2019年12月04日

他メーカーからのレスポール。




どうも。



レスポールタイプのギター、現状ではどんな感じなのでしょうか?
個人的にはライブとかでミュージシャンが使用している姿が減ったように思います。

私が高校生くらいのときは、まだレスポールは定番ギターの一つとして君臨していました。
というか、いろんなギターがありましたね。V系が全盛期だったこともあったので、ESP系列のギターも多くみられました。
それでもいつかはギブソン、フェンダーという話をしていました。


最近ではその傾向が変わったかなぁと感じます。
メーカーに拘りが無くなってきた感じ?気に入ったらどこのギターメーカーでも構わないっていう。
日本製の高額ギターも見掛けることが増えました。以前は廉価なコピーギターという位置づけの日本製でしたが、今では割憧れのメーカーみたいになってますね。


少し前はPRSギターがハイエンドギターとして名を馳せていたようでしたが、今はSuhrとかjamestylarがその位置なのかなぁと。
どちらもストラトを進化させた形のギターですね。PRSはやっぱりどこかレスポール的な感じが残ってます。というより、レスポール寄りに作られてますね。


そんな新しいハイエンドギターの両社ですが、レスポールタイプのギターを出してますね。
JTの方はツイッターの阿部学さんから知りました。Suhrもその関連で知ったかな?



919C9064-83A9-4C39-BB52-F99E92C80A6C.jpeg

92FA8CA2-93CE-4BD7-853F-00B9F7C1C015.jpeg

A4FAA869-47C7-493A-943F-35D4697158CC.jpeg

7759C047-CD2B-4D31-956D-936CD9CAA87C.jpeg



これはSuhrですね。
ヘッドも3:3になってます。





でもやっぱりなんか形が違うんだよなぁ。
ボディコンターとかぜんぜん良いんですけど、なんかこれじゃない感じがします。



次はJT


3C25A852-0129-4060-940D-3C0385DFA2FD.jpeg


Facebookから見つけました。



うん、もう違和感しかないです。
ハイポジションを弾きやすくする為なのでしょうが、あの凹みはいらないです。なんか、アリアプロ2のギターに見える。。
ヘッドもJTヘッドですが、んー、やっぱり似合っていないと思います。ストラトボディにギブソンヘッドも変ですけどね。そんな感じを受けました。


権利やらなんやらであの形をまるっとコピーは出来ないので変更していると思いますけど、やっぱりレスポールはギブソンの形が完璧かなと。
PRSのシングルカットはデザインが良いですね。


レスポールか1番好きだから肩入れしてしまうのですが、レスポールの形を弄ると途端にカッコ悪いギターになる気がします。
それだけレスポールの形が完成されているんだろうなと。
だから、時代に置いていかれているというのもあります。レスポールらしさを残しつつ、現代でも通用する物を作るのはなかなか難しいんでしょう。
改良したら我々ユーザーが叩いたりもしますから、メーカーとしてもどうして良いか分からないんでしょう。まぁ、叩かれるような仕様にしてくるギブソンもどうかと思うんですけどね。



他メーカーがレスポールに挑戦してきている感じもあるので、これから改良していって良いものが出来るといいですね!



0EE13FB3-D3C7-43B7-B5DC-8F9B13012E44.jpeg


やっぱりギブソン レスポールが1番ですな(*´∀`*)









それでは、また〜。



ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)


にほんブログ村
posted by う〜さん at 18:51| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: