2020年01月31日

Riversong guitars。




どうも。



まだシマムーからは連絡はありません。
絶対に忘れてるパターンですね。明日、メールでも入れときますか。
「連絡遅いからSugiギターに興味なくなった。」とでも送るか。。

ま、仕事が減るからいいでしょう。概算見積もりに他店舗からの取り寄せ。。めんどくさそうですからね。



それからprovisionギターのkarakusaですが、ヘッド表面は綺麗に治ると。側面の部分は若干色が濃ゆくなってしまいますが、この修理で大丈夫でしょうか?的なメールが来ました。とりあえず連絡が早いです、プロビジョンさんは。

ヘッドの頂点なんか普段見ないし、全然構わないです〜。と返信。
それから12Fのドットの入れ替えですが、なんとサービスでして頂けることに。
ご迷惑をかけたお詫びとしてサービスでさせて頂きます!ですって。

いやいや、迷惑かけたのは多分、販売店だと思う。乾燥のさせすぎですね。指板がめちゃくちゃカサついてましたし。
家に置いてたらバリも少し無くなりましたから。
ギターを作っている所がちゃんとしてても、販売店が適当だったら工房がかわいそうです。


数週間は掛かりますが、その代わりに完璧になって戻って来ると思いますので楽しみに待つとします。




話は変わって、エレアコ。


弦がナットの溝に完全に入り込んでいるので、今回はこれを解消しようと思います。


8258158C-4E07-41B4-8DFB-7C8121C21B90.jpeg

A86D22D3-CF9A-4709-8C51-F3E4E815E435.jpeg

セオリーでは弦はナット溝より出ている方が良いと。
ちなみに素材はタスクです。サドルもブリッジピンも。
人工素材を使って少しでも個体差を無くそうとしているのでしょうか。作りもそうですが、とにかく合理的に設計されて作られたエレアコですね。


私はタスクの音はあまり好きではないんですよね。なんか高域がうるさいというか。
なのでブリッジピンを先に交換しました。素材はココボロです。


1551EE7A-10C7-4A0B-BC1E-34C25FDD36FB.jpeg

これは純正状態。楽器全体の色味がぼんやりしているので、ここにエボニーを使うと色が浮いてしまう感じがしたので、ココボロです。


5002BA2E-D531-4703-8883-3794DB798306.jpeg

ローズウッドも良かったのですが、以前のアコギにココボロを使ったら好みの音になったので。
今回もそんな期待をしながら変えました。
結果は音に暖かさが加わった感じです。タスクだけだとキンとした音なので。


近々ナットとサドルも変えようと思います。ただ、自作はちょっと厳しそうなので、その時はいつものリペア屋さんに作ってもらおうと思います。



その前に出来ることをやっておこうと。とりあえずヤスリでナットの上を削っていきます。






タスクはかなり削れるので調子に乗ってガリガリやってるとあっという間に高さが足りなくなってしまいますので要注意です。
作業性がいいのは助かるんですけどね。


削っては弦を置き。。。数回繰り返して、まぁこんなもんだろうってとこまで。



9A15DB44-5064-4CB8-A150-F83E434C1836.jpeg


PRSとかはわざとナットに弦が入り込むように作られていますが、果たしてこのエレアコはどういう意図なのやら。
音の方はあまり変化はありませんでした。巻弦の音が前に出るようになったかな?程度ですね。たぶん音は変わってないです。



自分が出来ることはここまでです。あとは時期を見てリペア屋さんですね。
現状でも出音は悪くないので、そのままかもですけれど。その前に弦のメーカーを決めないといけないです。
今回は出荷時に最新のダダリオを張って送ってくれました。コーティングのやつですね。

初めは「ダダリオもこのギターなら悪くないなぁ。」と思ってましたが、1週間経たずに錆やがりました。
もうね、6弦の音がモゴモゴしだして。。ギターが悪いんじゃないか?と思いましたけど。
ピラミッドの弦に変えたら凄くクリアな音になったので、弦が死んでただけでした。
う〜ん、ダダリオの弦とはとことん相性が悪いですね。高校生の頃からダダリオの音は好みではなかったのですが。20数年経っても変わらないもんですね。


ピラミッドの弦は、比較的柔らかいです。エレキと同じで、とても上品な音がしますね。
耐久性はまだ分かりませんが、まぁ普通の弦なので2週間くらい保てばいいですかね。買ったお店では数ヶ月は大丈夫だった、と書いてましたが、まぁそれは無いでしょう。


次に張るのはアーニーボールのエバーラストです。ピラミッドも良いですが、もうちょっとパンチのある音が欲しいので。




Riversong guitarsのアコギは、たぶん日本だと受け入れづらい感じですね。伝統的な手法はあまり使っていないので。
でも音を出してみると、不思議と普通のアコギの音なんですよね。製造法や見てくれだけだと、どうしてもぶっ飛んだ感じがしますから。
実際は細部まで考え抜かれたデザインで、抱えやすく生音も充分響きます。アンプからの音もピエゾのみとは思えないほど生感があります。
試奏はタダなので、ちょっと騙されたと思って試してみてください。








それでは、また〜。



ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)


にほんブログ村
posted by う〜さん at 01:13| Comment(0) | アコギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月27日

色々と詰め込んだエレアコ。




どうも。



コメントの方で、新しくギターを買われたとご報告を受けまして。
いやぁ、なんだかこっちまで嬉しくなりますね。新しいギター、ワクワクでしょう。
弾き込みまくって下さい!




さて、私の方は特に進展はありません。
島村楽器からは今日も連絡はありませんでした。まぁ、もう買う気は失せたのでいいんですけど。
ちょっと新しいギターで浮かれてましたね。そう考えると冷静にさせてくれたのは逆にありがたかったかも。
やっぱりね、ネックが太過ぎです。いまだにこんな太いネックのエレキギターとかあるのか…と。
ただ、多少なりとも音に影響はしているので、Sugiギターの特徴なのでしょう。そう考えると自分とはあまり相性はよろしくないですね。

ギターとしての完成度は本当に凄いです。最終的には好みになるんでしょうね。



karakusaの方は社長さんが月曜日まで出張だそうで、現物を見るのは火曜日になりますと連絡してが来ました。
逐一メールで状況を教えてくれるので、今どうなってるんかなぁ?と不安にならずに済みます。
ついでのお願いで、12Fのポジションマークについて聞きました。シェルの向きが悪いのか、2つあるドットのうち1つが目立たないんです。
ギターを構えた時に見ると真っ黒になって見えなくなります。


EDCA782C-F3DD-4C2D-A0C3-5C05D63EF9C4.jpeg

6AB9F111-3667-46E4-9B53-C9D455719E8D.jpeg


これはこのギターの唯一良くないところです。
せっかく作りがいいと言われる国産ギターなのに、もったいない。なので手直しは出来るかお聞きしました。
いくらぐらい掛かるのかなぁ。。




で、実はギターはもう1本あったりします。
また買ったのかよ?!と思われるでしょうが、私はどうやら買い物依存症のようです。いつも行っているクリニックの先生に事情を話したら、うつ病になってる人には多いと聞きました。こっちの方も少しずつ制御出来る様に訓練していきたいと思います。
とりあえずデジマートのクレジットカード情報は抹消しました。あと奥様に厳重なるカードの管理もお願いしてます。

いやもうほんと、自己嫌悪しかないですね。。



とまぁ、そこまでして買ったギターはエレアコです。


アコギは終わったんじゃないんかい!っとまたツッコミをされそうですが。
終わったと思ったんですよ。でも生ギターなのでライブをする時にマイク立てたりセッティングがめんどくさくて。おまけにマイクから少しでも離れると音が聞こえない。
やっぱりエレアコが便利だよなぁと。それとヒストリーとハス&ダルトンのアコギは、音はいいのですがどうもしっくりきませんでして。
早い話、好みの音ではない。
エレキギターと違い生ギターは素の状態の音が全てですから。EQで補正しまくったら変な音になりますし。
そんな事でして、手持ちのアコギを売っちゃおうと。それでエレアコ買おうとなりました。


ただ、そんな簡単に売れるわけでもなく。しかし良さげなギターは出てくる。。
なんならチェックしていたギターがどんどん売約済みとなり…。
あれ?どこかで監視でもされてるんかな?てくらい売れていきました。。


まぁみんな考えることは一緒なんでしょうね。


ちなみにオベーションとか候補にあげてました。近年の安いモデルです。
ボディが小柄で抱えやすい、見た目は良い、ハイポジ弾きやすい、エレキに特化してる。そんな訳でオベーションでした。
タカミネは最初に買ったエレアコでしたね、なのでもう所有しなくていいかなと。

ヘッドウェイのJTシリーズとかも良いなぁと見てました。



そんな物色している時におじ様から電話がきてギターの話をしたのですが、

「いやいや、う〜さんはそんな価格のギターだと絶対に音に満足しないからやめといた方がいいよ。もっとグレードの高いエレアコにしときな。」


と言われまして。まぁそれがあるんだよなぁ。いくらアコギが本職ではないとは言え自分の中での最低限のラインは超えていないと弾きたくなくなります。
割り切ればいいんでしょうけど、ライブのことを考えると少しでも良い音に聞こえるギターにしておきたいです。



そして探しました。まずは有名どころのギブソン、マーティン 、テイラーを外し。。
国産も見ました。が、心惹かれるものはありませんでした。いや、あったけど高過ぎです。。

近年ではよく聞くオーストラリア製のギターも見ましたが、あれは私の好みではないですね。バリっとしてて音が凄く明るく感じました。
こうやって探すとギターって途端に数が無いんですよねぇ。



で、見つけました。昔ながらのアコースティックギター。それに斬り込んだメーカーを。




「Riversong」


44668C17-020E-4C58-9CF8-A14CDDA0B4FB.jpeg


こちらはカナダのメーカーです。ハンドクラフトでギターを製作されています。
まぁハンドクラフトってどこからどこまでなのか不明ですけどね。


とにかくこのギターの構造が凄い。



ボディ下部のネジを回すとネックの仕込み角度が変えられるという。
今までだとネックを外さないと出来ない作業でした。でもこれは六角レンチだけで調整可能。


3EFE7508-6C94-4AEB-AD8C-944710CD6779.jpeg

B434C09E-8326-46B0-9B82-9D8DEA2DAF85.jpeg

ボディエンド部のストラップピンが角度を表示してくれます。


グリグリやってみましたが、面白いくらいにネックの角度から変わります。
弦に引っ付いて音が出なくなったりとかも出来ました。


1306B099-3007-4612-82DB-DE5490A5B322.jpeg


PRSを伸ばしたみたいなヘッドです。弦をストレートにする為ですね。それと長くすることでイントネーションも考えられているのかもしれません。
面白いのはペグで、各弦でペグのギヤ比が違います。


もうとにかく突っ込みどころ満載なエレアコです。


詳しくはHPをご覧ください。日本語で丁寧にギミックの説明をしてくれていますよ。



音の方は賭けだったのですが、今の自分が欲しい音でした。低音は強調せず、でもしっかり響いて、中域はほどほどに高域が煌びやかな音色。それとプレーン弦を弾いた時に粘る音が欲しかったのですが、このギターは粘ってくれます。
見た目と各種ギミックにどうしても目が行きがちですが、出音は普通のアコギなんですよ。個人的にも、とっ散らかった音な気がする、と思っていましたが、拍子抜けするほどアコギでした。

トップはシトカとイングルマンの自然交配のものて、サイドとバックはブラックウォルナットです。わざわざ
AAAと表記されているのですが、なるほどうっすらと杢目がチラついてます。

0BF1B04C-02C0-473B-8439-4348DCA0F530.jpeg


ABC6D9D2-EE2B-47F5-AE5E-0C798CECCCFC.jpeg


トップ材も見た目はなかなか良いです。

ブリッジ、指板もウォルナット。ヘッドストックの突き板もそうでしょう。
ネックは3pのメイプルです。これがめちゃくちゃ細身。アイバニーズ に似ている感じがしました。
細いし薄い。


まぁまだまだ面白い加工をしているので、是非ともHPで確認してみてください。



9B570CAC-1DD9-48C6-B465-23A4BE240C65.jpeg

B9237D61-3FA9-4F4D-AE6E-B2F2C0207692.jpeg

577C2FF8-7A98-4AC8-9D12-901C2EDDB1DB.jpeg

9E2589BC-1731-4B5A-BA33-BD7B1051963C.jpeg

CDA10444-60EF-4F01-A9E2-3CEA9C8297EC.jpeg



いやぁ、こうやってみんながあまり使っていないメーカーの物とか探すのは楽しいですね。
たぶん、先を行き過ぎたアコギなのでしょう、大特価で売られています。このモデルの他にドレッドノートもありました。

伝統工芸も大事ですが、いろんな方向に進化していくのもまた大事です。
もうキリがない感じがしたので、エレアコはこのギターで終わり!次買うってなったらこれ売ってから考える。
ギターの本数は増やさない。増えたらどれか減らす。これを守っていこうと思っています。


しかしまぁ、新年早々、MNGが2本とは。。先が思いやられそうです。









それでは、また〜。



ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)


にほんブログ村
posted by う〜さん at 03:17| Comment(2) | アコギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

島村楽器から全然連絡来ないからSugiギターへの興味が薄れた。




どうも。



とりあえず連絡来ないです。
見積もりはNAMMに行ってるから時間掛かるのは分かりました。
他店舗のSugiギターが取り寄せできるのかと言う連絡が来ません。出勤日が木曜日で、その時に確認してすぐ連絡します。とメールが来たんですけどね。

うーん、なんかモヤモヤする。
正直、試奏してみて好感触だったらギターをいくつか下取りに出して買おうと思っていたのですが。
およそ40万円。まぁ、結構な金額ですよね。

それで連絡が無いからもう印象が悪くなるだけですよねw


あと本当にSugiギターでいいのか?という疑問が。


試奏したギターは確かに良かったです。
でももうちょっとなぁ、という部分も少なからずありました。

まずネック。国産ギターとは思えないほど太いです。いくつか選べるのか、Sugiギターのスタンダードなのか分かりませんが、'58レスポールよりほんのちょっと細いくらい。なんなら最近のギブソン レスポールSTDのネックの方が細いです。
仕上げは決して悪くは無いのですが、手に吸い付く感じはあまりしませんでした。良いネックシェイプは多少太かろうがフィンガリングしやすいです。
ずっと弾いていると慣れはしますが、細く出来るならそっちの方がいいです。


ボディシェイプは正直かっこいいと思えません。というか、何度も書いてますが国産ギターのシングルカット(?)のオリジナルシェイプのギターってどれもダサいです。。


Sugiギターは実物を見ると、画像程、悪くは無いなぁって感じで、それでもかっこいいとは思いませんでした。
所有すると見方は変わるのかもしれませんが、第一印象は大事です。


あとはコントロール関係が5wayセレクター。
2ハムの配置は良いです。ただ5wayもセレクターは要らない。。それならトグルスイッチにしてプッシュプルか、個別にミニスイッチにして欲しい。
音色を切り替える時にパパッとしたいんです。センターにするのに確認しながら切り替えないといけないのでやり辛いです。



とまぁ、個人的にはわりと重要な部分が不満なんですよね。
そんな訳で連絡が来るまでに色々と考えると、そんな欲しくないなと。


で、そこまでの金額出すならmomoseギターでオーダーした方がいいかもって考えに。
というのも、その店員さんがとてもディバイザーさんと仲がいいらしく、ベースを数本作ってもらったりしているそうなんです。
他にもお客さんのギターやらベースやらもその人を通してオーダーしているので、ディバイザーの人でこの店員さんを知らない人は居ないほどだそうです。


それにmomoseは他メーカーに比べてギターの価格が安いです。これは質が悪いとかではなく、ただ単に安く設定しているそうです。儲けを考えてないって言ってました。
て事は、momoseでオーダーしたら、元々の低価格に加えて、その店員さんの紹介という事で何かしらしてくれるかもしれないという下心が。。


いやぁ、勝手に夢が膨らみますね!
もしオーダー可能であれば、シェイプはPRSにしてもらいます。なんだかんだ言って造形が美しい。ハイポジも弾きやすいです。
レスポールシェイプで裏側はハイカットなんて考えもしましたが、もうレスポールはあるからいいか?と。
テレキャスもkarakusaがありますし。それならPRSシェイプのギターが欲しいなと。

ボディ厚はマッカーティか、もうちょっと厚めで。スケールはギブソンスケール。22F。PUは手持ちのバーストバッカー2&3。トグルスイッチはレスポールの位置。コントロールは1V1T。キルトメイプルトップにマホガニーバック。ネックもマホガニー(欲を言えばカーリーマホガニー)、指板はココボロとか。
トレモロは要らない。重量は3.5kgくらい。


こんな感じで作って欲しいなぁ。カラーはシースルーブルーバースト系で。


とりあえず連絡待ちですな。





ちなみにオーダーしたストラトはこの2本だそうです。



81BCDA8A-77F2-470E-8D7A-A7E4C32ACDF8.jpeg


手前のネック材が凄い。。



8E5C07C8-6CCA-4191-8349-8A3C51D0C7F6.jpeg

1EDEB9C5-6A22-416B-B16D-B059BFD0B9E6.jpeg

C5AFAA3D-A340-49E0-8E4C-55A9389BA1C3.jpeg


いやぁ、こんな木材使ってあの値段ですよ。。
オーダーしてみたいですなぁ。











それでは、また〜。



ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)


にほんブログ村
posted by う〜さん at 00:41| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする