2020年11月26日

ギターを吊るしてみた。




どうも。





現在、594、TAK DC、HISTORYをアルティメイトのギタースタンドに掛けてます。



結構場所を取るんですよね、スタンド。
なのでいつかは壁にギターを吊るしたいと思っていました。

でも石膏ボードなのでそのままだと掛けれない。
柱を見つけてそこに付ければいいけれど、それだと場所が自由に出来ない。
ツーバイフォーの角材で柱を作って突っ張らせる方法もありますが、正直めんどくさい。
後はメッシュワイヤー?これも突っ張り棒で固定する方法ですね。

さて、どうしたものか。
もっと気軽に出来るものはないのかのぅ…。
と検索したら出て来ました。

ハーキュレスのギターハンガーで、メタルラックとかにも付けれる物が。



DEC709CD-1E41-4453-BBEE-30239834C076.png


これね。用途としてはメッシュワイヤーに付ける感じでしょうか。
上下で挟んで固定するタイプです。

これをメタルラックにも使用されている方がいまして。とりあえず試してみるかと。


B9601E02-4E58-4996-BCE2-48224DE20524.jpeg


うむ、掛けてみたけれど明らかに不安定。
これはちゃんと挟まないとダメっぽいです。
そうなると、メタルラックの棚が1枚無駄になります。なんてこったい。


8FD90BFF-19D1-417B-A73E-A5AC6887034D.jpeg

挟んでみました。

それでも揺らすとガタガタします。汎用品だから仕方がないですね。
そして棚が1枚死にました。なんも置けねぇ…。


ん〜、これどうなんかなぁ。
でも簡単には外れる気配はないです。
大丈夫そうなのを確認してギターを掛けてみました。


4ACE5538-A816-4408-8F77-969208DDEA51.jpeg


本体の剛性は高い感じがします。
地震が来た場合のことを考えると不安しかありませんが、まぁ大丈夫でしょう。この土地に住んでなんだかんだ30年弱になりますが、ヤバイ地震は来なかったので。というか物が倒れる程の強い地震は来たことありません。
絶対に無いわけではないけれど。そんな事をずっと考えていたら生きていけません。
ギターがぶっ倒れるくらいの地震とか来たら自分自身もヤバいと思うし。


58176A13-73EF-4FFD-9879-16543EDD74A6.jpeg


そして完成したコレジャナイ感。


あの〜、ね。ギターの後ろには何もないのが一番カッコいいと思いました。
サウンドハウスで買わなきゃいけない物があって、それだけだと送料が掛かるからもう1個ついでに注文したんですけど、失敗だったかもしれん。。



他になんか無いのかなぁ?と検索してたら、とても良さげな物を見つけました。


0AFEBC28-A85E-49F0-BB1C-1BD6F4417148.png


これ、なんと石膏ボードに取り付けが出来ます。というか、石膏ボード専用です。


B894DDF9-55AD-4DE8-BF09-9E8F7FE413E1.png


土台をかべに取り付けて、本体の裏側の溝に嵌るようです。
石膏ボードに重たい物を掛けるときに、釘をクロスして打ち込んで固定するフックってあるじゃないですか?あれと同じ原理ですね。
数年使用していたり、地震があったりした時も大丈夫だったとあったので安心かなと。

もう一種類ありますよね、ホッチキスで留めるハンガーが。
あれはちょっと見た目が…。

こっちの方は見た目が凄い良いです。価格はちょっと高いかなと思いますが、まぁこれだけの物となるとある程度は仕方がないですね。


そんな訳でこっちも注文しました。
使ってみて良かったらこれに統一しようかな。


メタルラックに使ったハンガーも物は良いですよ。どっちが自分のスタイルに合うのか考えてから導入された方が良いですね。
気軽なのはハーキュレスですけれどね。あと壁に掛けるよりギターを取りに行きやすいです。広い部屋では無いので壁に掛けても大した距離ではないんですけれど、普段自分がギターを弾いている場所に持って行く事を考えると手元に近い方が良いんですよね。

ギターを置く場所というのは、永遠のテーマかもしれません。




それではまた〜。






ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)  <a id="&amp;blogmura_banner" href="//music.blogmura.com/guitarist/ranking.html" target="_blank" rel="noopener"><img src="//music.blogmura.com/guitarist/img/guitarist88_31.gif" alt="" width="88" height="31" border="0"></a><br><a id="&amp;blogmura_banner" href="//music.blogmura.com/guitarist/ranking.html" target="_blank" rel="noopener">にほんブログ村</a> 


posted by う〜さん at 01:09| Comment(4) | ギター小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

一時期エリクサーでなんやかんやありましたね。




どうも。



前回、エリクサー関係の題名にも関わらず全く関係ない内容ですいません。。
とは言え、わたしのブログなんぞ、数十人くらいしか見られてないと思います。
でも、コメントを頂けたり、少しは誰かのお役に立っているのかなぁと。変なコメントもありますけどね。そういうのも含めてブログなので。
コメントNGのブログ様も数多くありますが、それも一つの自己防衛。嫌なコメントなんざ見たくないですもんね。
ほんとね、訳わからんコメントされたらめちゃくちゃ凹むよw しばらく引き摺るよw でも私はコメントNGにはしません。
そこはやっぱり同じ想いを持っている人だとか、そういう方達と繋がりたいからです。いいんです、ネット上だけでも。このブログだけのやり取りでも全然構いません。それと間違いを指摘してくれる人もいるかもしれません。「そこは違いますよ〜。こうですよ〜。」って情報を頂けるのは助かります。「死んでください。」とかコメントされたら自分の持てる全ての力と人脈使って特定しますけどね。いや、どこの誰か分からん人にそこまで時間も労力も掛けるのはダメですね。無視するのが1番です。

まぁそんな訳でして、相変わらずのグダグダブログですが、よろしくお願いします。



さて、エリクサーですよ。家に予備がありまして。もういつ買ったのか分からないぐらいの弦。プライベートストック買った時に貰った物だったっけ?だとしたら2年くらい?経ってますかな。

一度はやめたエリクサーですが、何故また使いだしたのか?


今のエレキの数は4本です。レスポール、カラクサ、シェクター、PS。このうち絶賛稼働中なのがPS以外。
レスポールが実質メインギターですね。カラクサはユニットでの活動時に。シェクターはレスポールの予備ですね。
それぞれにロトサウンドだったりアーニーボールだったり張っていた訳ですが。毎日、平均的に3本のギターを取っ替え引っ替え弾くわけではなく。
この日はレスポール、あの日はカラクサという感じで使ってます。もちろん連続して使うギターもあります。
そうやっていると、弦が劣化していくんですよね。当たり前ですが。フィンガーイーズとかやってますけどやっぱり錆びる。
始めはなんとも思わず弦交換していたのですが、さすがにめんどくさくなってきて。。弾かない方が劣化していくんですよね。それも勿体ないなぁと。


一応、他のコーティング弦も検討しましたが、あまり長持ちしないというレビューが多く。ダダリオの最新のコーティング弦も使ったことがあるのですが、2日くらいで弦がヘタってましたね。あんな高いのにゴミみたいな弦(ry


それで、やっぱりエリクサーかなぁ。と思い予備を探すと出てきました。2代目のナノウェブコーティングですね。私は初めに出たエリクサーのコーティング弦の時から愛用してまして。ナノウェブは出た当初からずっと使い続けてきました。3代目のオプティウェブも数回使いましたが、巻弦のザラザラした感触があまり好きではなく、ナノウェブに落ち着いてました。普通の弦の感触が好みの人にはオプティウェブがいいでしょうね。私は弦と指が擦れる音が嫌いなのでナノウェブくらいが丁度いいかなと。

そんな訳でして、エリクサー弦は長年の愛用者です。
別に古参気取りではないですが。まぁそれなりに使っています。プレーン弦がアンチラストになる前からでしたが、その時はコーティング弦の強みは感じませんでした。だって巻弦よりプレーン弦の方が錆びるのが早いので、あんま意味ないじゃんと思ってました。プレーン弦をなんとかしてくれとずっと思っていましたが、アンチラストになっていよいよ錆びに強い弦が確立したかなと。


あとエリクサーの特徴というか個性というか。弦がめちゃくちゃ硬いです。そのせいか少し金属音が強いですね。これはコーティングしている分、音抜けを良くする為かなぁなんて。いくら薄いとは言え弦を膜で覆っていますから。
それとアンチラストになってプレーン弦も指に負担が掛かるなぁと感じました。滑りもいいのでそれと相まってチョーキングに気を使ったりするからかもしれません。チョーキングしているとよく指から弦が外れてましたね。スライドする際は良かったです。


まぁそんな訳で弦交換めんどくさいから一部のギターだけエリクサー張るかぁと。



で、YouTubeで見掛けたんですが、エリクサー弦でちょっと問題になっているのを知りまして。
一応動画も拝見しましたが、まぁ人それぞれ違うからね、としか思いませんでした。


えっと、ギター講師をされている方?がYouTubeのチャンネルを持っていて、エリクサーの弱点だかなんだか言うタイトルだったけな?まぁそんな感じ。
多分、ギター弾いている人なら見たことあるんじゃないんですかね?

その方が言うには、「エリクサーはチューニングが合わない。」って。
動画内で検証もされてました。プレーン弦が安定しないと。

まぁこれには様々な方がいろんな意見を言ってますが。検証の仕方が雑だとか、たった1個のエリクサーじゃ意味ない。とか。
それでこの件で動画を上げた別の人が疑問点をあげて。それに対してご本人からの動画でちょっと煽るジェスチャーしたとかなんかで話題になってました。
どっちの動画も「ふ〜ん。」って思いながら見ました。わたしの頭は空っぽなので深く考えずw どういう意図でジェスチャーしたのか分かりませんしね。生配信を見ていてされたそうですが。(事前に生配信にお邪魔します、とその方は連絡したそうです。)ま、人間なんて何考えてるか分かりませんから。

とまぁ、もはや終わった話題をほじくり返すわたしもどうかと思いますが。エリクサーを長年使ってきたわたしの経験を思い出し…

これを見ていて私は思った訳です。



いや、エリクサーのプレーン弦は安定しにくいよね…



ずっと使ってきましたが。もちろん買うお店も様々です。さっきもお話ししたようにナノウェブが出る前からエリクサー"だけ"使ってきました。
レスポールに張ったり、ストラトに張ったり。PRSに貼ったり。アコギもエリクサーです。

そんなエリクサー一辺倒のわたしが使っていて思った事が。



なんかね、確かに安定しにくいんですよ。
プレーン弦だけやたらとチューニングがズレる。弦をぐいぐい引っ張って伸ばしても中々安定しません。
わたしが使ってきたギターが全てそんな感じです。大幅にズレるとかは無いのですが、曲が続くと徐々に下がっていきます。
1曲ずつチューニング合わせたりもする時がありました。

フロイドローズには使ったことがありませんので分かりませんが。まぁあのタイプならチューニングがズレることもないでしょう。


レスポールでも安定しない、ロック式のペグを搭載しているPRSも安定しない。トレモロ付きとかストップバーでも変わらず。
めちゃくちゃズレる訳ではないけど、コード弾くとなんか気持ち悪い響きするなぁって感じ。
なのでエリクサーは割と昔からチューニングが安定しないという認識がありました。

今はロトサウンドに替えましたが、エリクサーほどの不安定さは感じません。とは言え全く狂わないわけではないです。数日経って弦も落ち着いてきたかなな?って時も、2、3曲するとちょっと音程が下がっていることがあります。
しかしエリクサーよりも頻度は確かに低いです。


ギターや弦、環境が安定していても、チューニングって狂うと思うんです。ライブをやっている時に、終わるまでチューニングしなかった。なんで人は居ないと思います。でもこれは環境が安定していませんからね。



そんなわけでして、私が思ったことは、



どんな弦でも弾いてたらチューニングはズレる



うん、ズレるよ。度合いの違いがあるけど。でもエリクサーがズレやすいっていうのはずっと感じてます。本当に微妙に音が下がるんですよね。
「いやいや、うちは一度弦が安定したら狂わないんだけど。」という方が居ましたら、是非とも教えて頂きたいです。弦のポストへの巻き方とかにコツがあったりしますからね。
サツマさんと言うYouTubeで動画を上げている方で、ストラトでめちゃくちゃアーミングしたのにチューニングがズレていないのを見た時はどうやってんだ?と不思議でしょうがなかったです。どうやってるんだろ?


ちなみに、このブログを通してイチャモン付けるという意図は全くありません。。
どちらの言い分も理解できます。

ただ、わたしとしては、どちらかと言うとエリクサーはチューニングが不安定だと思う。という考えです。
わたしのエリクサーでの経験はここ数年使ってきたとか言うレベルではありません。もちろんライブとかでも使ってきました。知り合いの会社の記念パーティーでもお願いされて数百人入ってる会場でやったこともあります。

どこでもわたしのギターにはエリクサーが張られていました。


なのでエリクサーの使い心地などに関しては自身があります。

結局はその機材とどう向き合うのか?と言うことではないかと。チューニングが不安定なら使わなければいいし、それでもエリクサーじゃないと、というなら付き合い方を考えればいいんです。
普通の弦でもチューニングって意外と安定してないもんです。ライブとかでもチューニングって皆さん結構やっていると思います。プロのステージでも弾いている最中にペグを回したりしている姿とかあります。

わたしがエリクサーに戻した理由は、やっぱり錆びにくいから。メインのレスポールにはロトサウンドを貼り続けますが、それ以外のギターにはエリクサーです。それと数時間弾いていると普通の弦だと劣化が始まります。プレーン弦がくすんで滑りが悪くなります。エリクサーだとそんな事にはなりません。これが1ヶ月以上続くので、多少チューニングが不安定だろうと利便性と天秤に掛けたらエリクサーを使おうってなっただけです。


まぁあの動画は少し表現が過激だったから注目されたのかもしれませんね。もしかしたら名誉毀損とかになってしまうかも…。営業妨害とか?なので拡散力がある人は物事を考えて発信しないといけませんよね。普通の人よりも影響力を持っているので。


まぁネット社会でも底辺のこんなわたしが言っても信憑性がないですが。
そもそもチューニングなんて大幅にズレていなければ聞いてても分からんですからね。ライブとかだと尚更。
絶対音感ある人は気持ち悪いだろうなぁと思いますがw そんなピンポイントでギターだけの音しか聴かないなんて人は少ないと思いますけどね。


プロになるとアマチュアとは考え方も桁違いですから、少しでも不安材料は取り除くので、そこがプロとわたしとの違いでしょうか。
多少チューニングがズレても錆びにくいからいいわ〜。とか言って使ってますから、わたしは。弦交換めんどくせぇし。



というわけで、エリクサーについて真剣に書いてみました。











ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)


にほんブログ村
posted by う〜さん at 17:26| Comment(2) | ギター小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

運搬用のケースはケチるな。




どうも。




レスポールの運搬用にケースを探しまして。
ギグバッグタイプですね、セミハードでは無く。



私はメーカーを揃えたい性分でして。
レスポールならギブソンだろうと探しました。



なんかすっごい高い物が出ていますね。
デザインは・・・う〜ん、なんか古臭いです。。

66FF4929-9802-4120-839E-B333D59F0662.jpeg



そんな中、カスタムショップ製を買うと貰えるギグバッグが出品されていまして。
安かったのでそちらを購入。



こんなやつです。


6FAC6B29-E9CE-48A7-A39A-E580BD8AD457.jpeg


まぁこれも古臭く感じますけどね。
ロゴがなんと言っても素敵です。



中はこんな感じ。


463907AD-F170-4951-9B70-512FA907BF3F.jpeg

D6D9364C-AE45-4A35-A633-359FFB918142.jpeg

3C9BC5C4-AA66-4BA5-968D-929EC9D0EE2D.jpeg


はい、安っぽいです。
一応ネックの枕はあるのでヘッドがケースに当たることはないです。



レスポールを入れてみた。


FA3B4252-DE8E-4E3C-A970-01533CCDEE28.jpeg


なんとここまでしか開きません。もうちょっと開いて欲しいです。入れづらい。。



A77B7425-D152-4F51-83CA-F18637B553CA.jpeg


ちなみにフロントにあるポケットは特に工夫はありません。



7DCD030D-DEE2-488F-A75C-9C1E16D314A1.jpeg

33970D7B-611F-456E-A346-8C6CC86E84E4.jpeg


ケースとヘッドとのクリアランスは充分です。ゲイターのケースだと思いっきり当たりますが。



3AD3FC4A-2417-4DA8-BFC8-A57B07F977DC.jpeg

ただ、蓋がこんなに浮きます。チャックで閉じるとケースがパンパンです。
けーす中でギターが動かないから良いのでしょうが、このケースはクッションが薄いです。とても衝撃からギターを守れるとは思えません。
そんなわけでこのケースは使いません。元々オマケのケースなのでこんな物なのでしょう。
ファングッズとしては持っていても良さそうです。が、邪魔なのでたぶん売ります。



他にケースが無いものか探していたのですが、意外に無いんですよね。
あっても5万とか。。果たしてそこまで値段の高い物は意味があるんだろうか。


サウンドハウスを見ているとレスポール用のケースを見つけました。


BE461A08-FB7D-4CE0-81A2-479F972E95CC.jpeg


リユニオンブルースというメーカーのケースです。


4F3537C4-D2FD-4A17-917B-C5D87BCFFB95.jpeg

53497279-88F1-4C10-B21A-71417C8E5A52.jpeg

取手の代わりに手を入れられるスペースがあります。



8EC0A1F5-8578-4550-8F75-4EA19BD0E4FA.jpeg

こちらの取手はしっかりとした物でした。ギブソンのはここの取り付け部分の剛性が弱くてグラグラしていました。
ゲイターの方が少しだけ安定している感じですが、悪くはないです。


8A0FF72C-38BA-4D0A-8F4B-F07F1E5F3F3C.jpeg


ポケットの中は仕分けられるようになっています。
シールドを掛けるのも付いてます。



51A19D84-8F8A-4B72-B65B-BB9A6F2A794E.jpeg

残念なのは底の部分にゴムを貼っていないところですね。ここは改善していただきたい。


9C10B8D4-2174-4443-83AB-4D3705B54AAE.jpeg


7E10162B-45CD-4D88-8B61-6CB58A5D2BA2.jpeg


中は鮮やかなブルースです。
素材はナイロンぽいですね。フカフカしていません。

レスポール用なのでボディの部分はかなり嵩上げされています。


C25164F0-E583-4B97-B2C0-81C38613C227.jpeg

ブリッジの固定部分も硬い素材で作られています。


早速レスポールを入れてみる。



36A21E0D-296D-4283-ACA3-8FA3FBD4E77B.jpeg


07147FFC-C15B-474B-91D1-3F0CDA14B3E2.jpeg


ネックレストはかなり高さがあります。中央が凹んでいてそこのネックが挟まる感じです。


A622F60E-8DC0-4E9E-9DEC-85122652E904.jpeg


ケースとヘッドのクリアランスもかなりあります。


D36C4CDF-032E-423C-A078-0B005663A017.jpeg

これだけ離れていれば倒したとしてもネックに力が掛からないかと。
過信は禁物ですけれど。


291E8951-55AB-4107-8BD3-BBDE25C6860E.jpeg


これも蓋が浮きますね。レスポールはこうやって圧迫して固定しないといけないのでしょう。
それでもギブソンのケースより窮屈では無いですが。それとクッション材が厚めなのでやはりこちらの方がいいですね。

難点として中の素材がビニールなのでキュッキュと音が鳴ります。
それからネックの部分を固定するベルクロなども無いので少し不安ですかね。



と思っていたら、これの上位版のケースがあって、YouTubeで放り投げている動画がありました。











いやぁ、これは凄いです。
流石は上位モデル。先にこれを見れば良かった。。



サウンドハウスでは在庫がありませんでした。
しかしAmazonでちょうど値下げされていました。うん、買うしかないでしょ。



最初のケースもAmazonで買っていればなぁ。返品出来たんですけど。仕方ないですね。
別にこんな過酷な条件でギターを運んだりはしないのですが、何かあったら嫌ですから。
車で運搬していても結構揺れますからね。たぶん機材には想像しているより衝撃があるはずです。
レスポールとかネックが簡単に折れますから。


みなさんもギターの運搬にはお気をつけください。







それでは、また〜。



ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)


にほんブログ村
posted by う〜さん at 00:19| Comment(0) | ギター小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする