821F981BA1.jpeg

このタイプのストラップにしては肉厚です。PRSのペイズリー柄のストラップよりも厚手です。
むしろファイヤグロウの方がしっかりしてる感じです。値段は半分くらいなのに。


EF3125F1-C1FE-4AEF-8ECB-17F9AA75BF72.jpeg

このタイプはレスポールに合いそうです。


厚手でしっかりしていると言うと、ゴワゴワしていると思うかもしれませんが、かなり柔らかいです。
もっと早く知ってれば良かった。。。


本革製のものもありますが、あまり種類は多くないですね。
でも値段とデザインを考えると、自分はアリだなと思います。


C1FEC4EC-D6F8-4C24-A07D-08F4C8A66A22.jpeg

中々良いですね。


他には候補としてアーニーボールのデニム製のストラップも良いかなと思いました。
これは実際に店舗でも確認しましたが、良かったです。デニム生地の性質上、色移りはしてしまいますが。
3色ありました。限定販売とかも書いてましたね。


910906F3-490D-4D1D-9BD9-5A8DDE2A9A6E.jpeg

デニム好きなギタリストさん、ベーシストさん、いかがでしょう?
新品よりも、使い込んだ方がカッコいいストラップになりそうです。


うむ、もう少しだけストラップ探しの旅は続く気がします。
もっとこう、、お洒落な奴が出て欲しいですな。






それでは、また〜。



ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)


にほんブログ村
posted by う〜さん at 00:58| Comment(0) | ギター小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

ギターストラップのあれこれ。




どうも。



私は所有しているギターそれぞれにストラップを付けています。
というか、やっと付けることが出来た。


最初はストラップを使い回す予定でいたのですが、レスポールだけは出来なかったのです。
なぜならシャーラー製のロックピンがそのままでは取り付け出来ないから。
レギュラーのギブソンレスポールにはロックピンは取り付けられますが、CS製の、所謂リイシューはピンのネジが太いものが採用されていまして。
ロックピンを付けるとなると、一度穴を埋めて新しくロックピン用のネジ穴を開けなければならないのです。

いや、お店に頼めばいいだけの話なんですが、あいにく貧乏人ですので。。
もしかしたら手放さなければいけない時が来るかもしれない、と考えると、なるべくオリジナルのままにしておきたいのです。


で、ストラップを使い回すとなると、当然ロックピンを付けていると使えません。
なので全てのギターを普通のピンに戻し。どのストラップがどのギターに合うかなぁ?なんてやっていました。
しかし、ここで私はやらかしていたんです。ロックピンを付けているストラップの穴を、広がる加工をしていました。



これじゃ使えないじゃんか。。



割りかし(自分の中では)高額なストラップとかもあったのですが、それらが使えないという。
過去の自分を呪いながら、新たにストラップ探しを始めました。

不幸中の幸いなのか、PRSのストラップとライブライン畳縁の2つは穴を広げる加工はしていませんでした。
畳縁のストラップはPRSコリーナ専用にして、ペイズリー柄のストラップはPS専用にしました。


残るギターはブルーフェイドのPRSとレモンドロップのレスポールです。



初めは黒系にして、無難な感じで使いまわそうかと思いましたが、何度もストラップを付けたり外したりを繰り返すと穴が緩くなってしまい、ストラップが抜けてギターが落下してしまう可能性があると思いまして。

やっぱりそれぞれにストラップを付けておこうと。
Amazonやら楽天などで検索してみました。



う〜ん、ピンからキリまでありますね。
あんまり安い無メーカー物はちょっと怖いので、とりあえずストラップ専用メーカーから見てみます。
条件としては、

1. 長さ調節が簡単に出来る
2. 留め具はプラスティック
3. オシャレ!


そうすると、本革などのストラップは候補から外れます。
長さの調節とかめんどくさい物がほとんどなので。それに留め具も金属製の物が多数。
あと、値段が比較的に高い。


とりあえず定番のアーニーボール。


FA633C67-B043-4335-AAFC-51F1EE1758D2.png

エリック・クラプトンなどの使用で有名ですね。
カラーも様々。

6CB73905-A2F5-4EEF-9EA9-B1E9C053BAB7.png

定価はボッタクリ価格ですけど、店頭価格はかなり安いです。


欠点として、かなり滑る。それと厚みが無いので肩に結構来るものがあります。



1561ABBF-66F9-4CA9-A76E-6973B098D85C.png

PRSのペイズリー柄の物もこんな感じです。ジャカード?ジャガード?
こういう感じのストラップはいいなぁ、と思いましたが、アーニーボールからは出ているのは好みではありませんでして。


3CC2B88D-0D3B-487B-9A50-8C42E134A11D.png

アーニーボールのHPを見てみたら、こんなストラップも。
本革なのにプラパーツ、調節簡単!こんなのあったんだぁ、いいかも。と思っていたんですよ。


09FDA574-49F6-4006-B2E5-42F4BC1CAC09.png

高いわ!


はい、次に行きましょう。


とは言うものの、そんなにストラップって無いんですよね。
選り好みしているから少ないだけなんですが。


そんな中、激安になっているストラップが!



8377C346-5BEF-43B1-A5C1-835820089BA4.jpeg

ライブラインから出ている、錦織シリーズのストラップ。そのシルバーゼブラだけが、なんと税込1900円ちょっと。
HPの説明には、


「錦織りとは、金銀糸や色糸を用いて華麗な文様を織り出した紋織物の総称で、振り袖や礼装用の帯に用いられている他、袋物や法衣、舞台衣装等にも利用されています。
現在国内に70台弱しか現存しない希少な引箔機で織り上げられる伝統の織物、最高の質感と品格を有する錦織りを、ギターストラップとして丁寧に仕上げました。
一度に生産できる数が限られるため、入荷までお待ちいただく事もございます。」


あ〜、いいですね、こういうの。
割と和風な物とか好きですので。

しかしゼブラか。。なかなか攻めるストラップですな。
でもその安さに釣られてポチッとしました。出回っている物では4000円くらいしますね。


そして商品が到着し、ランランルーな気分で開封しました。


407C95D5-2ED6-4DE3-B3D7-31FCE5CBD613.jpeg

すげー、箱に入ってる。


81A302C6-8B1C-4BD3-85D9-A4CF5C2D8980.jpeg


そして思いました。




想像していたものと違った


シルバー一色と思ったんですよ。
でも、光に当たるとキラキラしているというか。虹色に光るんですよ。



1F3A7947-A9D7-4817-A9FC-241CEBC21FC0.jpeg


5F9C451A-E8D5-4909-A434-BB58A8BABB3C.jpeg



これ、絶対にレスポールに合わないじゃん。。。
というか、どんなギターならこのストラップは合うんだ??

ついでに言うと、ライブラインのストラップは私の条件から外れているものがあります。




留め具が全部、金属。


もうね、ライブラインにはここだけはプラスティックにして欲しい。
金属の方が頑丈なのはわかります。でもこの部分ってギターの本体にガツガツ当たるんです。
PRSのストラップはプラスティックパーツなのですが、恐らくギターと接触したときに少しでも当たりを和らげるためにしているんだと思うのです。
見た目だけならプラパーツよりも金属の方が高級に見えます。でもPRSはあえてプラスティックパーツを使用しています。誰が見ても高額に見えるギターを作っているメーカーがです。普通ならピッカピカに磨き上げた金属を使うと思うのです。そっちの方が高級に見えますから。
流石、ギターが汚れるのを嫌うポール社長です。ギターに傷がなるべく入らないように配慮してストラップも作っているんですね。と、勝手な想像で語ります。


ライブラインは日本製であるにも関わらず、デザインも良いし価格も手ごろです。
畳縁のストラップもライブラインですし。

ま、取り扱いを普段より丁寧にすれば金属との接触も無いですから。
しかしまぁ、この色はどうしたもんか。。。
考えても仕方ないのでレスポールに付けてみます。



F169DDA1-81C8-4764-81EC-EEA7A718A66D.jpeg


ご覧になっている皆さんの声を言いますね。





どちゃくそ似合わねぇなぁ!



完全にストラップが浮いていますね。ギンギラギンにさり気なく無いですね。むしろ主張が凄い。



EBEDF772-8D5B-4197-824D-2FD34B622CAA.jpeg


写真撮りながら、「どうしたん、これ」って呟いちゃいましよ。


これはやっぱりPRSの方が似合うかもなぁ。
と言いながら取り替え。



57B745F9-0D7E-4FD2-93EB-2FBD03866836.jpeg







D3C8459B-5259-4F36-8EB8-E7D0637497B5.jpeg


なんでしょう。
ペイズリー柄は派手です。色味もレスポールと合ってる気がします。
するんですけど、さっきの浮かれたストラップを見た後だと、なんだか地味に見えてしまいます。


ステージで目立つのは、ライブラインの方ですね。
ステージに立つ機会があるかどうかですけど。


まぁせっかく買ったし、レスポールにはこの浮かれたストラップを付けます。
ブルーフェイドのPRSはまた次回にでも。





それでは、また〜。



ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)


にほんブログ村
posted by う〜さん at 00:35| Comment(0) | ギター小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

B'zのサポートメンバーが総入れ替えする。




どうも。


ネットを見ていたら、なにやらB'zがプチ炎上しているとかなんとか。。
どうやらサポートメンバーを一新するそうで。それに関してのことらしい。


ベースを担当していたバリー氏は、Facebookで結構なことを書いたとか。
それが波紋を呼んでるみたい。



まぁB'zがどのような対応をしたのかはわかりませんが。
例えば、何年間は契約する、みたいなことで、満了期間前にサポートメンバーから外す。とかだと相手からすればちょっと待ってよ、となりますわな。
ただ、ここのところに関しては本当に分からないですからね。それ相応のギャラを払ったのか、払わなかったのかもありますし。


でも私が思うところは、B'zは本来2人なんですよね。
他のメンバーを固定しちゃうと、楽曲に縛りが出来てしまう。というのが松本さんの意見。
だから2人だとフットワークが軽いから、色んな人と演奏が出来る。


それに、ここまで長い間サポートメンバーが変わらなかったことの方が異例ではないかと。
それだけ良いプレイが出来ていたんでしょう。
ただ、それを捨ててまで新しい人と演るのは大変な勇気がいるんだと思います。私はそこのところを凄く評価したいです。なんか上から目線ですけどw

バリー氏はどうしたんですかねぇ。B'zにずっと面倒を見てもらえると思っていたのでしょうか?
長年やってきたから解雇はないだろう!って事なのかもしれませんが、こういうのも何ですが、ビジネス的なことも考えなければいけませんから。
B'zとしても、何か新しい風を入れたいのかなぁとも思います。


正直、ドラムのシェーンが変わるのは寂しいですが。黒瀬さんも良かったですねぇ。
常に新しい物を取り入れているB'zですから、31年目という節目でもあるのでメンバーを変えるのにはちょうど良かった時期かもしれないです。







それでは、また〜。



ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)


にほんブログ村
ラベル:B'z
posted by う〜さん at 23:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

PRS トーンノブを回すとガリが出たので処置。




どうも。



PSを弾いていまして、トーンノブを回したところ、「…ガリ…」とささやかながらノイズが出まして。
トーンはそんなに弄らないんですけれど、ガリが出るのって嫌じゃないですか。
他のギターはガリノイズはありません。やっぱりケースに入れっぱなしはギターにはそんなによろしくないんでしょう。
てか、定期的に弾けば問題ないんですけど。汚したくないんですよねぇ。



あまり弾かないギター、とは言え症状が出ているのに放置するわけにも行きません。
ここは接点復活剤を吹き付けます。

9D17F0F5-3F9B-4EFC-A021-F1553E5F05E8.jpeg

5-56の方が有名です。が、あっちは潤滑剤なので。



まずはギターを裏返しにして、キャビティカバーを外します。


そして、ポットの隙間にかる〜く吹き付けます。


91B12C0C-5D1D-4B74-8363-2392E1E6C19E.jpeg

ブシューッと勢いよくすると飛び散りまくるので、ほんと軽く押します。


ついでにボリュームポットの方にも。。



吹き付けたら、ノブを左右に回します。
グリングリン回します!

最後にアンプから音を出してみて、ガリが出ないか確認。
おぉ〜、ノイズが無くなりました。
小さな音でアンプから音を出しているときはそうでもないのですが、音量が大きいときにガリノイズか出ると結構驚きます。
なので、少しでもガリノイズが出たときには早めに対処しましょう。


ついでなので他のギター達にも接点復活剤を吹き付けます。
ポットだけではなく、スイッチの接点にも吹きかけ。。。


カスタム24、マッカーティはノブの操作性は変わらなかったのですが、レスポールが割と変わりました。
今まではノブの操作が固めでして。CSってこんなもんなのかぁ。と思っていましたが。
接点復活剤を吹き付けると、少しだけ回すのが軽くなりました。
PRSのノブが軽いというのもあるのでしょうが。弾き慣れてますしね。

今日はレスポールを弾き倒し。
カスタムバッカーPUは音は確かに良いのですが、やはりトレブリーですね。
それとディストーション以降の歪みだと音が軽くなってしまいます。
PRSの57/08やマッカーティPUはビンテージ志向のPUなんですが、モダンハイゲインにはPRSギターの方が合いますね。
しかし音が合う、合わないは個人の好みによるのでどれが正解なんてありませんけれど。

PRSは割りかし深く歪ませても(マーシャルJVMのOD2レッドモード ゲイン8)音の芯がしっかりしています。
アニソンとか、ポップスとかPRSは溶け込みますね。レスポールだとちょっと浮いて聞こえます。
逆にゴリゴリのロックとかだとレスポールの方が弾いていて気持ちがいいですが。


PRSでB'zをコピーしたりするんですが、レスポールに持ち変えると音がしっくりきます。
誰かのコピーをしたければ機材から揃えろ、なんて言葉が懐かしく思い出されます。。
ギターの音は指から出るものなのですが、同じ機材を使うのは1番の近道ではありますからね。

さて、明日はどのギターを弾こうかな。





それでは、また〜。



ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)


にほんブログ村
posted by う〜さん at 23:51| Comment(0) | ギターメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする