2019年11月09日

「エレキギター」 弦を試してみる 2.5




どうも。




一日数時間ギターを弾くという事を数日行って見えて来たことでも。



現在、ケンスミスをカスタム24に、ロトサウンドをレスポールに張っています。
張り替え時期は同じくらいです。


以前の記事では張り替え直後での比較で、個人的にはケンスミスがいいかなと言うことに落ち着きました。
ただ、これが数日でそうでもないなぁという考えに変わりました。

ケンスミスの方のいいところは、価格が安い・テンション感が緩い・弦の手触りがすべすべしている・音が落ち着いている。
手触りはいいです。巻き弦もプレーン弦もすべすべです。数日経った現在でもこの感触は変わらず。しかし長時間弾く気があまり起きない。恐らく弦自体の音が原因かと。派手な音ではなく非常に落ち着いた音です。しっとりしたジャズとかボサノバとか、その辺には良いと思います。ハードロックになると落ち着いた出音が少し邪魔をする感じですね。音が前に出にくいです。


ロトサウンドの方は、価格が安い・テンション感が緩い・パッケージが密封されている・1弦がおまけで1本付いてくる。
乾燥剤入りのパック包装なので、まとめ買いをしていても弦が錆びにくいかと思います。1弦が2本あるのも地味に嬉しいです。
弦の状態ですが、数日弾き続けたところ、プレーン弦が部分的にくすんできました。指触りはやはりざらっとした感があります。テンション感はゆるいですね。レスポールだからというのもあると思いますが、人差し指だけで6弦ビブラートが軽く掛けられます。3弦2フレットのチョーキングも楽々です。エリクサー の時はちゃんと1音上げられなかったです。
サウンドに関してはアーニーボール程のギラギラ感はないですが、そこそこ元気な音ですね。中音が良く出ている感じを受けました。
レスポールに合っていたからなのか、ロトサウンドの方ばかりを弾いていました。なのでケンスミスとロトサウンドの弦に対する負荷がかなり違います。
エリクサー の時はそこまで良い音とは思えなかったレスポールですが、ロトサウンドの弦だと凄く気持ちのいい音が出るようになりました。レスポールとの相性が良いんだと思います。
価格も安いので頻繁に交換しても別にいいかなぁという感じ。2週間くらい錆びずに持ってくれたら充分ですね。


どっちの弦にも言えるのが、チューニングが狂いにくいです。アーミングとかしてないのでそれはわかりませんが、普通に弾く分には問題無いと思います。エリクサー は毎回チューニングしてましたからね。弦を伸ばしてもよく狂ってました。
それからテンション感ですが、スケールの違いがあるので確実では無いのですが、ケンスミスの方は音が上がりきる手前で指に弦が食い込む感触がありました。ロトサウンドの方はそんな事なくすんなり音が上がります。プレーン弦のテンションはロトサウンドの方が少しだけゆるいのかもしれません。


次はどの弦を張ろうかなぁ。何気に期待しているのが「ピラミッドストリングス」。高額な弦になりますね。これはプライベートストックに張ろうかなぁ。










それでは、また〜。



ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)


にほんブログ村
posted by う〜さん at 03:04| Comment(0) | ギター小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: