2020年06月29日

思い出の品、どうしますか?




どうも。



以前にもお伝えした左手首の不調。
クラシックギターを弾くと左手の指が痺れる症状。

エレキギターでも出てきまして。。


手根管症候群というやつです。まぁ腱鞘炎の一種です。
手術すると完全に治るんですが、その後の手の骨の予想がつかないと医師に言われ。
スピリチュアルな事もやっている整体師の方に相談すると、「手術しなくても治るよ。」と言われ施術してもらいましたが。


あまり改善してないんですよね。
しばらくは通わないといけないですかね。


それで最近、ゲーミングチェアを買いましてね。
PC用のデスクも買って。あとはPCを良い物に変えればDTMが出来る環境までしました。

で、試しにゲーミングチェアに座ってギター弾けるかな?と思って試してみました。
あぁ、それまでは床に座って弾いていました。足とか痺れてくるんですよね・・・。


ギターにストラップを付けて、クラシックスタイルでやってみました。
というかひじ掛けがあるので普通には構えられないんですよ。それと左足にギターを乗せるので足台も使いました。


なんと、左手の痺れがほとんど出なくなりました。
始めは肘とかちょっと気持ち悪いなって感覚がありましたが。痺れも少しだけ感じたり。
でも地べたに座って弾くよりも全然マシです。あとひじ掛けもわたしは邪魔にはなりませんでした。


やっぱりある程度はちゃんと座って弾かないとダメだなぁなんて思いつつ。
レスポールに持ち変えて弾いてみました。


うん、ハイポジションがキツイ。



15F近辺はギリギリなんとかなりますが、それから上が無理です。
親指を離しても綺麗な音で鳴ってくれません。
なのでAのスケールを弾くのが無理です。
左手の手首がビキッ!ってなります・・・。



もう、あれかな。レスポールは厳しいかな。
一番好きなギターだけに悲しいです。


それとリペアをした白のカスタム。
数日だけ弾いてクローゼットの中に入れていたのですが、やっぱり弾かないと。って事で引っ張り出し。


ギターを見ると弦は錆びていませんでした。
あれ?エリクサーだっけ?どこの弦なのか忘れてしまいました。


チューニングして、とりあえず生音で。




お世辞にも良い音では無かったです。
購入した時からそうでしたが、とりあえず鳴らないギターでしたね。あと音が硬い。
カスタムは指板の影響でそうなのかな〜て。


ただ、今は音の角が取れていますね。
にしても鳴らん・・・。


エングルやケンパーで音を出しましたが、まぁ普通と言ったところ。
もっと言えば別にカスタムじゃなくてもいいよねと。


それに加えて重たいんですよ、このギター。
5Kgありますからね。ストラップ掛けると肩が痛くなるし、座って弾くと足が痺れる。


でもこれは思い出の品なのです。
ランディ・ローズに憧れて、初めて自分のお金で買ったギター。


00A361DD-904D-4CAE-8058-35783294FED1.jpeg


10A857EE-F15C-42E8-A67E-8CCFB214A00C.jpeg


B323D24D-0BF4-4144-B1C4-CBA0A6C423A8.jpeg


めちゃくちゃな改造もしました。

PUは一緒に買ったバーストバッカー2をリアに付けて。
そのあとはスーパーディストーションに変えたり。

TAKのバーストバッカーのリアだけ購入して、最終的にTAKのリア、BB2がフロントという、出力無視の組み合わせでした。



その後はあまりギターを弾かなくなり。
ずっとケースに入れっぱなしでした。



数年前に本格的にギターを再開して、いつかは元に戻そうと思いつつ。
やっとこさリペアに持って行き、購入当初の姿に戻してもらいました。


で、弾いていましたがやっぱり音が良くないんですよ。そうなると弾く時間が短くなる。
おまけに重量級ですから余計に手が伸びなくなる。
結果としてクローゼットへお戻りになりました。


ディスプレイケースとかで飾ればいいのですが、そんなスペースはありませんし使わないギターを持っておくほど余裕もなく。
売却しようかな・・・。なんて考えています。

最初は絶対に手放さない!と思っていましたが、弾かない、飾らないギターを持っていてもなぁ、と。
それなら持っていても仕方がないかな?と思うようになりました。


あと、今後手首の症状が回復するかもしれませんが、現状だとそれがいつなのか見通しがつきません。
なので58レスポールも手放そうと考えています。
そうなると、なんだかギターを減らしたいなと思い、フラマス、カスタム24も必要ないかと。
なんだかんだ弾いていないんですよね。最近はプライベートストックとカラクサばかりです。


それとやっぱりPRSの594が気になってまして。
コメントをくれるギター大好きさんが購入しましてね。あ〜、いいなぁ、自分も594欲しいな〜。と思って。


今現在、必要ではない機材を売却して、そのお金で594を買おうかなと。
まぁ、先にローン払えよ!って聞こえてきますが、右から左へ流しますw


今、なんでか分かりませんが594が結構安く売られているんですよね。
シングルカットモデルなんか30万切っているのもあります。ちょっと前では信じられないですね。。

コロナの影響なのか、日本では人気がないのか。
シングルカットだと「それならギブソン買うわ」ってなるんでしょうか・・・。
ん〜、ぶっちゃけ今のギブソンの音はPRSに負けていますからね。。

そうそう、ギブソンの音で思い出しましたが、ギター弾いているとあまり個性を感じなくなってまして。
別にギブソンじゃなくても、レスポールじゃなくてもいいんじゃない?と思うことが増えました。
なんというか、自分の音ってなってるんです。もちろん、それぞれのギターの特徴と言うかそんなのは感じますが。
その中で、今こういう音を出したい。っていうのに反応してくれるギターばかり弾くことに。
例え激安ギターでも出来なくは無いです。ただそういうのは弾くのが疲れるんです。
良い音で鳴らすためのテクニックを総動員しないと自分自身が満足できない。でもそれをすると余計な神経を使うから疲れる。演奏にミスが増える。


なので自分が弾きやすく、音も良いギターとなると、594だよねと。
PSをメインギターにしたいのですが、周りの方々から「外に出すのはやめといた方がいいよ」と言われたので出したくないんですなぁ。
ライブすると思わぬ事態になるかもしれないし、そもそも持ち歩くことが危険だらけです。
わたしが裕福でいくつもPSを持っているとかなら構わないんですけど。


それならカラクサがあるじゃないか、と。一度ライブで使用したのですが、TAKの曲を演奏したんですけどハウリングが凄くて。
それとホロウ構造なので合わないものとかありまして。


うん、色々と考えたわけなんですw
カスタム24は、やっぱり24Fも必要ないし、トレモロの音がね・・。フロントPUの音もシャープ過ぎて。
やっぱりノントレモロで22Fのギターだなと。自分が本当に気に入ったギターを使おうと思いました。

一応PRS以外でも探してみました。
2H、ノントレモロ、ミディアムスケール。


レスポールしか出てこないw
少数ですがダブルカッタウェイも。


やっぱりストラト系が多いですね。sugiのギターはいいのですがトレモロなんですよ。
あと形がテレキャスみたいで、もういいかな。


プロビジョンでオーダーも考えましたが、PRSのコピーになると思います。
とすると、最低でも50万〜と言われたのであれやこれやするとあっという間に凄いお値段に・・・。
プロビジョンのギターはとても良いことは知っていますが、それならPRSを買えばいいよね、って。
なんだかんだヘッドにあのサインが欲しいんですよ、ミーハーなので。


うん、やっぱり594だな。
PSとカラクサ以外は売却しよう。
思い出は心の中にいつでもありますから。



早速594を検索・・・。



ん〜、予想通り数が少ないですね。
コロナの影響が大きそうです。
ただ、やはり価格がかなりこなれていますね。

出始めの時なんか50万〜がザラでしたが。
新品でも40万台で良さげなのがありますね。


16ACF164-9141-4BF3-B426-493A138B46D4.jpeg

これはイケベ楽器さんですね。中古ですが綺麗な個体です。
10TOPですか。594は普通のモデルでも割と杢目が選別されている感じがするのでノーマルでもいいんですけどね。


A6EF5972-636C-4FFE-8F79-FB85B0FCA89F.jpeg

6B17D353-57E4-4F98-B77A-F5D0886F9A07.jpeg

A565F97A-6217-43F5-852B-4C1313075F7A.jpeg

0AF2C89F-5417-41C9-9981-4310BCFE6E83.jpeg


重量は3.45Kg。軽いですね〜。594はPRSにしては重めな個体が多かったですが、これは軽いです。





E5FCB1F8-B10D-43F3-B520-1A34D06EE52E.jpeg

こちらはイシバシ楽器さん。
実はP-90のモデルも気になっています。
限定生産のようです。現行品では作っていなかったかな?


1EE76EE4-B201-4113-A45E-6AE991B9211A.jpeg

1A9362B2-D278-4636-8B4E-E149344C671C.jpeg

918CC0D1-A771-47D7-BEA5-BE87DB9CFEBC.jpeg


ほどよい杢目がいいですね。
こちらも軽量です。3.48Kg。およそ39万円。



CE6E095B-D5C5-4DC9-BE46-60D5F521FD04.jpeg

デジマートのレビューでおなじみ、村田さんがいらっしゃるフーチーズです。


D4F5C9D8-AC58-4458-A5B6-A7F023806757.jpeg

3E838EC9-6ED6-41AF-A657-1E3850D49384.jpeg

5837B42F-70DF-4F4F-B5A0-9AEAF63A0A89.jpeg


ちょっと大人しめの杢目ですね。
バックのマホガニーが良きです。重量は3.55Kg。軽い。価格はさっきの物と同じ。



37EC1EF8-F861-43A5-A37C-032F624DBEB5.jpeg


アイキョクミュージックの個体です。
ふわっとした杢目ですね。


4BD307BC-EF18-48A7-9436-0015B78DDE0F.jpeg

4773BE61-8C38-4B8B-8265-608D710080AD.jpeg


こちらは33万円と594にしてはかなり値下げされています。
重量は記載されていませんでした。



04D3E9A1-E726-4E32-90FC-C15747144AFD.jpeg

こちらもイシバシ楽器。
ウッドライブラリーの594です。トップにアーティストグレードの物を使用しているそうです。
全体的に良材を使っている感じですね。


342EB03B-6763-4B71-A8A0-5BF2BA47755F.jpeg

49BD0E2D-BFD4-4DE0-92DF-FDA20F04217F.jpeg

D20C9329-0EC3-4965-83A3-0C4BE605F6A6.jpeg

0811CCC5-CD0F-45C6-9AFA-FB1456E5564D.jpeg


長期在庫品ですね。製造が2016と記載されていました。
価格は44万円とウッドライブラリーとしては破格ですね。
重量の記載はありませんでした。ただ、ここまで在庫として残っている個体はどうなんでしょう。



ゴールドトップとかも面白いと思いましたが、やっぱり杢目が見たいです。
パッと見て気になったのはこれくらいですね。
ただ、今後も入荷はされるでしょうし、その時に改めて探す方がいいかもしれません。
だってギター売却出来ていないからw


プライベートストックの594ですか?とてもじゃないですが手が出ません。
それにあんまり心惹かれる個体が無いですねぇ。でも今更レギュラーのPRSを買ってもなぁ。。


ちなみにこれは良いなと思ったのはこれです。



693BDC24-0DCA-460C-A8DD-7EE3A5AEEDAA.jpeg

1557F15F-383E-4299-A7F5-0E63EC859AD7.jpeg

A73604FA-8186-4182-BD12-AE8CD6E4AE2D.jpeg

BFB99807-83D0-41EB-A616-259D43E70A66.jpeg

F8CC6F78-1158-4984-ADD8-B3DEE060C206.jpeg



青色が好きなのですが、最近は反対の赤に惹かれます。
これはピンクですが、前から好きな色です。
お値段190万円以上!!流石にこれは高すぎ。

装飾も好みでは無いです。MOPが好きなのですが、これはアヴァロン系ですね。
なので、仮にこの金額を出すならオーダーします。



DC7F98DA-5C51-4F4E-A6B7-8EAA781819A4.jpeg

9534C19A-366F-4717-8DA3-74A45C079228.jpeg

2C7FC45E-244E-4FE4-9B83-89D53B2AA9C2.jpeg

62AB3CA9-B56D-4EA9-858B-E11A4739F3E1.jpeg

73A3685B-BA36-4D9E-8D2D-DE4C2BD623BE.jpeg

5CEE19A9-74E8-4C73-A493-FA7DAF6A3527.jpeg


これはGraveyard Limitedというモデル。なんて読むか分かりませんw
なんでもアメリカの山の頂上にある墓地周辺に生えているメイプルを使ったモデルだそうです。
50年代のレスポールに使われていた木材にそっくりなんだとか。樹齢もかなり長いものだそうです。

まぁ、引っかかるのは墓地周辺っていうところ。なんか・・・嫌じゃないです?w
それと80本限定だそうですが、プライベートストック買って同じものがあと79本あるって思うと萎えてきませんか?
杢目はそれぞれ違いますが、どうもな〜と。
装飾もレッド・アヴァロンだそうで、違うな〜って。
価格は120万円くらい。




77B2EE41-837F-49AA-BEFF-35B7A208B2A1.jpeg

AB233047-8217-441A-A708-01836BF3C44A.jpeg

D4E6FC8B-5D86-4A68-8976-FC7514922B3B.jpeg

067389FE-8F46-4A19-83C3-CCB7966D337E.jpeg

B86BA74E-B201-4AE0-9FD6-E2C726D89B17.jpeg


こちらはすんごく長い名前です。
The Beautiy Of The Burst Cover Photo。
・・・長い。ちなみに指板はブラジリアンです。
わたしは正直ブラジリアンだとかは気にしないタイプでして。
良い音が出ればそれで良しです。

価格は110万円。




ま、今は時期が良くないな。と思いつつ、これならいいかな?というものもありました。


793AB4A2-5501-48F1-8196-2F8ACB068B5E.jpeg

97C98A93-91C6-47FE-B679-74AB9CEB28F4.jpeg

5829BD9B-E3CF-4404-9EA2-AF13DF16E7F4.jpeg

5C7F6CE8-ABF9-462C-86AA-50DC47C7CB07.jpeg

8579100A-407D-4C02-BD6B-AAACEDA2EB05.jpeg

3A114E51-569E-44DF-810C-4650C805F815.jpeg


こちらはなんと、89万円です。
ネックはカーリーマホガニーとわたしの欲しい仕様。
装飾はアヴァロンのアウトラインにMOP。おぉ、これはかっこいい。
まぁ、シンプル過ぎると言えばそうですが。なにより価格ですよね。
認定書に破れがあるので、そこを気にするかどうかですかね。




と、ここまで見てきましたが、最後が実は本命だったりします。


B09F5BE0-4152-4E75-8968-480E83BEB2E4.jpeg

EF3F6AB0-6098-4C57-9FCE-244748DA12D5.jpeg

758DF388-F735-4208-BE50-3A335800337A.jpeg

52B67C42-154A-4A1B-BB1F-9E7FBA7E860C.jpeg

097BD2F3-AA44-40A0-8EFB-5750F6885269.jpeg

D855EF3F-4554-4CBA-AFAE-BFAA4AA1E6DF.jpeg


ナチュラルカラーです。価格は103万円。
これ実はさっきの赤いモデルと連番になってます。

これもわたしの好きな仕様となっています。
コントロールキャビティがプラなのが残念ですが。


説明を見る限り、オーダーしたものではないようです。
PRSへ買い付けに行ったときに置いてあったものだそうです。
海外のショップのオーダーでキャンセルされたのか、PRS自らが仕様を決めて作ったのか。
個人的にPRSが企画して作った物に価値があると勝手に思っています。そうするとさっきの墓地のギターはPRS企画ですね。でも80本もあるのは嫌です・・・。あと墓地も。もっと少数ならいいのですが。



はい。今のところの候補を挙げてみました。
現実的なのはレギュラー物ですかね。それかウッドライブラリー。残り物には福があるのか・・・。
まぁまずは機材の売却ですね。考えるのはそれから。

でも考えている時が一番楽しかったりしますよね!







ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)


にほんブログ村

posted by う〜さん at 02:17| Comment(28) | PRS (Paul Reed Smith) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

物欲は止まらない&国産ギターは隠れた名品。




どうも。



なにやらブログのコメントが大繁盛しております。
こうやって離れた土地に居る方々とお話が出来るのは楽しいですね。
インターネット様々であります。



さて、ギターを毎日弾いていますが、基本的にローテーションしてます。
特に決まりはありませんが、その日の気分です。数日同じギターということもあります。


ちなみに、弾いていて飽きないのはプライベートストックとカラクサでございます。
ん〜、飽きないというより、ギター側の操作だけで色んな音が出せるからずっと弾いていられると言ったところでしょうか。
出したい音が簡単に出せるのがこの2本の特徴ですね。
基本、割りかしハードに歪ませているのですが、ボリュームの操作だけでディストーション→クランチまで自由自在です。
流石にクリスタルクリーンは無理ですが、自分が弾く曲だと全然大丈夫です。

色んな音色を瞬時に切り替えたい!とか言ってケンパー導入したのに、気が付けば使うリグはほとんど変わらないっていう。
これはケンパーを持っている意味があるのか…?
まぁ必要ないなと思えばメルカリにでも出すだけですね。
近ごろはエングルで音を出すことが多いです。
生アンプは操作が簡単でやっぱり良いですね。出て欲しい所は出て、嫌な音は出無い感じです。
これは自分の好みとアンプが運良く組み合わさったものなので一概には言えませんが。
ケンパーだとその辺の調整がめんどくさいです。
良質なリグを見つけられればいいのですが、わたしが感じたケンパーの特徴は、ローとハイが強いですね。
こういうところはデジタルだなぁと感じます。使っていたリグがあんまり良くなかったのもありますが、こもって聞こえます。
それを解消しようとトレブル上げるとキンキンするんですよ。あとやたらとローが出てうるさいですね。
EQで補正もしてみたのですがどうもうまくいかない。で、だんだんイライラしてきてエングルから音を出すと笑
またリグを漁るかな…。


あとはですね、コメントで頂いたのですが、フリードマンのアンプ。改めてYouTubeで音を聴くとやっぱり良いです!
小さいモデルも出してくれているのでありがたいです。まぁお値段は小さくありませんけどね(о´∀`о)
TAKの影響でボグナーとかも見ましたが、めちゃくちゃ価格が高い。好みなのはフリードマンだったのでボグナーはいいか、となりました。
アンプはギター本体と違って見た目が一緒なのでいつでもいいかな。


ほい。色々とギターを買い替えてきて、外国産ばかりになりましたが。
その中で唯一の国産ギターがあります。


EFC9226C-968C-472E-99FD-D9E657BFF899.jpeg

A9D58DF6-B6A9-431A-99D1-921611563AF9.jpeg

山口県のギターメーカー、「Provision」です。
プロの目線、という意味の造語でしたかな。


世間的にはどうなんでしょう?知られているメーカーなのかな?
国産で有名なのはフジゲン、ESP、アイバニーズ 、あと…なんだっけ?
楽器店オリジナルのヒストリーは知名度はあるかなと。
あぁ、東海もあった。グレコは、まぁ…うん。

ヒストリーはフジゲンで製作されてますね。昔、物凄くヒストリー にハマっていた事がありました。
音は良いですよ。良いんですけど何かグッと来るものが少ないですね。
使用木材はとんでもないんですけどね。フレイムハードメイプル、ホンジュラスマホガニーバック、ネック、ハカランダ指板。
なにがどうだ、っていうのは分かりませんが、一つ気付いたことは塗装が厚かったです。
わたしはラッカーだろうがポリだろうがどっちでもいいんですけど、ヒストリーのギターはどれも分厚い塗装でした。
木材の振動が抑制されているんじゃないのかなと。狙ってやっているんでしょうかね。

結局、ヒストリーのギターはぜんぶ売却しました。
あ、オススメのギターメーカーではありますよ。スペックから考えると安いです。
フジゲンのギターも同じような印象を受けました。同じところが作ってますからね。
ガシガシ使っていきたい人には頼れる相棒になると思います。

ESPは良いですね。めちゃくちゃ良いです。誰かがオーダーしたものじゃないギターは。
ただ、高い…。気に入った物があるなら買っても損はしないですね。

アイバニーズはテクニカル系のイメージが付いてますが、ジャズの箱物が有名ですね。
シグネイチャーもいくつか出ています。
なんでもまかなえるギターといえばアイバニーズが頭に浮かびます。あとはシェクターとか。
見た目は派手ですが、シェクターのギターはコスパがいいです。
ストラト系からギターを始めた人には違和感は無いかと。わたしのようにレスポールから入った人間だと無理です。
なんというか、全てが大きく感じてしまいます。ボディでか!ネック長!ってなります。
あとトレモロの響きが好きかどうかですよね。わたしはもちろんダメ派です笑
なのでトレモロ付きギターの音の良し悪しがわかんなかったりします。


あとは、うん、気になったら調べてみてくださいw


カラクサはほんとたまたまでしたね。
ハムバッカーでセミホロウのギター欲しいなと思って探していて。
やっぱりPRSか…。高いんだよなぁ。欲しいの見つからないし。と思っていたところにカラクサが目につきました。

ふーむ、P-90かぁ。そういえば使ったことないな。テレキャスタイプ、弾けるだろうか。
と、何週間か考えましたね。その間にも他のギターを見てたり。


まぁ予算という物が存在しますので。1番大きな問題は、わたしがうつ病で働いていないということ。
働けない、という言い方が正しいのですが。。
なので不必要なものをメルカリで売却して、そのお金でなんとか。

なものでして、とてもじゃないけれどPRSは無理なのです。
でも数万円のギターとか買っても絶対に売るだろうと。


いやー、悩みましたね。
結果としてカラクサを手に入れる事が出来ましたが。
お値段がですね、ちょっと信じられないですけど。あ、もちろん新品です。

今だとカラクサはいくらくらいで出てますかね?
む?割と渋いモデルが多いですな。

大体45万前後ですか。長期在庫だと30万くらいかな。


わたしのカラクサ、19万円でした。
お店に確認しましたよ、流石に安過ぎじゃない?って。入力間違えたのかな?とか。
そしたら、「価格は合っていますよ〜。」と。

マジか。長期在庫にしては安過ぎる…。致命的な何かがあるのかな?
とまぁ、通販ですから。色々と考える訳ですよ。
でもこの価格なら別にいいか!と思いポチッと。


届いてから隅々までチェックしましたw
ネックは真っ直ぐ、どこか音が詰まるところはない、塗装ははみ出しとか無い。
部分的に金粉みたいな物が混じっていましたが、なんか綺麗だったから別にいいですw

チューニングしようと思って弦を鳴らすとあらビックリ。プライベートストックを鳴らした時と同じような感覚になりました。
なにこれ、めちゃくちゃ鳴るじゃん。いやセミホロウだからそうなんだけど、それにしても良い音。
チューニング合わせてコードを一発。


ヤバイ、このギターはスゲェ…。
ギター全体がグワングワン鳴ります。なんでこれ売れなかったの?

とまぁハイテンションで弾いていたんですけど、ローフレットでやたら手がチクチクするなぁと思って見ると、


フレットのバリが出ていました。


えぇ〜〜…。って思いましたけど、保証があるので問題無しです。
お店側に連絡すると、すぐさま折り返し。きちんと修正しますとのこと。
想像ですが、いつものリペア屋さんに聞くと、「それはお店側の管理が悪いですね。」だそうです。
割と評判はいい楽器店のようですが、疑心暗鬼にはなりますやね。全てのお店がそうではありませんが、最近はろくに楽器を確認しないで送ってくるお店が多いです。調整します!とかは信用してません。

ただ、送るにしてもお店は東京、修繕はプロビジョン。これ、自分の家から送った方が早いじゃん。



…。



これ、カラクサの記事で書きましたね。
詳しく知りたい方はそちらをどうぞ。。



わたしの推し国産ギターはこのプロビジョンとモモセですね。
モモセは本当にギターの出来が素晴らしいです。リペアの方もモモセ、ディバイザー関係のギターは良いと太鼓判押してました。
知ったのはアコギでいいメーカーはどこですかね?って聞いたところから始まりました。ヘッドウェイが今のところオススメですよ。と言われて、それから調べましたね。あ〜、モモセのアコギ部門なのね。
それと仲の良い島村の店員さんが、いつもそこでオーダーしていて。ディバイザーイイっすよ!って言うのも聞いていました。
オーダーベースとかも見せてもらいましたが、めちゃくちゃカッコ良かったし綺麗なギターでした。

割りかしオーダーに融通が効くようです。


プロビジョンは山口県にある小さな工房です。
10人にも満たない職人さんたちがギターを作ってます。

ちなみに、珍しくフルオーダー可能のメーカーです。
もうなんでも作ってくれます。大体はボルトオンのギターだけの受付が多いのですが、こちらはセットネックギターも製作してくれます。
セットネックのギターを作るのは物凄く手間がかかる上に技術も必要なので、どちらも作れる工房はギターを作るのが上手いとのことです。

それと最後の確認は必ず社長さん自らが行います。
ご自分の仕事にとてつもなく責任を持っていらっしゃいます。

カラクサの件で色々とあったのですが、とりあえず連絡が早いです。
そしてすぐに行動してくれます。
フレットのバリを治すのもいくつか方法を提案してくださいまして、修正してくれました。
届いたカラクサは綺麗に修正されていましたね。多分、言わないと分からないレベルです。
この時にヘッドの先端が欠けている事件が発生しましたが、ギターをケースに入れる作業は社長さん自らがしたので、そんな欠けがあったら気付くので運送事故の可能性が高いと。
ケースからは破片が見つかりませんでしたが、ヘッドが当たる部分だけもの凄く凹んでいました。
逆さまにして運んでいたのでしょう。
これもすぐさまヤマト運輸に連絡を入れてもらって、回収されました。
回収の手配まで迅速にしてもらったので、わたしは何もしなくて済みました。
ただ、ハードケースでしたがギターが上下に動きましてね。。SKBの汎用品のようで。
ヘッドに緩衝剤を巻いておけば良かったのかな?とは思いました。
もちろん、この事はプロビジョン側に伝えました。梱包不足の謝罪と、ギターケースの再考の連絡が来ました。
今回が初めての出来事だったようなので、ビックリされていましたね。でもお陰で改善出来る良い機会と捉えられたようです。
まぁ、数十年も問題なかったら今まで通りの梱包で送るわなぁ。

手元からギターがまた居なくなるのは寂しかったですが、せっかくなので色々とお願いをしました。

まず、12Fのポジションマークが見えにくい。アバロンなのですが、丁度光が反射しない向きで付いていまして。
お金掛かってもいいから修正出来ませんか?と。
すると、「ご迷惑をお掛けしてしまいましたので、お金は要りません!綺麗に見える物に交換しますね!」って言われましたよ。
いや、すげぇなここのメーカー。
他にもやってもらいました。…ん?そもそも購入店の問題(多分)なのに、なんだかプロビジョンさんに申し訳ないなぁと思ってしまいました。
それを正直に伝えると、「全然そんなことはありません。使ってくれる方に気持ちよく弾いてもらいたいだけですので。」ってよ。


あぁ、この人信用出来るわ…。

その後、ギターが帰ってきましたが、完璧です。ヘッドの欠けなんて無かったかのよう。
リペア屋さんにも見てもらいましたが、「これはお見事!全然分からないですね!」とお墨付きを頂きました。


そんな訳でして、わたしはプロビジョンさんを推します。
最近、レスポールを作ったようで楽器店に数本だけ入荷してましたね。
50万ちょっとだったかな?木材はもちろん、バースト仕様ですよ。

カラクサの話ついでにオーダーの事も聞いてみましたが、PRSタイプだと50万円〜オーダー可能だそうです。
木材はもちろん選定可能です。工房に行けるなら直接材を見ることが出来ます。
レスポールタイプだと、自分がお願いしたのは、3Aハードメイプル、ホンジュラスマホガニーボディネック、ローズウッド指板、ちょっとチェンバー加工。
あとは59モデルを参照して欲しいという内容てしたが、それも50万円〜可能とのことでした。
最初は「やっぱりそのぐらいするよねぇ…。」と思ったのですが、リペア屋さん曰く、「その仕様だと正直安いですね。プロビジョンさんで3Aって言っても、たぶん4Aグレードのとか平気で出してきますからね笑」

うん、良い意味でクレイジーなメーカーです。
とにかく社長さんの仕事に対する姿勢がとても好感が持てました。
山口県は隣の県なので、機会があれば訪ねてみたいです。


カラクサの印象ですが、レスポールを弾いている感じです。
もちろん、テレキャスなのでボディは大きいしネックも長いです。でも弾きにくさは感じませんね。
ジミー・ペイジがテレキャスからレスポールに持ち替えたのは、なんか納得しました。何か似ている部分があるんでしょう。
ストラトと違ってテレキャスはコントロール関係が少しやりづらいのですが、そこら辺の不器用なところがレスポールと通じる部分があるのかなぁなんて。

不満なところはもちろんあります。


PUセレクターが操作しづらいです。位置的には良いのですがトグルスイッチの方がいいです。
ネックとボディの接続部もふつうのテレキャスなのでここも弾きやすくカットされた形状がよかったなぁと。
ロングスケールというのも、出来るなら変えたい…。チョーキングがキツイです。
なのでネックだけオーダーしようかな?とか考えてます。ギブソンスケールにして、ヘッドの形もギブソンで。
材質はプロビジョンさんにお任せして。


P-90ですが、わたしは初めて所有するので細かいことは分かりません。
シングルではありますが、構造は違うのでやはりハムバッカーとの間、としか言い表せないですなぁ。

ノイズはシングルと同じくらい出ます。
音はとにかく太い。クリーンでも歪ませても、太いなぁと思います。
ボリュームを絞るとシングルコイルの様なキラキラした成分が出てきます。
ギブソンが最初に開発した?PUですが、うん、フェンダーよりもギブソンの感じです。
ノイズには悩まされますが、それを差し引いても良いPUです。これを弾いた後にカスタムバッカーのレスポールを弾くと「音が細い。」ってなります。
カラクサモデルは細々と作られている感じですので、あまり店頭には並ばないと思います。
もし見かけたら一度弾いてみてください。とにかく弾きやすいギターです。作りも完璧だし音も本当に良い。
ギターの事が本当に分かっている人が作ったギターですね。

見た目もね、綺麗です。仕様は様々なので、自分に合う物が見つかったら迷わずゲットしましょう。


F61139A3-6C37-4CD6-BEF8-B3ECFA6C64B7.jpeg

55AAEB98-7CFE-4DA3-805A-09729DC4C1EE.jpeg

15568112-9538-40FC-9C3E-FCEFAAA52D96.jpeg

7FBE00F5-69DC-4107-8056-F36565B80C88.jpeg

79CDFA57-8647-4EF3-BD49-23A6A9E68F15.jpeg

PUカバーは基本ボディのトップ材と同じ物が使われます。
これがオシャレなんですよ。


EEB2F81C-3BF6-4991-8DB1-5DB126FD19EC.jpeg

塗装ですが、ポリ系だったと思います。ラッカーでは無いです。
光の反射している周りを見て欲しいのですが、杢目が浮き出ているのが分かりますか?
塗装が凄く薄いです。ボディ裏のマホガニーなんて導管のデコボコが分かります。
ネックは薄めのCシェイプです。これが嫌いな人は少ないのではないですかね。
ペグはゴトーの510が搭載されています。

最近の国産ギターは良いです。昔のように個性がないとか弾いてて楽しくない、というギターは少なくなったかなと。
まぁそれを言うんだったらPRSはUSだけど無個性だとかよく言われますけども…。



日本製のギターに一度目を向けてもいい頃ではないかなと思います。













ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)


にほんブログ村
posted by う〜さん at 20:10| Comment(9) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

「PRS」いやぁ、凄い。自分の周りだけバブルみたい。




どうも。



定期的にコメントをして頂いている「ギター大好き」さん。
わたしのこのブログを通してPRSに惹き込まれたと。。


わたしは数は少ないですが、PRSギターを複数所持していまして。
ペグがphaseU時代のカスタム24、15年製カスタム24コリーナ ウッドライブラリー、カスタム22ローズウッドネックモデルアーティストキルトメイプル ウッドライブラリー。少量生産の1Pコリーナ・マッカーティ。CE24バードインレイ。
そしてプライベート・ストック。

PRSギターを語るには、まだまだ手札が弱いです。が、そんじょそこらのギター弾きさんよりは実体験しているのかなと思います。
別にマウントを取るとかではなく。想像上でブログに書いていませんよ、と。
楽器店での試奏も合わせるともうちょっと本数は増えますね。
ただ、ほとんど記憶に残っていません。試奏でビビッと来る個体は中々無いですから。


A5ABD511-0B07-4387-A907-8FF812481D45.jpeg



カスタム24は実際に弾いているし、なんならPU、アッセンブリー交換は2回しましたし、弦高の関係でナットも変えてるし。
フレットがすぐ錆びるのでステンレスフレットに換装しましたね。
現在ではPUや電装系は元通りになっています。
ステンレスフレットの影響は、音の方には変化は分かりませんでした。
ビブラートやチョーキング、スライドはかなりやり易くなりました。

なんだかいじくり回したのはこのカスタム24だけですね。
何度もメルカリに出したらやめたり。
ギタークラブの人やこのブログのコメントとかで、もう一回使ってみよう!と言う気になりました。

24フレットは慣れが必要ですね。スケールが25インチなのは救いです。
後はデッドポイント。普通に弾いていると気にならないのですがね。
ソロで割とロングトーンの時が困ります。音が伸びないから何回もピッキングするってね!
事前に考えてきたソロとかだと別のポジション探してやるんだけど、アドリブとかセッションとかだとじっくり考えられないから。

でもですよ、カスタム24を毎日3時間〜色んな弾き方して、音も作って。
ローコードでジャンジャン鳴らしたり。それはもう、ギターが休む間もなく音を出され続けて。
ふとね、ライブで演奏するシチュエーションを想定して弾いてみたんですけど。


元の音が良くなっている。買った時から良くなるボディだなぁと思っていましたが、ここ数年で激変しました。
音を出すとネックからボディのお尻まで凄い振動が走ります。
軽く弾いていると、フィンガリングしている左手の指先がジンジンしだします。
振動するものに手を置いていると、変な感触になると思います。それと似た現象が起きます。

で、問題のデッドポイントですが、気持ちね。うん、気持ちサステインが長くなったかな?
このギターもきっと弾き込めば良い音が出ると思います。ウッドライブラリーですから木材も選定されている物ですし。


それから久しぶりに外に。



1151DB6B-9C60-41CE-A6A9-2C24E4CB3BE5.jpeg

梅雨時期ではあるのですが、まぁギターがある部屋は24hエアコンとか付けてますからね。
ハードケースが鎮座している押入れは壁一面に湿度調整出来る壁にしています。



新しィアンプのエングルとはどんな音が出るかな?とワクワクしながらチューニングを。


あ〜、ほとんど狂ってないですなぁ。錆びても無いし、なんなら劣化もしてない音がする。
流石エリクサーですよ。


チューニング終わってジャラ〜んと鳴らしたんですが。




あぁ、この音やん。めっちゃ良い音。ヤバイ弾きやすい。



久しぶりにトリップしましたね笑

エングルでクランチサウンドを鳴らした時、エッロイ音出すなぁってw
もう1本、ブルーが売れ残っていたけれど、買っとけばよかったなぁ。


そんなこんなで、プライベートストック、好みの音では無いかもしれないけれど、良い音がするエレキギターという目線だと最的確。
もう、他のギターメーカーとか見なくていいです。世界最高峰の物を手に入れましょう!



ここで知り合った方達といつかプライベートストックを並べて写真撮りたいですねw









ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)


にほんブログ村
posted by う〜さん at 03:34| Comment(20) | PRS (Paul Reed Smith) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする