2021年04月10日

FatBack24のPUを交換してみた。




どうも。



ヒストリーLPCに取り付けたSuhrのThornbuckerが気に入りまして。
もうちょいどうにかならないかな、と思っていたPRS FatBack24。
これのPUも替えようと。

以前にコメントで頂いたLungrenのPUもサンプルを聴いたりしましたが、良さげな感じでした。
が、お値段がですね…。公式HPで購入する場合、日本円でおよそ2万円。
ベアナックルの前例があるので、ちょっと冒険出来ませんでした。
でも、いつか試してみたいですね。

そのサンプル動画で意外にも良いなと思ったのがシングルコイル。
これぞストラト!という音でした。






フロイドローズ搭載とは思えない音です。
Fgnのストラトは今のところ何も不満がありませんが、これも交換してみたいですね。


で、FatBack24に載っているPUですが、PRSの「1985」という物が載ってます。
なにやら貴重なPUらしいのですが、わたしが思うに特に音が良いとかはないです。


9250081B-AD33-425D-8EEF-47D909DF9731.jpeg


502A8251-05CA-427C-9D6F-1E96F846CD52.jpeg


初期のPRSに搭載されていたようですが、何かの限定品で復刻されたPUのようです。
リアはアルニコX、11kΩ、フロントはアルニコU、8.5kΩがカタログ値のようです。
ここからHFSやらに変わっていきました。

音は特徴が無い感じです。ピッキングに対しての追従性は高くないですね。
コンプ感とかはありませんが、どんな弾き方しても常に一定の音が出せる感じです。
パワーは数値程では無いです。


まぁ、面白みの無いPUです笑
PRSのPUは、割と個性があって個人的には使いにくいです。
ディマジオみたいな感じかなぁ。スーパーディストーションしか使ったことないですけど。
ダンカンに比べてディマジオはクセが強いイメージです。中域に特徴があるような。


そんな訳でSuhrがかなり良かったので今回もSuhrに。
折角なので違う種類の物にしました。


328E7386-E2A4-413E-81B0-66EB41DE3711.jpeg


C3F7D56F-AF53-4A07-A28B-923052F471A6.jpeg


PAF系のSSVです。
リアは+では無く普通のタイプに。今回はカバードにしました。


画像は取り外した1985ですが笑


5423CEB7-3344-40BB-BE9B-346881D9068B.jpeg


相変わらず配線がぎゅうぎゅうに押し込まれてます。
これもあらかじめ結線する同士がねじねじされてます。

今回取り付けていて思いましたが、ハウリング防止のロウが配線の中までされてます。
それが原因なのかハンダが弾かれていました。


8BB6CE94-363C-42F4-AB18-92D266EB36B2.jpeg


エスカッションから取り外したところ、バネがこんな物が付いていました。
PU替えたオーナー、適当過ぎんでしょ。。
それとボリュームポットが交換されていました。PRS純正はヘソがあるタイプのようで、トルクも少し重ためです。
ちなみにどこのメーカーかはっきり分かりませんでした。どうせなので純正に替えようと思いましたがめちゃくちゃ高いんですよね。。
4千円くらいするんですよ。数百円でCTS製が買えるのにいくら特注でもねぇ。。



CE2F64AC-D050-4230-BDB9-5DB2F2631D4E.jpeg


やっぱりカバードが良いですね。


取り付けは無事に出来ましたが、なんとトーンが効かない。
裏蓋閉める前に確認したんですけどね。。

どこか間違えたかなぁと思いつつ見ましたが、そんな事もなく。
もう一度音を出すと治ってました。ん〜、これはちょっと注意しておきましょう。


308E414F-5B8E-4E8C-82BD-66B22DA70157.jpeg


F40118D7-1FA6-4381-BDFB-272526B0A6A0.jpeg


カバーは至って普通ですかね。
今のところベアナックルが一番カッコいいかなと思います。


SSVはアルニコXですね。リアは+もラインナップされています。
Thornbuckerもハイパワーではなく、あまり変わらないのでこれでいいかなと。

SSHはさらにパワーがあるタイプですが、今回はそこまでは要らないかなと。アルドリッジはとんでもない数値ですね笑
アルドリッジのレビューを見ると、かなり歪ませないと美味しいところが出づらいPUとのことで。
普段からハイゲインは多用しないので、PAF系でちょっとだけパワーがあるので充分です。


今回は一応動画も撮りましたが、まだアップしていないので後日載せます。
簡単にレビューすると、少し「枯れ」の様なものを感じます。
Thornbuckerの方が歪みが最後までありますが、SSVはピッキングした後に少し歪みが無くなる感じです。

Thornbuckerに比べると大人しいです。明るさも少し減ってますね。
低音は同じくタイトです。こっちの方がミドルが出ている感じがします。


同じギターでの比較ではないのでなんとも言えませんが…。
ビンテージっぽい音を求めるならSSVでしょうか。どっちが好きか?と言われるとThornbuckerですかね。
今度元気があったら載せ替えてみようかなぁと。


音と価格を考えるとSuhrのPUは良いですね。定番のメーカーじゃないのが欲しい場合はまずはSuhrにしてみるといいかもしれません。
結局は自分のギターに付けないと分からないので、参考までに。



それではまた〜。




ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)
にほんブログ村

posted by う〜さん at 02:40| Comment(8) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする