2018年06月10日

ヘッドとキャビを繋ぐスピーカーケーブルをベルデンに変えてみた。





どうも。






玄関に落ちていました。

11CB804D-9897-4B72-89AC-01D3C4B64188.jpeg

ツバメの雛が孵ったのでしょう。
それにしても、小さいです。小指の爪が程くらいしかありません。





はい。スピーカーケーブルです。
これも音が変わるので、ハマると泥沼と言われています。




わたしはプロケーブルさんが製作している「ウェスタン・エレクトリック」というブランドのものを使用していました。




42581983-2969-402F-9B86-312EC4A40555.jpeg

これですね。


何も考えず、プラグ部分をストレートで製作してもらいました。




12インチ1発のキャビを使っていた時は不便ではなかったのですが、412キャビに変えてからこのストレートプラグが思いもしない弊害をもたらしまして。




キャビを壁にくっつけられない。




そうなのです。ストレート形状なのでプラグの長さ分+若干のケーブルのたるみだけ前に出てしまうのです。
この数センチが意外に大きいのです。


変換プラグとかも考えたのですが、実はこのケーブル、1Mを2本持っていまして。
ちょっと長さが足りない時に延長できるプラグを購入したんですね。


ものの見事に音が劣化しまして。。。
なので変換プラグとか余計にダメになるよなぁ、と思いまして。



それなら、もう1回作ってもらおうとなった訳です。
ちなみになんでベルデンかというと、ウェスタン・エレクトリックが倍くらい高くて。。。
ベルデンも試してみたかったというのもあります。




で、届きました〜。




F34B9869-1A48-4FA6-B02B-4439783CF2BE.jpeg

今回はL-Lで製作してもらいました。それと長さも2Mです。



2D1297BC-DB55-432E-80C1-A5E75C6EB3DB.jpeg
いつ見てもノイトリック製のプラグはゴッツイですね。
緩みもほとんど無いので重宝します。スイッチクラフトとか名前は有名ですけど、これを使い出してからは音もノイトリックが良いなとおもいます。




D3B4BA29-FE11-4B4B-B245-C057B9227E38.jpeg

これが今までのストレートプラグ。
かなり壁から前に出ているのがわかります。
それと、ストレートプラグは不用意に壁に当たった時に破損する可能性がありますので。
スピーカーキャビ側はやっぱりL字が良いと思います。




339B0DCD-603A-4D7E-9F68-A94BDC4C855C.jpeg

L字プラグ。かなりスッキリなりました。
壁にも密着出来ていい感じです。



音の方は、W.Eに比べて若干控えめな感じですね。
音が纏まって聞こえると言いますか。W.Eの方が派手な音色に感じます。
この辺は完全に好みですね。個人的にはベルデンでもいい感じです。W.Eとの値段の差は…正直分かりませんね。




今回は割と地味な部分の改善でした。
とは言え、スピーカーケーブルも良質な物を使うに越したことはないかと。
ただ、数万円とかするケーブルは頭がおかしいかと思いますが。ベルデンは安かろう悪かろうな物ではありませんし。
昔からプロの現場で使われているものですので、これで充分じゃないか?と思いますよ。

訳の分からない製法だとかで高額な商品には気をつけましょう。
とは言え、個人の趣味ですのでお好きなものを納得されてお使いください、としか言えませんが。





それでは、また〜。







にほんブログ村
posted by う〜さん at 20:43| Comment(0) | スピーカーケーブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

W.E ウエスタン・エレクトリック。



どうも。


更新しなかったらとんでもなくランキングの順位が下がっててびっくりしました。




ランキング上位になったから、どうなるとか無いブログですけどねw





てことで、スピーカーケーブルです。

今回はギターのアンプとスピーカーキャビネットを繋ぐものですね。




今までは、定番の『BELDEN』というメーカーの物を使ってました。
白と黒のやつですね。


H&Kには、オレンジと黒の、通称『ウミヘビ』と言う名のケーブルを使用してました。




で、ウエスタン・エレクトリックでございます。
あまり聞いたことがないメーカーではないでしょうか。
ワタクシも、全く知りませんでした。



で、なんでこれを知ったかというと、オーディオの時にお話ししましたが、『PRO CABLE』さんというところで知りました。
ここは、オーディオのスピーカーやケーブルだけを売っているところではなく、ギター用のケーブルも取り扱っています。
と言っても、ここで製作されているみたいですが。



そこで、ベルデンでも良かったんですけどね。2千円しませんし。
ただ、なんか良さげな感じがしましてね。ベルデンよりちょっと高いし。
それと、ウエスタン・エレクトリックの説明を見ていると、試してみたくなったんですよ。
オリジナルのケーブルは、会社が無くなっているので残り僅からしいですが。
ケーブル界では伝説的なメーカーみたいですし。

販売されているのは復刻されたケーブルですけどね。



42581983-2969-402F-9B86-312EC4A40555.jpeg
赤と黒で毒々しいですね。



被膜はビニールではなく、布みたいなもので覆われています。今までのケーブルとは随分違う感じです。


それと、プロケーブルさん拘りのプラグ部。
『ノイトレック』というところのものを使っています。注文する時に『スイッチクラフト』と選べたような。。。
しかし、折角なのでオススメの組み合わせでいってみました。


522ECE38-4BA6-45B9-9863-A4F711DC1A68.jpeg
ちなみに、これが通常のプラグとノイトレックのプラグ。
見た目もそうですが、実際に使ってみてもノイトレックの方が頑丈です。
後ですね、プラグ部分が簡単に緩まない。これは本当にいいですね。



で、肝心の音の方ですが。



ベルデンもですね、全然悪くないんですよ。
むしろ2千円しないくらいでオススメされているので。

次にウエスタン・エレクトリックに繋いで音を出してみます。



・・・。





おぉ、なんか音が太くなった。
それと音色に艶が出た感じがしますね。情報量が多いと言いましょうか。
これは良いですね!デジマートとかを見ているととんでもなく値段が高いケーブルがありますが、ウエスタン・エレクトリックやベルデンで充分です。
まぁしかし、何を信じるかは個人の自由であります。

私は、オーディオの酸いも甘いも知っているであろう、プロケーブルさんを信じております。
そんなところがオススメして売っている商品なら、悪い方向には行かないでしょうし。
それに、我々は素人も同然ですから。音に関して。それなら、プロがオススメしているものを素直に使うのが良いってもんです。


そんなこんなで、実はシールド関係もプロケーブル仕様になっていまして・・・。
これに関しては、また別の機会にでも。



それでは、また〜。



にほんブログ村


にほんブログ村
posted by う〜さん at 19:41| Comment(0) | スピーカーケーブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

スピーカーケーブルで音は変わる。




どうも。



皆さんは、どんなスピーカーケーブルを使っていますか?




色んなメーカーからたくさんの種類が販売されているケーブルですが。
それぞれ音が違うというのは、もううんざりするほど見てきたのではないでしょうか。


今回、Amazonの方でスピーカーケーブルを購入しましたので、参考までに見ていただければ幸いでございます。



今まで使っていたのは、6505MHを買ったとき、一緒に購入したBELDENの『8470』という、もっともポピュラーなケーブルです。

白と黒の巻き巻きしているやつですね。
C38D8951-B1A8-4057-98AD-B5AA00AEC211.jpeg



その後H&Kのアンプを買ったときに、個人製作で作って貰った、これまたBELDENですが。
『9497』という、オレンジと黒の巻き巻きしてるやつです。

88661524-B87F-47CE-86C9-FAB0B7A7A0B3.jpeg


有名で、誰しも必ずや使ったことがある。プロの現場にもある。とか聞いたんですが。
そんなの聞くと、さぞ高いんだろうな〜。なんて思っちゃったんですが。
1mで2千円しないで買えます。個人製作に至っては1,200円くらいで買えました。


スピーカーケーブルは泥沼だ。ということも楽器店で聞かされたので、自分は特に色々と試さないでいました。
ギターとアンプを繋ぐ『シールド』でも音が変わるというのは実感としてありましたが。
なぜかキャビとスピーカーを繋ぐものはそのままにしていました。


では、なぜ今頃になってスピーカーケーブルなのか?



実は、アンプの音量を絞れる『アッテネータ』を購入したんですね。
小出力アンプでも、音量を上げたら音が迫力のあるものに変わるのかな?と思いまして。
まぁ、これについてはいつか書きますが。
それを繋ぐために、スピーカーケーブルが必要になりまして。
それで、最初は個人製作で頼もうと思ったんですが。ちょっと調べたら、Amazonで値段があんまり変わらないのがありまして。


『8470』を2本頼んだんですね。というのも、ケーブルについて色々とネットで見ていると、どうもオレンジの9497はあんまりよろしくない。というのを見かけまして。

まぁ、良くないというか。結局は音なんて好みですから。でも、白黒の方が圧倒的に万人受けしてる感じがしたので、今回は無難な方を選びました。現在でも使ってるしね。


購入先は、『Sound MOMO』さんというところです。


633974A2-6B86-4335-9262-CB2ADADED25C.jpeg
メイドイン・ジャパンと表記されていました。



以前買ったときは、なんかプラのパッケージに入っていたんですが。
それぞれ独自に製作されてるのでしょうね。


で、なんか違和感があるな〜。なんて思っていたんですが。
とりあえず、オレンジ色と、何がどう違うのか確かめてみよう!と思い、ケーブルをとっかえひっかえやっていたんですが。




なんか音の違いが分からないよ?



いやぁ、もうね。ほんと自分ん耳がついに腐ったか・・・・。なんて思ってたんですが。
正直、劇的に違う。という風にはなりませんでした。


好みで言ったら、やっぱり白黒の8470かな〜。って感じ。9497は、なんか音が広がらない感じをうけました。



で、さっきの違和感なんですが。
ずっと前から使っていた8470。比べてみると色が微妙に違ってまして。



FD56DE4A-D6FC-43F0-AABC-AA7C0698834C.jpeg

真っ白の方が以前から使っていたもの。ややクリームがかっているのが、今回Amazonで購入したもの。



A492841E-3806-47C4-B5B3-47F21F8954C8.jpeg
プラグも違いました。新しく買ったものは、先端に金メッキが施されていました。


なんか、ネットでは偽物がどうとか書かれていましたが。
このケーブル、ものすんごく安いんですよ。線で買ったら。

なので、こんな元から安い物をわざわざ偽物として出すのかな〜?という疑問はありました。



今回は、確かに色味が違いますが。生産時期によっては、微妙に変わる物じゃないのかな?と思います。
手触りはどちらも変わりませんでした。



で、折角なので、音を比べてみるかな?ってことでやってみましたが。






やっぱり違いが分かんないよ!


もうね、ケーブル変える時にギター置いてアンプの電源落としてケーブル引っこ抜いて。
違うの差してアンプの電源入れてギター持って・・・。





音忘れるっていうね!w

しかも同じフレーズじゃないから余計分からないっていうw



一応、動画を撮ってみたんですが、正直、自分にはわかりません。
ルーパーとかでギターのフレーズを繰り返すのがあったら良かったんですが。。。




これが最初に購入した8470。真っ白と黒。




これが個人製作の9497。オレンジ黒。




最後に、新しく購入した8470。Sound MOMO製。



もっと短くて、同じフレーズにすれば良かったんですが。。。
オレンジのがドンシャリ感があるかな?って感じですかね。音が広がらない印象を受けたのもそれがあるのかも。


8470に至っては、もはやプラシーボ効果しかない感じです。
せっかく購入したので、6505MH、マーシャルとも新しいBELDENに変更しました。
なんか音が良いような気がしたので。



拘る人は、電源ケーブルなども違うものに変えるそうですが。自分はそこまで求めていませんので。
家でしか弾かないし、そんな音量も上げませんから。
ある程度の物であれば、あとは自分が気に入るかどうか?だと思います。

流石に初心者セットについてくる千円くらいのシールドは、クソみたいな音が出るので変えますが。




自分の好みの音が出れば、それが良い音ですしね。



それでは、また〜。


ぽちっとしていただけると、更新の励みになります。よろしくお願いします^^



にほんブログ村


にほんブログ村
posted by う〜さん at 16:17| Comment(0) | スピーカーケーブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする