2020年02月28日

「ジャズカフェ」P-90+セミホロウの洗礼を受けた。




どうも。



水曜日は恒例のライブ&セッションです。




29CDBC01-4C9D-4126-9629-BE4C03AEF477.jpeg

ホストはTサックスの宮崎華子さん。ピアノの渡辺大樹さん。ベースの大場哲郎さんです。
ジャズのスタンダードを演奏されてます。



3A52507A-0696-49FE-A3E4-79FFFDFA4BFD.jpeg

小柄な女性なのですが、中々渋い音を奏でます。
見た目と音のギャップがまたいいのでしょう。

この日は「いい日旅立ち」を演奏しましたね。1年くらい通ってますが初めて邦楽を聴きました。


曜日の兼ね合いもあるのでしょうが、お客さんは自分たち以外だと1組か2組とかですね。
なので伸び伸びと自分達も演らせてもらってます。
セッションなんですが、ジャズはほとんど弾けないので持ち曲の演奏になりますが。。
で、いつも1人でギターインストでもやろうかなぁと思うのですが、演奏する勇気が無くてですね…。もうジャズとかの空気になってるので場違いも甚だしいというか。。

華さんとの約束でいつか演奏します、と言って1年くらい経ちましたね。
ということで、この日はもう覚悟して行きました。お客さん居ないといいなぁなんて不謹慎な事を思いながらw



まぁそういう日に限って居るもんなんですよね。しかもご高齢。。
前半はホストの方達の演奏で幕開け。もちろんジャズのスタンダードナンバー。ご夫婦で来店されていましたが、演奏毎にめちゃくちゃ喜んで拍手をされてました。

うん…この空気を壊してしまうんかぁ…。
と思ってやっぱりやめておこうと。



後半は自分たちが始めに演らせてもらって、いつも演奏しているナンバーを。
その後、メンバーのおじ様が弾き語りをして。。


もうその間に頭の中で凄い葛藤ですよw
やると決めて色々と道具も持ってきて、セッティングも出して、今日も何もしないまま帰るのか、と。


おじ様が終わった瞬間に、手を挙げてステージに行ってました。



もうね、やっぱり爪痕残しておかないとね。自分のルーツであるハードロックを。
準備しながら「場違いとは思いますが、自分がいつも弾いているハードロックをさせていただきます!」と言ったところ、ご高齢の夫婦から、「おぉ!ハードロック!いいねぇ!」と意外な反応が。

「まぁハードロック知らないけどね!がはは!レッドツェッペリンくらいしかわからん!」


なんとまぁ受け入れてくれました。今から弾くのはB'zの松本さんのソロですけどねw


「B'z?う〜ん、わからんなぁ。」
「あんた知らないの?稲葉さんと松本さんよ。」
「うん、知らん!」
「ウルトラソウルとかよく流れてるじゃない、ねぇ?」


あ、奥様は知ってるんですね。やっぱりB'zスゲェな。



曲は迷ったんですよね。ソロライブの音源を流しながら弾くんですけど、最後の「GO FURTHER」と「#1090」の2曲。
ウルトラマンからブラックジャックに繋がる部分とどっちやろうかなぁと。

初めに激しいのをやっていたら後々の曲もやりやすいかなと思ってウルトラマン〜ブラックジャックにしましたが。



ちなみにカフェにあるアンプだと全くゲインが足りないのでエフェクター持っていくか迷ったのですが、自宅練習用のBOSS刀ミニのみという、かなり舐めきった機材でやりました。
もちろん、音量はあの小さなアンプからだとたかが知れてるのでマイクで音を拾って。



ギターはカラクサで。シェクターにしようか迷ったのですが、見た目的にはカラクサの方が合ってるかなぁと。



アンプの電源入れてチャンネルを1番歪むやつに切り替えて。。
ゲインを3時くらいにして音量をグイグイ上げると、




ヒア〜〜〜〜〜〜〜〜〜


やべ、めちゃくちゃハウリングしてる。でも歪みを落とすと曲の雰囲気が変わっちゃうからなぁ。。
それとノイズが凄い。。あ〜、これがシングルPUかぁ。なんて感心してましたが。

こりゃちょっと演奏どころじゃないぞ、と。てかこんなハウルの?ノイズもこんな出るん?て感じでした。
普段からソリッドボディにハムバッカーのギターばかり弾いてきたから、マジかこれ?ってなりました。



嘆いていても仕方ないのでとりあえず音源を流して。。
ササッとボリュームの調整をして、いざ!




まぁ、うん、なんとか音楽にはなってたと思います。
無音の箇所があまり無い曲だったので弾いている時はハウリングは気になりませんでした。ノイズの方もごまかしつつ。
まぁ明らかにハウッてるなと思ったらすぐにボリュームを絞ったりと対処しました。半分くらいまでボリューム絞るとハウリングもノイズも気にならない程度になったのが幸いですかね。

この辺の操作は普段家で練習している時にやっていたほうがいいですね。自分のギターはボリュームをどれくらい絞ったらどんな音が出るのかとか、トーンもどれくらい効くのか?という事は最低限、把握していないとステージで調整が出来ません。
どれくらい冷静にステージで演奏出来るか、ですね。自分は人前で演奏するのに特に緊張とかしないので、ギター側の調整はもちろん、アンプのツマミも弄ったりしてます。
たぶん、あかね貰ったりして演奏していないので、単純にプレッシャーが無いだけですけどね。とは言え、ステージに上がって演奏する以上はミスせずかつエモーショナルに弾くように心掛けています。これは専門学校の時に先生が教えてくれた心構えですね。「ステージに立って演奏する以上は気持ちはプロでやりなさい。」ってよく言われたなぁ。



そんなこんなで2曲、無事に終わりました。内容としては60点ぐらいでしたけどね。。まだまだ精進が足らないのを痛感しました。
それとやっぱりギターに慣れてないですね。どちらにせよ弾き込むしかありません。



終わった後に華さんから「めちゃくちゃかっこ良かったです!」と言われたのが救いでしょうか。他のメンバーさんからも「ほおぉ〜。」と漏れ出る声を聞き流しませんでしたがw

松本さんの曲は初めて聞くものでもメロディが分かりやすいので良いですね。そう、自分の演奏が上手くできたとかではなく、完全に曲のお陰です。松本さん、ありがとう。



ということで、やっとこさ約束を果たすことが出来ました。次はマイケル・シェンカーでもやろうかなぁ。あ、Mr.クロウリーもいいかもしれない。ギターソロがかっこいい曲を選ぼうかな。


次はちゃんとエフェクター持っていってカフェのアンプを使わないと。。ケンパーとキャビを持っていくのはかなりダルいんですよね。2局くらいしかしないから。あ、それならフロアタイプのケンパーとかいいなぁ。



しかし、いつの日かギター1本だけ持っていって、その場にある物だけで音を出して聴いている人を唸らせたいですね。
結局はギターが上手い人ってどんなものでも自分の音にして出しますからね。そんなギター弾きになりたい…。





DC9F58FC-7878-489D-BC1E-A8318CFBCEEF.png


演奏している時の動画を撮りたいですね。なんかビデオでも探そうかな。












それでは、また〜。



ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)


にほんブログ村
posted by う〜さん at 02:09| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

数年経って音はどうなったのか。




どうも。



カラクサとシェクターの影響でレスポールの稼働率が下がりました。
と言うか、ほとんど触ってないです。。

レスポールを弾く時って、何故か気合を入れないと弾く気にならないんですよね。
ついついカラクサに手が伸びてしまいます。やっぱり軽いって重要ですよね。
レスポールも重たいギターではないのですが。プロビジョンの社長さんからも、「3.7kgはかなり軽いレスポールですね!」と言われましたし。


そう、重さで言えば我が家のレスポールは決して重たくないんです。シェクターより気持ち重たいくらい。
それでも中々弾こうと思わないレスポール。何故なんでしょうね?



まぁでも一度弾き出すと止まらないギターではありますが。音を出すたびに「これこれ!この音!」という風になります。
ピッキングした瞬間のグジュッ!とした音はギブソンならではですね。この音は他のレスポールタイプでも聞いたことがないです。
ザラッとしているのに粘っこい音がギブソン レスポールですな。


オリジナルバーストとヒスコレを聴き比べたりしていますが、やっぱりバーストとは音が違いますね。と言うかバーストでも音が様々でして、完全に好みの範疇かなと。
録音環境や弾く人で音はかなり変わるので比較にはなりませんが。

それでもヒスコレは近い音がするかなと。ちなみにレギュラーのレスポールだと全然音が違いますのでご注意を。これは音が悪いとかではなく音質が違います。でもこの日本で良い音がするレギュラーのレスポールなんかあるんかなぁ?と思いますけどね。所有したり今までも楽器店に行くたびに弾いたりしてますが、まぁ音は良くないかな。ギブソンの音は出ますけどね。最低限のラインは超えていますが、型落ちや長期在庫とかでの特価価格で買えたら良いと思います。出始めの価格で買うのはおすすめしませんねぇ。
しかし現代の音楽を演奏する場合はレギュラーのレスポールの方が相性がいいと思います。なんだかんだ言ってスタンダードだから割となんでもいけちゃいます。

結局はどんな音楽を演奏したいか?で選ぶと良いですね。



で、我が家のレスポールですが。製造は2017年、作られてから3年が経過しました。
弾いた時間は1年も無いです。。毎日弾いてませんでしたからね。
新品の時と比べて音がどのようになったのか、昔の記憶を思い出しながら書いてみようと思います。











何も覚えてない



まぁね、覚えている訳ないですよね。録音とかもしてないので比較もクソもないです。。
ただ、新品の時よりも音の硬さが取れてきたかなと。パリッとした音ではありますが、聴きやすくなりました。
それと前はハイがかなり出ていて耳が痛かったのですが、それも軽減しました。単に耳が慣れた可能性が高いですが。
アンプのセッティングもハイを抑えめにしていましたが、今では普通にトレブル上げてますね。


フロントPUの音も前はキレッキレだったのですが、今は丸くて甘い音になりました。



今後もどんな感じに音が変わったのか記事にしたいと思います。まぁ音源がない時点でなんも意味もない記事になりますが。。



E90EAC60-1DAF-4D2B-ABDB-D10BB3B55D6F.jpeg


ちゃんと弾いてあげよう。。










それでは、また〜。



ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)


にほんブログ村
posted by う〜さん at 00:47| Comment(0) | Gibson Custom Shop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

シェクターをプロに調整してもらった。




どうも。



やはりハイポジションの弦高に納得いかず、自分なりに色々と弄ってみました。


ネック調整したり、ブリッジの高さを変えたり。
ネックとボディの間にシムを挟んでみたり。が、どれもイマイチの結果に。
あちらを立てればこちらが立たず状態。ハイポジションを弾きやすくすればローポジションでビビリが出る。

もう訳がわからなくなってきたのでいつものリペア屋さんにお願いすることに。
行く前に連絡するの忘れてたけど。。


お店に着くとお客さんが居て、くつろいでいる感じでしたね。
店内BGMも大体ハードロック系がかかっているんですが、その日はジャズでした。


ギターを見てもらい、手が掛かりそうだったら預かりだなぁ。なんて思っていましたが。
一通り見てもらうと、「これならすぐに調整出来ますよ。」とのこと。
先程のお客さんのリペアをしているのかなぁと思いましたが、退店されてました。それならお願いします!


調整前の状態は、ネックが逆反りになっていると。あ〜、ネック動かしたわ。。これ動いてんのかな?と思って結構回転させましたね。。
国産やPRSとかはちょっと動かしただけで効くそうです。

まずは反りを直して。。そこからブリッジの調整。
あと気になる症状で、1弦が落ちるんですよね。そこも相談したら、「ネックポケットを少し削って調整すれば大丈夫ですよ。」って。個人的にボルトオンのギターでネックとボディの隙間に関しては特に拘りは無いです。シム挟んだりしてましたからね。
それもお願いします!


このシェクター、ビルトイン ジャパンなので、おそらく木工から塗装までは大陸でやっている可能性が高いと。組み立てを日本でしている物ですね。
今やコンピューター制御で正確にカット出来たりしますからね。それなら工賃が安い国でやってもらった方がいいと。
演奏性に関わるところにお金を掛けていれば問題ない感じですね。


調整後、試奏しましたが格段に弾きやすくなりました。

「もう気持ち下げれますよ。」






お願いします!



ということで、めちゃくちゃ弦高下がりました。1mmあったかな?生音ではさすがにビビリが出ますがアンプからの出音は問題ありません。
ここまで調整出来るのはやはり良いギターだから、と言われました。
フレットが綺麗に揃っている、ネックが調整出来る、ナットの高さも完璧。
「良いギター、価格が高いギターとかは極端なセッティングでもきちんと音が出ますからね。だから高い。」

なるほど。攻めたセッティングが出来るってことですね。まぁでも特別高価なギターではないんですよね、シェクター。
「この価格でよく作ってありますよ。他のメーカーが高すぎるって言うのもありますけど。。」
いや、ほんと思うんですよね。ストラト系のギターでなんであんなに高いんだろうか?って。音ももちろん良いし、弾き心地も相当に良いと思いますが、マジかよこれ。。ってギターが多いですよね。ほとんどがブランド代とか、トップの木材な気がします。。


家に帰ってから弾いてみましたが、やっぱり弾きやすい。演奏時のストレスから解放されました。。
プロに頼って正解でした。作業工賃もめちゃくちゃ安くて、なんだか申し訳なくなりました。。



FE5AA0CD-27ED-48EE-95C7-0C9E18083368.jpeg

ここにトラスロッドの調整が出来るようになってます。これはほんと便利。


A18CAFC9-C899-44DD-A294-57FFAD162E88.jpeg


FBDA7C6E-5A39-4EDE-81D5-BEDAFB79869E.jpeg


11BE5417-8122-498C-9825-D1A7435F1A2C.jpeg


ここを少し削ってもらいました。



80D81A90-8425-49FC-877B-8F6FD327E2BC.jpeg

この指板はパーフェローという物です。フェンダーとかが安ギターに使ったりしていてあまりよろしくないイメージを持たれますが、普通に100万円近いギターにも使われていました。個人的には杢目の感じやローズウッドみたいに導管がないので好きだったりします。



D039C610-12EF-49C1-8F09-85A1BA21694B.jpeg


薄いシート状のトップですが、綺麗です。ここの厚みがあるかどうかで価格が跳ね上がりますね。
値段を考えると良いギターです。高いのはもっと良いのだろうと思いますが、自分はレスポールの様な古臭いギターが好みな物で。コンポーネント系はシェクターがあれば満足です。










それでは、また〜。



ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)


にほんブログ村
posted by う〜さん at 23:10| Comment(2) | SCHECTER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする