2018年04月23日

今日もアンプをバラしますよ〜。



どうも。


私が使っているブログ、「seesaa ブログ」って言うんですけどね。
なんかいろいろと新しくしたみたいでして。




めちゃくちゃ使いづらい



いやもう、なんですかねこれ。いちいち手間が増えるというか。。。
慣れれば使いやすくなるのでしょうか。





はい。ということで、アンプの清掃をかねてバラします。





549B7609-80C6-4FE9-8DB8-27CA78BFE8C9.jpeg


ミニレクチです。




93E0D8A2-CA55-4AD5-89A0-4217AF261337.jpeg

ここを外せばいいかな〜。と思ったんですが外れず。



いろいろとネジを外していたら、両脇のネジ8本外せばよかったようです。。。

E40697C8-E7A0-4D79-AE60-7642CE49BE73.jpeg
これね。



ネジを取ったら、スポーン!と上に引き上げると中身にアクセスできます。



77918B58-93FA-4203-ABC9-294BB2489F69.jpeg

はい、埃まみれですね。


これも長期展示とかされていたものなので、隙間から埃が入ってしまってます。
安い分、なにかと自分でしないといけないですね。



プリ管が5本ありますね。これで強烈な歪みを作っているのでしょうか。
ちなみに、1本離れたところにありますが、たしかSEND端子じゃなかったかな?てことは実質4本ですかね。

665F9D39-159A-450C-9120-92AABBFF523E.jpeg



7E839109-2CB5-4EB9-84CC-FA7FE934613D.jpeg


なぜかこんなものが出てきました。ショートとかしなくてよかった。



BF49C4E0-9136-4B1D-95DB-CDE43263F0DD.jpeg


基板部分ですね。



U.S.A製の部品とか多数ありました。CHINA製のもありましたけどね。
こういう部分の部品の良し悪しが音に関係してくるのでしょう。



各部の清掃をしてから組み上げて完了です。
埃は真空管の隙間から入り込んでしまい、色々なトラブルを引き起こします。
チェックも兼ねて、たまにバラしてお掃除してあげましょう。



お次は6505MH。



152B28C0-D4E2-4CF6-BB42-4E4C6B84D872.jpeg


こっちもなんか変わってましたね。


アンプって、裏面のパネルを外して、底のネジを取ったら大体中身を出せるんですけど。



6505MHはそれでもシャーシが取れませんでした;



ゴム足も一緒にネジ止めされているのかもです。
なので、こっちは裏のパネルを外して手の届く範囲でお掃除です。




890F224D-15D8-4693-A548-C1CCBB759EEE.jpeg



やはり埃がうっすらとですが積もってました。



0F9EBAF0-746F-42CB-A344-7D9BC327C89A.jpeg


54C7A434-0E11-43D9-B0F9-933069B25050.jpeg

パワー管、プリ管ともにJJ製の物が付いてました。
こちらも特に動作不良はありません。



このアンプは中国製ですが、真空管はちゃんとしたメーカーのものが載せられていました。
それを考えると、H&Kのアンプはやっぱり割高感がありますね。

歪みは各個人の好みなのでどちらがいい、とは一概に言えませんが、H&Kの方はハイフレットの音がペケペケいいますね。
音が痩せている印象です。6505MHはそんなことはありません。どこまでもハイゲインですw
マーシャル系の音が大丈夫な方でしたら、6505MHをオススメします。もっと重低音!ってなると、レクチですね。

6505MHの音は中域から広がるような音ですので、重低音はレクチに比べて控えめですね。根底にあるのがエディのブラウン・サウンドですし。




ということで、アンプの清掃でした。
どのアンプも音の違いがあるので、楽しいですね。とりあえず、6505MHが使いやすく感じました。

マーシャルのDSLシリーズをオススメしてましたが、マーシャルに拘りがなければ、6505MHの方がいいかもです。音もDSL1より格段に良い音出しますしね。




それでは、また〜。





にほんブログ村
posted by じ〜の at 23:49| Comment(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

祝300投稿目。



どうも。


今回で投稿が300となりました。

飽き性な自分がここまでブログが続くなんて。
これもブログを見て頂いている皆様のお陰でございますよ。ありがとうございます。




ということで、へったくそですがギターのプレイ動画をあげてみました。



今回の曲はμ’sから「START:DASH!!」です。



この曲は割と簡単な部類に入るので、ギター初心者さんにもオススメの曲でございます。
楽譜もありますしね。




はい。題名通り、ソロを間違えて弾きました。たまに弾く程度ではだめですね。ちゃんと練習しないと・・・。



誰も興味ないと思いますが、機材です。

ギター:PRS カスタム22ローズネック
アンプ:マーシャルDSL1 2018
キャビ:H&K TM112
エフェクター:レクティークCLHD、プロブースト

iPhoneで撮影しています。


今後も気が向きましたら動画でも取れればと思います。





それでは、また〜。


posted by じ〜の at 20:52| Comment(0) | ギター録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

2525H、モディファイへ。




どうも。



早速、2525Hをモディファイへと出しました。



いやぁ、アンプの改造とか、なかなか行っているショップってないんですね。




まずは近場で探してみて、コンタクトを取ったりしたんですが。
その中で頂いたお返事で、ちょっと気にかかりまして。


自宅で使うアンプ、20wクラスの。


こういうのって、弄る価値がないのでしょうか?


「ライブで使うようなものじゃなく、家庭で使うアンプに、それも希少価値のあるものでもないアンプに大金をつぎ込むのはいかがなものかと思います。」


てなこと言われましてね。


いや、まぁ。そりゃ50w〜100wクラスのアンプが音がいいんでしょうけども。
でも、あんなデカい物を家でなんて持て余しすぎますよ。音も筐体の大きさも。


で、まぁ、手当たり次第に連絡してみたんですが、どこもあんまりいい印象がなくてですね。



その中で、とても詳しく改造内容を提示してくださったショップがありまして。
メールでのやりとりも時間掛かるなぁ、てことで電話してみました。


とても感じのいい、話しやすいお方でしてね。


しかも、100wだけどジュビリーを何台か弄ったことがあるとのこと。
どういう音にしたいのか?どこに不満があるのか?とても細かく聞いてくださいまして。


もうね、この方にお願いしようってことで、依頼しました。
とりあえず、出したい音の傾向からして、ジュビリーを選んだのは正解だったようです。そういうことを仰ってくださいました。
それと、さっきの話ですが、小型アンプを弄るのは価値が無いのでしょうか?と聞いたところ、

「みんながみんな50w〜100wのアンプを所有できるわけではないし、弄る価値がないなんてとんでもない。
小型アンプは全然ありですよ。しかもジュビリーは私個人が思っていることですが、マーシャルの隠れた名器だと思いますよ。
現状、不満があるからモディファイする。これはギターも同じですよ。それを言うなら超高額なギター以外は弄るのは勿体ないというのと一緒ですしね。」


なんて、優しいお言葉をもらいました;

しかも、改造内容はもしかしたらボリュームを追加するだけでいいかもしれないとのこと。
真空管の追加は大きさ的にもコスト的にもやらなくていいと。あとは中の抵抗を数個変えるくらいで済みそうとのことです。


いくつかのお店から連絡して見積もりをもらった金額の半分以下でした。
たまには自分の直感を信じてみるもんですね。


とはいえ、まぁモディファイされてませんので分かりませんが。


ボリューム追加でどれだけ歪んでくれるかですよね。私は結構ゲインを高めにしますので。
違うお店ですが、カスケード接続したマーシャルの参考動画をあげているのがあって聴いてみたんですが、結構歪むんですね。

依頼したお店のかたも、JTMだったかな?とりあえず800より前に出たマーシャルを同じようにしたのがあるみたいんですが、試奏するお客さんみんなが、「すごい歪む」と仰るそうです。


まぁ折角ですので、最大まで歪むようにしてもらいましょう。



いつ頃になるかは、不明です。5月の連休の日にちをお知らせするメールが来たので、それくらいは過ぎてしまうのかもしれません。


完成まで気長に待ちましょうかね。



それでは、また〜。





posted by じ〜の at 22:53| Comment(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする