2019年11月18日

ジャパンのレスポール。




どうも。



弦の旅は継続中です。
そんな中、ケンスミスは張り替えて2週間くらいですかね。バリバリの新品弦の音がしています。
まあ、ほとんど弾いていないですけどね。それでも特に目立った劣化も無いので、エリクサーじゃなくても長持ちするんだなぁと。
サブギターの扱いのカスタム24ですが、エリクサー卒業な予感です。錆びない弦として有名過ぎるエリクサーですが、劣化自体は普通の弦と変わらない感じです。たまに弾くギターとかには良いんですけれど、それでも1ヶ月くらい放置していたギターを弾いたりすると弦が切れます。錆びてないだけで、内部では劣化してしているのでしょう。ケンスミスは普通の弦なので価格も安いです。それなら高いエリクサーじゃなくてもいいですよね。

メインギターでガッツリ使う弦としては錆びないのはかなりのアドバンテージです。ただ、何度も言いますがテンションがキツいんです。
ライブ中とかチョーキングが上手くいかない事があったりします。これは練習不足と言われればそれまでですが。

とは言え、ライブ中は余計なことを考えずに弾きたいものです。



反対にガッツリ使っているロトサウンドですが、フィンガーイーズをしないと指が引っ掛かり気味になってきました。
でもこちらも音の方はまだ元気です。錆びは見られませんね。何とか弾ける、と言うわけではなく、普通に弾ける状態です。音の好みは完全にロトサウンドの弦ですね。
プライベートストックの方のR COCCOも元気です。ただ音はやはり大人しめでしょうか。正直、弾いていてあまり楽しくないですね。悪い弦と言うわけではなく、ロックギター特有の感じがないと言うか。波風立たない音です。クセがないので扱いやすいとも言います。
弾いていて弦が劣化していく感覚は薄いですね。ただまぁ、あの価格なら別の弦でいいかな?という感じです。



はい、そんなお気に入りになったレスポール。最初に買ったギターもレスポール、次に買ったギターもレスポール。そのまた次に買ったのもレスポールと非常に付き合いの長いギターです。

初めはよく分からない廉価なレスポールで、物凄くハイパワーなPUでしたね。
しばらくはそれで練習していましたが、色々と知識がついてくるとやっぱりギブソンが欲しくなる。
でも高校生のわたしにはとてもじゃないけど買える価格ではありませんでした。20年前当時でいくらだったかな?20万くらいでしたかね?
今ではそれこそ10万円切るようなモデルまで出ていますが。。

そんな中で出会ったのが日本製のレスポール。



0C49CAC1-7241-426B-B722-87063669A18A.jpeg

オービルです。

当時からエピフォンもありましたが、あのヘッドの形がどうもにも。。
やっぱりギブソンヘッドがいいですからね。そこいくとこのオービルはギブソンヘッドです。
ライセンスを持っていて製造されていたギターなので、レスポールを名乗れます。
これが7万か8万円くらいでしたね。そして人生で一番弾いたギターでもあります。

フレット擦り合わせは2回くらい、PU交換は覚えていませんね。何回したかな?


人に貸したりしていたので、手元に戻ってきたときにはそれはそれは酷い状態でした。それから私は人にギターを貸すことを余程じゃないと貸さないようになりました。


少し前に完全リペアをしてもらい、きれいな状態になりました。
PUは前後ともセイモアダンカン製です。リアは14でフロントは2だったかな?


ふとギブソンレスポールばかり弾いていたので、久しぶりに音を出してみようと。
アンプをケンパーに替えてから音を出したことが無かったですしね。


いつものディストーションで。。。









あぁ、うん、こんなもんか。
いろんなリグを試してみましたが、パッとしなかったです。
PUはセイモアダンカンですし、カスタム24に付けていた時は良い音だったので原因はやはりボディですかね。


ジャパンビンテージとかで少し賑わっているエレキギター界隈ですが、どうにも信用出来ません。
私のオービルが良くないからではなく、てか全然ビンテージでは無いですからね。

実際に試していないので批評するのはなんですが、そんな言うほどのものかな?という疑問がずっとあります。
日本製のギターが出てきた頃は本家の質が下がっていたとかいうのも聞きます。でも音に関しては日本製のギターが本家に勝るとは思えません。ギター作りは昔からアメリカがやっていたことで、ギター用の木材もかなり良質な材を確保していたと思われます。日本にも木材はあったと思いますが、そんなに大量には仕入れたり出来なかったのでは?

古くから付き合いがある方に優先的に物が動くのは世の常ですが、やっぱりギターの本家はアメリカだと思うのでそっちに良質な材が動くと思うんですよ。


組み込み精度などは日本製の方が遥かに上です。でもそれだけが良いギターになるわけではないです。全然音が響かない材を使って精度良く作っても良い音は出ません。
とまぁ完全に憶測で語っていますが、ジャパンビンテージと言う言葉がイマイチな私です。

まぁ全部のギターが高値ではないですけれどね。骨董的な価値が付いているのだと思いますが、そんな価値なんてあるんかなぁと思っています。だって世界的に有名な曲とか録音されてないでしょ?
ギブソンやフェンダーが凄いのはそういうところもあるんです。あの曲はギブソンだった。この曲はフェンダーだった。そういう歴史を築いてきたから未だにそこそこの価値があるギターなんだと思います。
値段の半分はブランド代とよく言われますが、それだけの事を成し遂げてきたからあの価格が付いているんです。

オービルからギブソンに持ち替えた時はそりゃ音は良かったですよ。値段の差ももちろんあるのですが、そこはやっぱりギブソンですからね。ちゃんとレスポールの音を出してくれます。
同じ時期くらいに友人が2人レスポールスタンダードを買ったので弾かせてもらいましたが、片方は凄く音が良くて、もう片方はハズレなギターでした。でもオービルより音は良かったです。そこはギブソンですから、最低限のラインはあると思っています。そういえばカスタムを買う時スタンダードを色々と試しましたが、どれも良い音が出ていました。TAKモデルに至ってはパワーコード一発で「あの音」が出ましたからね。


現行の日本製レスポールはどれくらいの価格なんだろう?と調べましたが、ほぼ本家より安くて設定されていますね。
トーカイのレスポールはとんでもない値段でしたが。限定品でしたけどね。


この辺は個人で考え方が違うのでなんとも言えないのですが、トーカイのレスポールに50万円も出します?
私は見栄っ張りなのでギブソンにしますけどね。。
日本製ギターの良いところって、価格もあったと思うんです。約半額くらいで本家とそこそこ変わらない音が出る。じゃ本家と同じくらいの価格のレスポールだったら本家より良いのか?というと難しいですよね。。
単純に音は良いのかもしれません。どこに拘るかですよね。レスポールと名乗れるのはエピフォンと本家のギブソンだけです。他のレスポールタイプのギターでレスポールと書いてはいけないことになっています。
そういう、人によっては単なる文字だけの部分に拘るのかどうなのか。こういうところがギターを選ぶのを難しくてしているなぁと。

レスポールの形をしていて音が良かったらブランドなんてなんでも良い。という人が一番得をしているんでしょう。私もそうありたいものです。



ギターを弾いている人が見ているならば、是非とも本物を一度は触って欲しいですね。試奏はタダですから。いろんなお店のいろんなギターを触ってください。出来れば所有してもらいたいですけどね。ストラト、テレキャス、レスポールが長年どうしてスタンダードと呼ばれてきたのか、分かるかと思います。


もちろん、新気鋭のギターもあります。これからスタンダードと呼ばれるものは変わっていくのでしょうね。。



ただ、レスポールはあまりお勧めしません笑
やっぱり弾きにくいですからね。どうしてもあのスタイルが好きだ!という人にはギブソンレスポールをお勧めします。
で、せっかくなのでカスタマショップ製を買いましょう。所有欲が凄いです。メタルくらいだったら余裕で出来ますし。というか良いギターはジャンルなんか関係なしに出来ますよ。ヒスコレはビンテージだから古くさい音がするなんて事はないです。使うアンプ次第です。
レギュラーも所有していましたが、やっぱりカスタムショップ製の方が音は良いです。組み込みもギブソンにしてはきっちりしていると思います。私のは弦高がとんでもなく低くて弾きやすいです。ちなみに届いたセッティングそのままです。個体差はありますが、音も弾きやすさもカスタムショップ製の方が遥かに上でした。
2014年以降のモデルは音が良いように感じます。細かい仕様が変わった年だったような。


見た目のオーラから違いますからね。これは実際に所有すると分かります。


レスポール人口が密かに増えて欲しい私です。



FFB3897F-C734-4EB5-A9BC-EA417FE1F5D3.jpeg









それでは、また〜。



ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)


にほんブログ村


posted by う〜さん at 01:35| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: