2021年03月31日

良くも悪くも普通になったHistory LP-C




どうも。




ストラトは継続して弾いています。
理想のトーンはバディ・ガイなので、PUをフェンダーCS製のものに変更しようと考えていましたが結局このままで。
元々はダンカンのSSL-1が3発載っていまして、特に不満が無いもので。
ポットやらコンデンサーなんかも純正そのままです。何一つ改造無し。

アンプ(kemper)のセッティングを追い込んで行ったら凄く良い音になってくれました。
いわゆるストラトらしい鈴鳴りからレイヴォーンの様なぶっとい音まで。
個人的にですがクラプトンのストラトの音って好きじゃないんですよね。ジミヘンはクランチサウンドは好きですがファズの音は嫌です。
というかファズってどこで使うの?って言うくらい初心者なもので。最近もやたらとファズが持ち上げられていますが、アレって単純にデジマートとかの影響だと思うんですよね。人が良いと言ったらそれが欲しくなる、みたいな。
ケンタのクローン系もTwitterやらで騒いでいたし、プロミュージシャンの機材にも紹介されていてまた流行ってきたって感じがします。

音の好みは人それぞれですから、試してみて自分に合った物を使えばいいかなと。
ケンタはクローンをいくつか試しましたが、そんなに良いか?これ。って思いましたのでわたしは探しません笑
本物を使うと考え方は変わるかもしれませんが、それにしては価格がね…。
使うのなら正統な後継機のKTRでいいじゃんと思ってしまいます。音が違うのは分かりますけどね。

ストラト、シングルコイルを使っている人達はやたらと「太い音」って単語を使ってますが、ある程度のギターや機材であれば普通に音って太いと思いますけどね。というか、シングルコイルで音が細いとか思ったことが無いです。
アンプのセッティングがおかしいか、単にギターを鳴らせてないだけじゃないかなぁ。
そういうところがよろしくない人は弦を太くしようが音はほんの少ししか変わらないと思います。

とまぁそんな経緯からわたしの好きなストラトの音は一般的には少数派なのかなと。
レイヴォーンの音も自分でなんとか再現してみたい!とまではいきませんでしたので。
ギターの音に正解は無いので、自分が出したい音が出せればそれでいいのです。
そういえばフェンダーとかからもノイズレスのPUがありますが、なんというかシングルコイルっぽく無いんですよね。
スタックタイプの物もちょっと違う。構造的にハムバッカーみたいなもんですからね。
そもそも、そんなにノイズって気になりますか?ストラトを弾いていても気になりませんけどね…。
無音状態ではそりゃノイズはありますよ。ジーって鳴ってます。そんな時はボリューム絞ればいいし、音を出している時はそんなノイズは気になりませんし。原音を損なわない程度にノイズキャンセラー使えばいいわけで。ストラトなのにストラトっぽく無い音を出している人が多いかな?と思います。

あ〜、これも結局は個人の感想になってしまうし、好みなので意味ないですね。
国産のストラトですが何も不満が無いのでラッキーだなと思ってます。メイプル指板のもって思いましたが別にメインギターにしたいわけじゃ無いのでストラト、シングルコイル搭載ギターはこれだけにしておきます。
レスポールより使い勝手は良いですが、ストラトも万能ギターとは個人的に言えないのでどっちも持っていた方が良いなと思います。
なんでもそつなくこなすと言うならやっぱりシェクターですね。PRSも万能ギターと言われますが、ずっと付き合っていると割と個性がある事に気付くのでシェクター系が万能だと思います。
そんな理由もあるのかわかりませんが、サーやタイラーが支持されているのかなぁと思います。ぶっちゃけシェクターは旬が過ぎているギターですね。全然悪く無いし、むしろあの価格でこのクオリティなら安いと思いますが流行りってありますから。

まぁでもね、自慢したくはなりますよね。トムアンやで!とかタイラーUSA持ってます!とか言いたい笑
良いギターを持つのは自己満足の他にも他者に対してのアピールとあると思ってますので。煽りとかではなくてね、わたし持ってるんですよ!弾いてみますか?!って言いたいだけ笑
良いギターを広めたいだけです。それと所有している人が少数なのも自己満足感が高いです。



前置きがかなり長くなりましたが…。前半部分だけ切り取って違う記事でも書こうかな。。


現在、我が部屋を見渡すとダブルカットのギターしかありませんでした。
ストラトは言わずもがな。シェクターもそう。PRSはcustom24もPSもダブルカット。
TAKモデルもDCってわざわざ名前に付いてますし。


…あれ?レスポールが無いっすよ?


白カスタムはやっぱりというか、重すぎる。。5kgってほんと体への負担が凄いですよ。
そしてギブソン特有の音がしない笑 多分、重たすぎるんですよね。
そんな訳でスタンドに置いてても手が伸びないし、そうなると埃とかが付いてしまう。
売るのは勿体無いしで結局はハードケースに入れて押し入れ保管です。
弾かないと勿体ないというのは分かりますが、もう良いんです。思い出です笑
引っ越しとか部屋をリフォームするとか以外で昔の写真とか見ないでしょ?そんな頻繁に昔のアルバムとか見ますか?
でもそう言うのって捨てたりしませんよね?思い出だから。まぁそんなのと同じです。


自分が死ぬ時には今より価値があると思うから、その時にでも子供に売ってもらいます。
2000年初期のカスタムって結構良い値段で取引されているんですよね。当時の店頭価格くらいで。

FGNのSAITO PUモデルはフリマに出品中です。ストラトがあるし、シェクターもあるので単純に出番が無いので。
それに音自体があんまり良くない。ボディ3Pだし木材のグレードも低い感じです。
PUは良いんですけどね。ネックも虎杢が出てたりいい感じなのですがボディ側でコストを下げているっぽいです。


Historyのレスポールカスタムは一時期ベアナックルPUにしていましたが、どうもコンプ感がありまして。
松本さんが使っているローラーPUも結構コンプ感があるそうです。弾きやすいんですけどわたし的にはもっとオープンな音が好きなので。
とりあえず基準となる音としてダンカンのAPH-1を前後に。

さすがはダンカン、聴き馴染みのある音でした。
それとコンプ感はやっぱり無いですね。とてもオープンな音がします。
ベアナックルも音のレンジは狭く無いのですが、何か打ち止め感はありました。
ダンカンにはそう言った物を感じないので、弾いていても楽しいです。


…が。


オーソドックスな音になった代わりとして、面白味が無くなりました。
BKPの時はコンプ感がありましたけど、暴れ馬の様なサウンドでして。ネックPUにした時は唯一無二な音でした。
ハイミッドが良く出ていてスコーンと抜ける音でした。というか抜けまくってオケから浮くくらい笑
APH-1は平坦な感じです。ピッキングニュアンスもよく拾うし、歪みも乗ります。
ネックPUの音も甘過ぎないけど抜けは良かったです。

いや、良いんですよこのPU。



良いんだけど全然暴れない。
というより、なんか元気が無い笑
EQでエッジの立った音とか作れるんですけど、そう言うことではなく。。
なんかね、達観している音がする…。一歩引いて音を出している感じ。
パワー的には普通なんですけど、なんだろうな。


ビンテージPUクローンの枯れた感じとも違う。
動画を見たりしても結構棘のある音がしているじゃないですか?本物のPAFとかも。



それで、これはなんなんだろうか?と思っていたら、アルニコの種類が原因なんじゃないかな?と
わたしの好みの音は、だいたいアルニコX仕様の物でして。
BKPのブートキャンプもアルニコXでした。対してAPH-1はアルニコU。
アルニコXはエッジの効いたサウンドが特徴とありましたが、もしかしてここが違うからかな?と。
もちろん、ギター本体やアンプも影響するのでここだけでは無いと思います。
しかし自分が感じている元気が無いのってコレっぽいです。


なるほどな。まぁこれで音の方向性は分かったから良いや。
しかしBKPはもう無いなぁって事で候補から外し。
ディマジオは多分好きじゃない笑
PRSのPUもこのレスポールには合わないだろう。すげー高いし。。

他にもヴィンテージマニアックスから出ているPUとかありましたが、とある方から音がペラッペラと聞きましたので無し。
リンディもただ元気が無いだけのPUとも。



ほぁ〜。ダンカンしかないか…。


て事でカタログと睨めっこしつつ動画も見つつ。
ここである事を思い出しました。

とあるブログで仲良くさせて頂いている方(わたしが一方的に)が、「SuhrのThornbuckerが凄く良い」と言うのを思い出して。
動画を漁りつつ、その方の参考音源も聴いたり。




いや、やっぱこれめちゃくちゃ良いじゃない←天邪鬼だからいつも反対を選ぶ


いつものサウンドハウスさんでポチッと。
ゴールドカバードにしようと思いましたが、なんか選べなかったり在庫が無いとかもあって普通のブラックボビンにしました。
リアは少しパワーがある+にしようと思いましたが在庫が無かったので前後とも無印のPUに。
リアとネックってわざわざ分けているから問題ないでしょう。

そういえばビンテージのレスポールとかでネックPUの方がリアより出力が高い物があるそうですね。
TAK1959はそんな個体だったようで、リアはカスタムバッカーでネックはバーストバッカー3になってます。
高さを調整すれば良いだけなので、別にリア用とかネック用とかわけなくてもいいのかもしれないですね。
それぞれで好きな音が出れば入れ替えてもいいわけで。ダンカンPUのレビューを細かく書いてくれているブログ様がありましたが、SH-14をネックに付けるなんてことも書かれてました。このPUは基本はリア用で、結構パワーがあって14kΩくらいありますね。それをネックに付けるのはどうなんだろうか?と思いましたが「PRSのカスタム24の様にネック側に質量の無いギターに付けると良い」と書かれてました。
たしかにカスタム24はPUの位置の問題でカスタム22やレスポールの様な甘いトーンが出しづらいです。
その方はそれを補うのにSH-14が良いとのこと。これは興味があるのでいつか試してみたいと思います。
リアには付けたことがあるんですけどね。あのカスタム24の音はいまだに上位3位以内に入ってます。


はてさて、SuhrのPUでどれくらい好みに近づくのか楽しみです。
ハイエンドメーカーと呼ばれるくらいなのでギターは高額です。アンプも結構高いですよね。
しかしPUとなるとダンカンに毛が生えた程度の価格なので気軽に交換出来ます。ありがたや。

配線が分からなくて自分で交換が不安という方もいらっしゃるかと。ネットで検索すると各メーカーの配線図を載せてくれているページがあるのでテスターとか持っていなくてもなんとかなりますよ。
初期不良だとかを見抜くためにテスターはあった方がいいんですけどね。
ハンダ付けも何回かやったらなんとかいけます笑
配線の仕組みをゆっくり理解すればどうしてここに繋ぐのか、これはどこに繋ぐのか?というのが分かると思います。
5wayレバーは大変ですが、そこを触らないでボリュームやタップに繋ぐだけならめちゃくちゃ簡単です。
タップしないレスポールとかだったらボリュームにプラスとマイナスをハンダ付けするだけですもんね。

まぁ、これが出来ればPU交換の沼にハマっていくんですが…笑


E54E45DE-67F3-4FD9-B636-11D2E186CBF0.jpeg



D01EBB9E-EFE7-4010-BC9F-719BAFF7F9A3.jpeg


現在はこんな見た目ですが、新しいPUもブラックボビンなので見た目は変わらないですね。


届くのが楽しみでございまする。



36C45817-7561-4336-84FA-C65A9FA15389.jpeg



それではまた〜。




ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)
にほんブログ村

posted by う〜さん at 17:44| Comment(4) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月27日

Gibson Murphy Labの事が分かりました。




どうも。



YouTubeで動画を上げている楽器店、「ギタープラネット」さんの方で詳しい内容をご説明されてました。









他にも様々な動画を上げておられますね。


今回はギブソンの新しいシリーズ、「マーフィー・ラボ」について説明してくれています。
簡単に言うと、


・責任者はトム・マーフィー
・複数人のチーム(5〜10?人)
・エイジド加工について研究している
・TMは作業をしない
・実作業はTMが選んだ人間が担当する
・最終確認はTMがチェックする


とまぁ、大まかに言うとこんな感じの様です。


ふむふむ、なるほど。





これ何も価値なくね?


以前にも書きましたが、マーフィーが選んだとは言え「あんた誰やん?」って人が作業するんですよね?
なにか実績があるのならいいのですが、ほぼ無名と変わらないのでは?
フェンダーのマスタールシアーはちゃんとした実績があるから価値があるわけで。

ついでに言うとマーフィーはただの塗装屋ですからね。ギター作りに長けているとかじゃないです。
当時としては画期的だったんでしょうね、エイジドと言うのは。
ビンテージそっくりに作るのは凄い事だとは思いますが…。


それからこのラボのエイジドは従来の物とは違うそうです。
ラッカーのクラックは大体がカッターで傷を付けていたそうですが、ビンテージの塗装を解析して今までとは違う方法でクラックを入れているそうです。
他に有名なやり方だと冷却スプレーを吹き掛けたりですね。
ただ、その様な方法だと思い描いた通りにクラックを入れられないというデメリットがありました。

それをラボでは特殊な方法で狙い通りに、ビンテージと同じ様なクラックを入れられるそうです。



へぇ。






そんなもんに予算掛けんなよ笑


いや、一つの技術としてエイジドはあっていいし、それを追求していくのはメーカーの自由かなと。
…ダメですね、わたし個人の好みを押し付けては。


で、どうやら今後のCSでのエイジドはマーフィー・ラボが担当するそうです。
VOSはそのままなのかな?ラボのウルトラ・ライト・エイジドが一番加工が少ないですが、普通にクラックが入ってました。
説明によれば打痕もうっすらあるそうです。


ふむ。完全新品は作る気が無いのでしょう。
しかしまぁ、何が悲しくて新品のギターを傷だらけで買わないといけないんだろうか。
しかも価格は上乗せされるという。古臭く見せるための加工をしているから価格が上がるのは理解出来ますけど、そもそも傷が無いギターが欲しいんだが?


これはあれか。わたしがお金を持っていないからなのだろうか。
お金があればエイジドと言う無駄に価格が上がるギターでも簡単に買えるからなぁ。
わたしには余裕が無いのだろう…。


それにしても、本当にいい金儲けの仕方を考えたなと笑
初めから傷が入っていれば楽器店から返品されないし、お客もそう言う物として見るから特に何も言わない。
本来はビンテージの様に見せる技術なんだろうけれど、思いもしない副産物があったと。
これはギターだから成り立っている気がします。多くの人はプロミュージシャンの機材に憧れます。プロが使っているギターは何かしらの傷がある物がほとんど。そういうのを見慣れてしまったからエイジドなども受け入れられたのかなと。

他にもそういうジャンルはあるんでしょうね。
改めてギター界隈は異端だなぁと思いました。


昔のモデル、マーフィーエイジドは価値があると思っています。本人がやってますからね。
ただの塗装屋のおっちゃんではなく、世界的に認められた技術ですので。
NAMMとかで世界中の楽器関係者が「これは凄い!」と思ったものですからね。

どうせエイジドならマーフィーのが良いですし。
ということは、今後はマーフィーが手掛けるエイジドは出ないという事ですかね?
ん〜、それならますます昔のモデルに価値が出ますね。


マーフィー・ラボ、今後どうなっていくのか。。
価格は高い物で120万円ほど。ゴールドトップの安い物だと60万円くらいでしたかね?
仕様としてはやらかしたTHを受け継いでいますが、物によってはそれより安いですね。
しかしTH仕様は2017年くらいの普通のヒストリックから使われているので、特別感は無いです。

木材もラボ専用で選別してはいない感じなので、音の差は気のせいレベルかと思います。
動画内でも、「マーフィーエイジドは音が良い」と言っている人が一定数居るようで。マーフィーも直接言われたりしたそうですが、困惑したそうで。
ラボのギターも「音は良いのか?」と質問されて返答に困っていたというエピソードがありますが。マーフィー氏は正直な方なのでしょう。
塗装で音は変わると思いますが、同じギブソンのギターでそこまで変わるのだろうか?と思います。
あれでしょう、プラシーボ効果ってやつじゃないですかね?



何にしてもラボの事が分かって良かったです。
自分は間違いなく買わないですね笑 ウルトラ・ヘヴィ・エイジドとかマジで要らん。
お金があったら?ん〜、新品ピカピカ状態にしてくれって頼みます。



それではまた〜。





ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)
にほんブログ村

posted by う〜さん at 20:38| Comment(2) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月26日

SCHARLLER 「S-Locks」ストラップロックピン




どうも。



基本的にストラップは弾く時にギターに付けています。
スタンドに置いている時はストラップは毎回外します。
ラッカー塗装の場合は皮と塗装が反応してしまいますので、長時間ギターに触れさせていると危ないです。…わたしは経験していませんが。


ストラップを毎回外すのはスタンドに掛けた時の見栄えが気になるからです。
なんかこう、びろーんと伸びているストラップを見るとだらしなく見えると言いますか。
何かの拍子でストラップに引っ掛かったギターが倒れたりするかもしれませんし。

なもんで、ストラップの穴が少しずつ広がっていきましてね。
簡単にギターから外れてしまうように。まぁそりゃそうですよね。


今では色んなグッズが出ていますが、色々と考えた結果としてロックピンにしようと。
と言うか、昔から利用はしていました。
立って弾くことは今のところ予定がありませんし、ストラップも座って弾く時に肩に軽く掛かる程度なのでロックピンじゃなくてもいいのですが。
PRSはストラップボタンが大きくて毎回苦労するので…。


昔使っていた物が残っていないかなぁと探したところ、1セットありました。


09BF761B-4FA4-455C-BFBA-ED6B46C4090E.jpeg


これは1個しか入っていませんでした…。残念。
ギターを売る時に付けたまま渡したりしていたので、全然ありませんでした。
とりあえず1セットはあったので、ストラトに取り付け。


8594E5E2-9DBE-4F90-A8D4-26A5BC297A2E.jpeg

取り付けをどうしようか?と思っていた理由として、ストラップの穴を拡張しなければいけないというのがありまして。
PRSにお試しで取り付けたところ、特に拡張しなくても取り付けが出来ました。
それなら、という事で今回他のストラップやギターに取り付けるために新たに導入することに。


なんとモデルチェンジしておりました。




335B0DCC-B5D7-4B09-9BE2-26DE9440D0C7.jpeg

すごい立派なパッケージ。こんな大層な物にしなくても…。



CCB9DDFE-50BA-40FA-B0E0-F2BD95C958A1.jpeg


壊れ物を入れる様な感じで入ってます。いや精密機械じゃあるまいし笑
もうちょっと簡素化して価格を下げて欲しいかなぁ。



一つ前の物と比較すると部品点数が減っていますね。
それとかなりゴツくなった印象です。ストラップ側の方が大型化しているのでちょっと目立ってしまいますかね。


E9652636-70D2-4764-8EA4-2E80FFAA7A6F.jpeg


74AF2283-1E31-4EFE-8F87-94FC4B1C5C90.jpeg


この様にして、ストラップを挟み込む構造です。
以前は薄いワッシャーと六角ナットでしたが、現行品はそれが一体化して大きくなっています。
それに伴って軸もかなり長くなっています。


D8569CE6-76E6-464E-BEF4-74B0B5295DB7.jpeg


ブサっと刺しまして、


36192830-731E-4C9D-B535-995A574D41BB.jpeg


先程のデッカい輪っかを嵌めます。
しっかりと掴めますので工具を使わなくても締め込めます。
以前のは六角なうえに締めしろが短かったので外れてしまうという事もありました。
仮に緩んだとしても余裕があるので簡単には外れないと思います。


61915BC6-2925-407F-B0A4-093191B452B3.jpeg

横に貫通している穴がありますが、これは細いレンチを入れて更に締め込むための穴です。
指だけでもギュッと出来ますが、その後にレンチで回したら結構回りました。なので最後はレンチなどでちゃんと締めましょう。



6E2E62AC-F6E3-491F-8C00-A4AD2722D624.jpeg

締め込みが終わったら、これまた横にあるネジで緩み防止をします。
かなり小さいので精密ドライバーが必要です。

と、案外取り付けに工具が必要なので事前に用意しておきましょう。
工具は何も付属してこないので、ここは注意点ですかね。
しかしギターを持っているなら何かとこういう工具は必要なので、持っていた方がいいかなと。
百均とかのでも普通に使えるので、とりあえず持っておきましょう。


85301445-562F-4295-9903-1308CBFD04DF.jpeg


6D272458-BF35-4D6D-94F0-E1781B7A9AED.jpeg


新旧比較です。画像だとあまり変わりない感じですが、実際に見比べると新型の方が大きいなと感じます。
それと若干ですが重量も増してます。まぁでっかくなってますからね。


C4A6DBBC-BB5B-4378-8D73-E29555FF89CC.jpeg


ロック部分にも変更が加えられていました。
旧型はこんな風に全部出っ張ってます。


94FA25B5-1C45-45B5-95A4-50A223D82000.jpeg


新型はピン側が斜めになっていて、取り付けの時にスライドするだけでカチャッと嵌ります。
旧型は引っ張らないと取り付けが出来ません。


それとレビューでもいくつかありましたが、新型の方が遊びが少なくなっています。
旧型の時はカチャカチャうるさかったのですが、新型の方はかなり改善されています。
全く音がしないわけではありませんが、個人的にはかなり静かになったなと思います。
使っていくと摩耗して音がうるさくなってくるかなぁと思いますが、まぁその時は新しくすればいいかなと。所詮は消耗品です。



F7E4591D-2D7C-43D1-BE07-75EBC056DD7F.jpeg


全体的に使いやすく配慮されていると思う新型ですが、これはどうなんだろか?というものがありました。
ボディ側に取り付けるピンですね。なんとピンとネジが一体成形になっています。
ついでにネジの径も太くなっています。

F9608F7D-2678-4E18-A93D-CFF6EE86D72B.jpeg


これはPRSのネジとの比較です。長さも太さも違いがあります。


これの何が困るのかと言うと、大体のギターに付いているピンのネジがこれより細い物が多い。
FGNのストラト、シェクター、PRSもこれよりネジが細いです。
旧型はピンとネジが別部品だったので、ピンだけシャーラー 、ネジはそのまま流用という使い方が出来ました。


ん〜、ここの変更は正直微妙ですね。ギブソンのサイズに合わせたのかな?
ボディエンド側のネジがギブソンは確か太いんですよね。てかこういう部分はもう全部のメーカーで統一して欲しい。
取り付けは一応は出来ました。わたしのギターの場合は。
取り付け中に「あ、これはやばそう」と感じたらすぐに作業はやめてください。最悪木部が割れます。

対策品として、シャーラーからサイズ別でピンのみ販売しています。
付属してくるネジはMサイズなので、Sサイズを選べば問題無いと思います。商品展開はS、M、XLとありました。…たぶん笑
これがまぁ、割と高い。交換した場合、初めから付いてくるピンが完全に無駄な部品になります。
シャーラーあほじゃねぇの?って正直思います。金儲けに走ってんなぁ…。
ネジは3mmの六角レンチで回します。レンチ好きですね、シャーラー。

ピンとネジを一体成形にしなければこんなめんどくさい事しなくて済むのに。


後は旧型と新型を混ぜて使うのはどうなのか?という部分です。
メーカー側は互換性があるので問題無いと言っているようですが、これ嘘ですので。


EC0B575B-EBDF-4DA2-AA3B-134B806A3BED.jpeg


他のブログでも軽く触れている方がいましたが、ご覧の様にピンが完全に嵌まりません。
これはピンが新型、ストラップ側が旧型で組み合わせています。
初めはちょっと浮いているだけかな?と思っていましたが、引っ張ったら簡単にロックが外れました。
えぇ、全然ロック出来ていません。逆の場合は外れませんでしたが、やたらとガタガタするので個人的にはやめた方がいいかと思います。
勿体ない気もしますが、使用する場合はピンとロック側も揃えた方がいいです。


あい。まさかモデルチェンジしているとは思わなかったシャーラーのロックピン。
進化している部分もありましたが、これはどうなん?というところもあったので、わたし的にはドローって感じです。
ストラップを挟む部分は手でかなり締められるので良いなと思いましたが、あんなに分厚くする必要があったのか?と。
ピンも購入時にSかMかの選択が出来れば良いかなと思います。そもそも一体成形にしなければそんな事も必要が無くなるわけで…。

あとは完全に見た目ですが、自己主張が凄い。ロックピンの宣伝も兼ねて大型化して目立つ様にしている部分もあると思いますが、こんなパーツはなるべく目立たない方がいいです。みんながみんな、イングヴェイみたいにギターを回す訳ではありませんし笑

アーニーボールみたいに取り付け部が薄いストラップなら旧型でも充分締め込めると思うので、見た目や重さが気になる方は旧型を買った方が良いと思います。価格は新型よりも高いですが、ここの見た目って結構重要かと思います。弾いていても何気に視界に入ってくるので。
ただ新型も良いところは確かにありますので、悩ましいところかなと。旧型で言われていたカチャカチャうるさいのがかなり改善されていますので。
座って弾いている時とかうるさかったんですよね。もう少し精度はなんとかならなかったのかな?と。


自分の使う用途でメーカー選びをすると良いかと思われます。



それではまた〜。





ポチッとして頂けると更新の励みになります(・8・)
にほんブログ村

posted by う〜さん at 01:09| Comment(2) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする