2020年03月30日

Provisionのギターはマジでおすすめ。




どうも。


めちゃくちゃカスタム弾いてます。
音作りのポイントがわかり始めて、楽しいです。
ミドルが凝縮された様な音が好みですね。


2CA2BA8B-641F-410C-93BE-175035E0729D.jpeg



リペア後、替えの弦を持って行ってなかったので、取扱しているSITの弦が張られていました。
確か普通の弦だった気がする。。


これがまた長持ちしてるんですよね。
ギターを弾く前に手を洗う事を習慣付けしだしたからかもですが。
それとチューニングが安定してますね。流石です。
張りたてからでもチューニングが安定するのが早いので、ライブで弦が切れた時にサッと張り替えるのにいいかと。

音の方はどうなんでしょう?特にこれといった特徴は無いのかなと。
テンションというか、弦の硬さは普通ですかね。ダダリオとかと変わらない感じです。
松本孝弘さんが使用していますね。


とまぁ、リペアから帰ってきてからというもの、カスタムばっかり弾いてまして。
他のギターも弾かないとなぁと思ってテレキャスを。


5DB36DFE-3B56-4A6E-AE88-44BDF07A90D2.jpeg



いやぁ、プロビジョンのギターはマジで良いですよ。
全体の作りが良いのはもちろん、PUが良いですね。

P-90タイプですが、めちゃくちゃ音が太い。
フェンダー系というより、ギブソンにかなり近い音です。
その反面、ジャキンとしたカッティングは苦手ではありますが。まぁセミホロウですし。


それと弦のテンションが緩いです。
ロングスケールなので通常だとテンションがレスポールモデルよりもキツイのですが、このギターはあまり変わらないです。
個人的にはテンションは緩い方が助かるのでありがたいです。

それとネックのシェイプですね。これがまた絶妙な握りです。
カスタムより薄く仕上げられていますが、ペラペラではなくしっかりと握り込めます。
オービルのレスポールもこんな感じだったかなぁ。PRSのパターンレギュラーの方が細身ですね。
どこのポジションも弾きやすいです。


不満な所はテレキャスなので仕方がないですが、コントロール関係ですね。
ボリューム、トーンは別にいいんですが、PUセレクターが…。

ボリュームに近いし、横方向に動かさないといけない。。これがめちゃくちゃ使いにくい。


5AC222B5-7419-4B50-812A-A47E958A830A.jpeg


せめてレスポールみたいなトグルスイッチが良かったかな。
バッカスとかはそうですよね。

しかもボディに直なのでどうしようもない。パネルで固定されていたらキットが出ているので交換出来たんですけどね。
まぁ、このギターでPUを忙しく変えるような曲はするなってことですね。


ただ、音は良いし弾きやすいしで色んな曲に使ってしまうんですよ。
メタルはシンドイですけど。P-90ですし、ノイズが凄いことになる。

バラードとかよく合いますね。泣きのフレーズとか。
激しいのはカスタムに任せましょう。


クリーン〜クランチが一番このギターの音を活かせるかな。
フェンダー系のアンプでクリーントーンは最高です。ずっと弾いていられます。
クランチも面白いんですよ。ハーフトーンで弾くとシングルコイルのような音が出ますし、フロントだとレスポールみたいな音に。
オーバードライブでボリュームを絞ると独特の音がしますね。音が太いシングルコイルみたいな。


あまり店頭に並ばないメーカーですが、フルオーダーが多いんですかね。
是非ともレスポールを弾いてみたい。

デジマートでカラクサが長期展示なのか分かりませんが、結構お求め易い価格で出てますね。
なんで売れないのか分かりませんが。
このギターはレスポールが好きな人でも満足出来ると思います。
ライブで使うとかだとハードロックがギリギリかなぁと。ノイズはエフェクターとかでなんとかなりますが、ハウリングが起きやすいですから。
常にボリュームペダルで音を消してれば大丈夫そうですが。

まぁ、ハウッてもロックだからいいんですよ。


プロビジョン、超おすすめです。




DF0E3FE0-9976-4766-A28A-76F1274657C5.jpeg










ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)


にほんブログ村
posted by う〜さん at 03:10| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月29日

ずっとレスポールカスタム弾いてる。




どうも。


世界はコロナに振り回されてますね。
こんな時は黙ってギターを弾きましょう。


放置していたレスポールカスタム。
リペアに出して修理&調整。。



2CA2BA8B-641F-410C-93BE-175035E0729D.jpeg




購入時の状態にもどりました。
以前はリアルPUがTAKのバーストバッカー、フロントはバーストバッカー2。
ギターを買うときにレジの横にBB2が半額になっていたので一緒に買いました。
半額だったかなぁ。それでも当時は凄く高かった記憶があるけど。

交換がめんどくさくて何ヶ月もノーマルPUでしたけど。
その後にランディに倣ってディマジオのスーパーディストーションに変更。
ついでにBB2をフロントに。

スーパーディストーションはね、全然好みの音じゃなかった。
他の人のディマジオPUのギターも何本か弾いたことあるけど、ディマジオの音は自分には合ってなかったですな。
なんかちょっと個性的ですよね。

ランディはカスタムのPUは弄ってなかったはず。。
ジャクソンからのシグネイチャーはダンカンPUだし、なんか訳わからんですね。


その後にTAKモデルを買いました。今思えばフロントも買っておけばよかった。
両方買うと3万は吹っ飛んでいくからやめたんだっけ。


TAKモデルにするとあら不思議。まんまあの音になります。
カスタムに付けたので、スタンダードだったらもっと近い音になってたかも。
音が少しだけ硬いんですよね、カスタム。指板だけが違うのに、なんでこんなに音が変わるのやらって感じ。
TAKのはコンプが掛かったような音でしたね。音の広がりはそこまで無かったです。BB自体がそんな傾向ですかね。

ちなみに単体販売のTAKはBB1と2がベースになってます。
DCには2と3の改良版だったかな?なのでPUが欲しい場合はDCを買わないと手に入りませんでした。
この頃はEMGにしたり、ギターの音がかなりハイゲインになってましたね。
BB3はかなりパワーあります。


カスタムのPUはギブソン伝統の490Rと498Tですね。
いや〜、パワフルです。BB3以上です。そのお陰か音は大味な感じです。
ピッキングニュアンスとかはそんなに付けられないです。
人によってはブーミーに感じるかもしれません。
カスタムを買ったばかりのことはもう覚えていませんが、今弾いてみると中域から低域に重心がある感じです。
というか、カスタムをまともなアンプに繋いで音を出すのって初めてだったりします。

ケンパーでいろんなタイプのアンプから音出しをしましたが、音の重心はやっぱり低中域付近ですね。
シェクターほど振り切ってませんので、セッティングしやすいです。


今のところ、ディストーションはボグナーのゴールドフィンガー。ソロプレイ用にソルダーノにしています。
ディーゼルとかメサ、エングルなどの凶悪な歪みでもしっかり鳴ります。
58レスポールだとあんまり合わないんですよね、そういうアンプは。
PUの違いももちろんですが、カスタムの重量も関係してそうです。
激歪みでも音が潰れず、低音もズンズン出ます。あとは音がかなりタイトですね。
鳴りのいいギターは空気感があるというか、アコースティックな感じ。なのでメタルとか最近のもっと激しい逆とかには歯切れが悪く聞こえてしまいます。
重たいギターだと鳴りがあまり無いのですがその分ザクザクと刻めます。
この辺は好みですね。

ちなみに重さは5kg。えぇ、もうギタースタンドから取るのがしんどいです。
でも抱えるとそんな重いって感じはしません。ストラップ付けて立って弾くと肩が死にますけどね。
バランスがいいのかなぁ。ヒスコレはお尻の方に傾いていくんですよね。カスタムはそんな事はないです。
ヘッドが大きいし、ペグがグローバーで重たいからかもしれません。

ネックのシェイプは意外にも細いです。
レスポールといえばガッシリとしたネックというイメージかも知れませんが、全然そんな事ないです。
個人的には握りやすいです。Cシェイプで割といろんな人に受け入れられるんじゃないかな。
自分はこれくらいの太さがしっくり来ます。あまり薄いネックは弾くのが難しくて。
プロビジョンのネックも薄いですが、あれが限界ですね。もちろん弾きやすいですよ。


で、まぁノーマルPUも悪く無いんですけど、なんかもうちょっと…という感じ。
PAF系の物だとヒスコレと被ってしまいますし。
かと言ってBBにするのもなぁ、と。やっぱり聴き比べてみるとレンジが狭いですね、BBは。
評判がいいPUはめっちゃ高価だし。

というか弾き比べで聴いてもほんのちょっと違うってレベルですね。
実機を試せればいいのですが。目の前で聴いたら弾いたりしたら違いが大きく分かるのでしょうが。
そんな冒険するお金はない。リンディとかベアナックルとかローラーとかありますけれど、よくわからん。


そんな比較動画で大体出てくるのがギブソンの57クラシック。
いや、もうこれでいいじゃんってなります。普通に良PUだと思います。
音のレンジも広いですね。言い返せば散らばる音ですが。
割とギュッとした音のカスタムにはちょうどいい気がします。


交換するなら57クラシックだなぁ、なんて思いながら。
ずっとカスタムを弾いていまして。アンプのセッティングも変えたりしながら。
そこでわたしは思いました。





「ケンパーでどんな音も作れるから別にPUこのままでもよくない?」




そう、セッティング次第で割とどんな音もカバー出来るんです。

すぐにパーツ交換もいいですけど、時間をかけて探っていくのも大切ですね。
現状のPUに不満がない訳ではありません。もうちょっと繊細さが欲しいなと思います。
そこは上手くコントロールしていく感じですね。

しばらく弾いて、やっぱり違うなと思ったら交換します。



それにしても、デジマートで見るとカスタムって少ないですね。
レスポール自体の人気も怪しいからあまり作ってないんでしょうか。。

カスタムかっこいいですけどね。音も独特ですし。中域がモリッとしてます。
ただ、年代で木材が違うのでそこは注意です。まぁ試奏して気に入ったとかなら、木材なんてどうでもいい物です。

出始めはオールマホガニーでしたね。これにはレス・ポールさんがめちゃくちゃ怒ったって記事を見ました。
スタンダードの上位に位置するのになんで安いマホガニーで作ったんだ!みたいな。
今ではマホガニーも貴重でごぜぇやす。。

再生産モデルから色々と作りが変わりましたね。
詳しくはwikiで。

ネックが3Pのメイプルとかもあったし。これはザック・ワイルドが愛用していましたね。


自分が買ったのは仕様が落ち着いたやつだったかな。
2Pメイプルトップ、マホガニーバック、マホガニーネック、エボニー指板。
もちろん2ハムバッカー、グローバーの金属ペグ 。
ぶっちゃけスタンダードと違うのは指板だけという。あとはボディの厚みですか。カスタムの方が少し厚いです。
バインディングが裏面にもありますから。

ギブソンなんで個体差と言われればそうなのでしょうが。
ジャズとかがメインで使われるのを想定していたカスタムですが、ハードに歪ませると切れ味鋭い音を出しますからね。
スタンダードは音が柔らかく広がる感じで、カスタムは固く締まった音って感じ。
まぁでもヒスコレとかじゃなくて現行品のギターを買うとかだったら見た目で欲しいのを買った方がいいと思う。

スタンダードで虎杢を楽しんだり、カスタムの潰し塗装だけどMOPで作られたポジションマークにヘッドのスプリットダイヤモンドインレイとか装飾が豪華。わたしはランディもそうですが、最終的には同じくらいの金額なら本物の買を使っている派手な方がいい!っていうくそしょうもない理由で決めました。バインディングも多いし、エボニー高いし、マークがプラとか嫌やし、普通やし。
とまぁ、反抗期みたいな感じでしたね。あほくさ。


E0D3298E-B2DE-4E9A-A05F-C7135FBFB0FC.jpeg


いやもう、このヘッドはずるい。
黄ばんでいる個体もあるけど、自分は真っ白な方が好きです。


7E40BAAA-F42E-4071-BED3-DF14F21EA5DA.jpeg

あとはMOPのブロックポジションマーク。
これがすごい綺麗なの。ユラユラ 揺れて吸い込まれそうになる。
グレードの低いものって表面だけが光るんだけど、良いものは3Dとかに見える。



いやぁ、懐かしくなっちゃって毎日カスタムですよ。
昔は適当にジャカジャカやっていただけだったから、どうしたらこの音が出るのか?という対話をしていきたいですね。


今ならどんな音が出せるのか、楽しみですね。
あぁそうそう、20年経ってからの感想ですが、



音が少し丸くなった。

とにかくボディが鳴らないから弦の音だけだったんですけど。今は思っているよりボディが振動しますね。
ネック側はビリビリ振動がきます。
これ以上の鳴りが良くなるという方向には行かないかなと。それでも大切にしていきます。

ボディ周りに致命的な傷とかないんですよね。クリア層が剥がれているとか、良くみないと分からない打痕とかありますが。
ヘッドぶつけてないんですよ。それと塗装が厚いせいかクラックも入ってません。

たぶん、20年前のギターって言っても、騙せそうw もっと新しいモデルでしょ?とか言われて。
まぁ持ち主のわたしでさえも20年経ったギターには見えんなぁ。。て思ってますから。
この綺麗な状態を維持し続けられるように頑張っていこうかなと。



10A857EE-F15C-42E8-A67E-8CCFB214A00C.jpeg






  








ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)


にほんブログ村
posted by う〜さん at 02:08| Comment(0) | Gibson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

ギブソン レスポールカスタム。




どうも。




リペアに出していたカスタムを引き取りに行ってきました。
ランディの命日の3月19日。

リペア完了の連絡をもらって、「あ〜、いつ行こうかなぁ。」なんて思っていたらメッセージが。
ギター修理のちえちゃんからでして。


「本日は定休日ですがやる事があるのでお店にいます。ランディの命日にカスタムを弾きませんか?」


ていう、とても粋なメッセージが!
そう、その日はリペア屋さんのお休みの曜日でして。嬉しいサプライズです。
「行きます!」と返事をして車を出しました。



お店に着くとカスタムが用意されてました。
最終チェックを終えてお支払い。毎度思うのですがかなりリーズナブルなんですよね。細かいところまで作業をしてくれるので非常にありがたいです。




家に帰って改めてカスタムとご対面。




2F833AE1-C42F-47D2-AD6A-E8D640794087.jpeg



およそ20年くらい経ってます。
ただ、数年はケースに入れていたので弾き込んでるか?と言われれば微妙ですね。
まぁでも10年くらいはメインギターでしたから。



10A857EE-F15C-42E8-A67E-8CCFB214A00C.jpeg


裏にはランディのシール。
これは2001年くらい?にオジーが来日した時に、露店で買った物ですね。
このギターではライブをした事が無いので、バックル傷とかありません。そもそもベルトのバックルがギターに当たるのが嫌なので、ベルトをしないか、横にずらしてます。



あ〜、やっぱりゴージャスだから良いわぁ、カスタム。なんて言いながらいろんな角度から眺めてました。
ヘッドのインレイや指板のマークが白蝶貝というのが良いですよね。
あとはこの頃はエボニーが使われてましたね。真っ黒で目が詰まってて中々の物が使われてます。


939ED41A-DEFB-43FB-B67C-0DE4AF5C14A3.jpeg


3F710DF7-FBA9-4CD6-B15B-141C7D2EA149.jpeg


ちなみにこの個体、重量は5kgあります。
マジで重たいです。中身金属なんじゃないか?って思うくらい。

でも不思議なもので、抱えてみると意外にもそこまでの重さは感じないです。
重いんですけどね。重量バランスが良いからかもしれません。



もう早速ランディの曲を弾きましたよ。
トリビュートのやつ全部通しで弾きました。
曲によってはソロだけ何回も繰り返したりして。


ケンパーでの音作りをしていなかったので全然ランディの音ではなかったですが、雰囲気はありますよね。
これはスタンダードだとしっかりこないので、やっぱりカスタムならではの音があるんでしょう。



弾きながら思ったんですが、全く違和感なく弾けるんですよね。
リペア屋さんが自分の好みを知ってくれていて、きちんと調整してくれていたから。
弾きやすい〜って何回も独り言言ってました。


金属パーツを総取り替えしようと思っでましたが、金額が凄いのとそこだけピカピカなのも変だなと思ったので、金メッキ剥がれてもいいので磨いてくださいとお願いしました。

うん、パーツの交換をしなくて良かったです。馴染んでいるし、なにより綺麗になりました。

サドル周りも細かく作業してくれました。


5D3008E1-0AD5-4AAD-981C-48D4324ABB13.jpeg


買った時から溝切りが曖昧で、あっちこっちに弦の溝があったのですが、一旦削ってから溝を切ってくれています。
見た目も良くなったしちゃんと弦が真っ直ぐに伸びているので良かったです。前は弦が真っ直ぐにならなかったんですよね。。



2DAC3847-D358-4B93-9ED9-5153FA693F9E.jpeg


それと今回のセッティングの肝と仰ってました。
テイルピースがかなり上げられています。
初めは「テンション感の関係で自分でやったっけ?」と思ったのですが、そんな事はしてないなぁと。
あとからメッセージを頂いて「ブリッジ周りのセッティングに注目してください」と。


あ、やっぱり調整でテイルピース上げたんですな。
理由などはとんでもなく長い話になるとのことだったので、また時間がある時にお話しします。だそうです。
めっちゃ気になる。。


自分が知らないだけかもしれないけれど、こうやって秘密のセッティングをしてくれるのでお任せするんですよね。
今度は58レスポールでも持っていって診てもらおうかな。
細かいところとか、理屈とか自分は分からないし、経験値も乏しいのでお任せした方が安心です。



そんな訳でカスタムもメインギターの一つとなりました。
これからケンパーで細かい音作りをしていきます。


29B81CC0-B169-4A95-8F25-25DAC42EF2B0.jpeg


スタンダードとカスタムが並ぶ光景が見られるとは。。
最高ですな。
















ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)


にほんブログ村
posted by う〜さん at 02:35| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする